総選挙

安倍総理が会見を開いて衆院の解散総選挙が決定した。

コレに慌てたのは野党だけじゃない。秋の新番組の改編ですったもんだやってた放送業界が上を下への大騒ぎ。

選挙特番と言えば池上彰だがアレはテレ東系列。フジテレビなんて宮根とか安藤使って大コケした過去がある。選挙特番なんだから政局報道の最たるもの。各局の報道局のデスククラスが顔を出すべきところ。それをフジでは「坂上忍でどーだろー」とか言ってるらしい。ア・ホ・か。

ネットでは「(フジは)常に誤った判断をするんだな」といった声も上がっている。だからと言って池上なら良いという話でもない。勝敗を分けた党代表や候補者に辛辣なインタビューをするのが爽快だとする意見もあるが、本来の報道のあるべき姿とは「淡々と事実を報じる」だけで良い。主体者はあくまでも有権者なのだから。

今からすでに予測はできる。勝っても負けてもカメラは小池と若狭に集中するだろう。おもしろおかしくするのが使命だと勘違いしているのが今の放送業界だから。主権者たる国民の意思を示す場が、放送局からすればまたとないイベントのように映るのだろう。そして「我こそが民意を誘導する」というのぼせ上がったマスコミは好き勝手な番組にしようとするだろう。

投開票は日曜日だが、翌朝の虎ノ門ニュースは青山参議の出番になっている。どういうことになるだろう。

新聞テレビの悪意がバレてから、たぶん最初の選挙になると思う。モリ・カケであれだけ無意味な騒動を続けた野党とメディア。そしてソレを利用してちゃっかり漁夫の利を得た小池ファースト。「豊洲はどーなったんだー豊洲は!」

小池百合子が何をしたいのか知らないが、あいつは都知事であってその務めを果たした上でなければ何の資格もない。何故ならば自分から名乗りを挙げた知事だからである。都政を放り出して新党がどうだこうだと言うのは滑稽以外の何者でもない。

ましてや若狭とかいうむさくるしい無精ひげがいるが、アレは検察庁で実績を積んだ男だが政治家としてはほとんど白紙状態だ。海の者とも山の者ともわからない方向性のわからない男が小池百合子の勢いに乗った。その「醤油」だか「ソース」だかわからない男に沈没船から逃げ出したネズミたちが群がった。ほとんどカオスの世界でどこに価値があるのか見いだせない。

青山議員が説明していたが、与野党の戦いではなくて政権与党と財務省の戦いでしかない。それを必死になって隠しているのがマスコミだ。

会見で安倍総理は消費税の増税を決定事項であるかのように発言したが、私はまだわからないと思っている。5から8にした時にどれだけ苦しんだか身に染みているはずだからだ。今日の会見は財務省に対するフェイントだろう。よもや財務省も本気で受け止めているはずがない。これを持って民進党が「消費増税は間違いだ」などと言った場合、増税を決めた野田政権を否定するのかということになってしまう。前原には進む道も退く道も残されてはいない。

そして実力がどれだけあるのかもわからない民主党に政権を預けた日本国民は3年間の悪夢を見せられた。この恐怖体験は貴重なこととして小池百合子を見なければならない。何ができるのか、何を目指しているのか、誰も知らないのである。

TBSやフジテレビや朝日放送が何と言おうとも無視していれば良い選挙だ。

朝日新聞さん、大義はありますよ。国民の命と将来です。これほど重要なものはないではないですか。あなた方反日新聞は虚偽の報道で日本人の将来を汚そうとしたではありませんか。TBSさん、お宅はどうですか?



はっきり言っておきたい。安倍自民党が(議席を減らしたとしても結果的に)勝利した場合は、消費増税は「あり得ない」。でなければ、次期総裁が政権を失うからである。

自民党が敗れれば、横須賀からロナルド・レーガンが出て行き、そして中国公船が尖閣列島に上陸して来る。その時になって「しまった!」は間に合わない。自民党東京都連の代表があまりにも無責任すぎたからではあるが。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR