小池百合子の残る一手

尖閣諸島を東京都に買い上げると言った14億円が塩漬けにされている。

そもそも日本が国有化しようとしたのはくだらない野田政権の時のことで、あそこから中国の侵出が始まったのであって、野田は中国の利益に叶った行動に走った可能性が高いわけ。それに岡田とか細野とか前原が絡んでた。

だから東京都知事になった小池のもとに民進のネズミたちが集まって来るというところにまっすぐに目を向ければ、そんな仕組みは簡単にわかる話であって、蓮舫のバックにいた野田は何と言ったか。「女系宮家」がどうのこうのと言っていた。まさに中国の利益を代弁していた訳であって、尖閣の国有化もそこから来ていたこと。

つまり小池百合子に残されたファイナル・チャンスは、14億円を使って尖閣を東京都に取り戻すしかないんじゃね? どじょうから。
そうすりゃ拍手喝さいが戻って来らぁ。

細野がどうするの、前原がこうするの、原口はどこへ行くのって話は全部、野田の意向を見てればわかるじゃん。岡田イオンは朝鮮の利益になるように動いてるわけだし。

だんだんバレて行くのよねー、こーやって。でもあのおばさん、たぶん気付かないだろうね。高等外交なんだもん。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR