魔性の女たち

TBSの「ひるおび」は天気予報の解説がわかり易いのでたまに観ている。しかし室井なにがしの声が聞こえたら即座に電源を切る。別の局に替えるのではなくスイッチを切ってしまう。昼間からぶっちょう面で口とがらせて社会批判をやるのだから「てめぇの意見なんか何の足しにもならんわ」ということ。あれではスポンサーの立つ瀬がなかろう。広告宣伝費が無駄になってしまう。

小賢しい漫才士が「嫌なら観るな」とアドバイスしてくれたから、嫌だから観ない。

民進党をバラバラに分解したのは蓮舫と山尾だった。どうしてあの二人が当選できたのかいまだにわからない。アクセサリーなら黙ってりゃ良いものを。

敵がいてはじめて光るのが小池百合子。圧勝しちゃったら相手が消えた。誰と戦えば良いのかわからない。都議会は子飼いになってしまった。「過ぎたるは及ばざるがごとし」

東京新聞の販売部数を一人で下げているのが望月イソ子。彼女が菅いじめを繰り返せば繰り返すほど、解約申し込みが増えている。産経新聞は笑いが止まらない。

そして魔物と化した松居一代。



女性の質が落ちた、日本死ね。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR