ステージ4の面々

解散をほのめかした政府与党に対し、いまだに野党は「モリ・カケへの説明責任から逃げている」と大声を出している。

「モリトモってとっくの昔に終わってる話じゃん」「説明すべきなのは辻元とキンタマの方だろう」「カケのことはカトちゃんが説明したじゃねぇか、てめぇらが黙殺しただけのことじゃねぇか」という声が圧倒的に多い。

「だったら何で辞めんのさ」ってのは山尾に向けられた言葉であるとともに、京都産業大学にも向けられていて、「ソレ国会の閉会中審査で説明しろよ」って話になっている。京産大が「本当のことを申し上げます」と国会でやれば、もうモリ・カケのカラ騒ぎは霞ケが着火して民進党が躍っただけだということがバレバレになっちまう。国税庁という警察権力を持つ財務省がどうあっても増税に舵を切りたいのだし、人事権と天下りの蜜の味が忘れられない文科省と防衛省の制服組と背広組の隠れた闘争。そうした霞ケ関のゴタゴタが「倒閣」に向かったバイアスを掛けているだけだし、あれだけ新聞テレビが安倍政権への批判に偏るのも、財務省からの働きかけがあるだろうことは簡単に予想がつく話。「発行済み国債は国民の借金だ」といまだに信じている国民がいるのも、いろんな新聞が社説で書き、落語家までがお笑いのネタにしているから。「あれは国民ではなく政府の借金。そして政府は借金しながら資産も持っている。差額はほんの少し。そしてその差額はどんどん縮っている」という真実は新聞テレビは報じないでしょう? やつらの後ろに財務官僚がいるからさ。

だからサンモニなんかがウソ八百並べても番組がなくならないの。総務省の野田聖子が放送法を持ち出せばどうなるかはわからないけど、力量的には総務省より財務省が上。かつての大蔵省だかんね、組織力が比較にならない。それにしっかり重しフタをしてるのが麻生さん。

獣医学部の新設であれだけ文科省が抵抗したのだから、きっと医学界への影響力を厚労省は抱えているはずだし、経産省は新エネルギー開発を奨励したり邪魔したり。農林省を敵に回した小泉家の小せがれは、しっかり財務省から操られてる。「こども保険」とか得意分野になかった事を言い出して。分かり易いっちゃぁ分かり易い人なんだけど。

韓国のムンが北に援助しようと言い出したり、いやミサイルの発射訓練をやるぞと言い出したり、フラフラしてて山を登るのか下るのかはっきりしない。だから日韓議員連盟のオジサンたちも動きがとれない。

外国籍職員がいくら居るのか公表しないのがNHKで、だからどんな特集を組まれても「眉唾」で観なければならない。「眉唾」なのは霞ケ関も同様で、出会い系バーに通ってるんじゃねぇか?って話。「前川流遊び方」ってのが蔓延してそう。

ほら、第二次安倍政権になってから、あちこちの「化けの皮」が剥がれてる。与えられていた情報が次々と変化してるのだから、主張が変わっても仕方のないこと。逆に適応できない人は遅れを取ってしまう。例えば原発反対だった人が意見を変えたり、核廃絶だった人が核シェアに耳を貸したり。主張を変えることは卑怯なことではない。成長しているということ。頑固が許されるものと許されないものとがあるということ。盲目的に新聞テレビを信じる時代は終わっている。

二階自民党幹事長が早期解散を明言し、前原民進党代表はやっぱりモリ・カケの疑惑隠しだとわめいている。でっち上げなのだから疑惑もなければ問題もない。モリは近畿財務局、カケは文科省、ともに霞ケ関のでっち上げじゃねぇか。言えば言うほど世間の矛先はそっちに向くぞ。モリの方では籠池の詐欺容疑は1億7700万円に上っている。100万円を持って秋葉原に来ている場合じゃない。特捜部はこれで補助金に関する捜査を終結。今後は国有地を学園に不当に安く払い下げ、国に損害を与えたとする背任容疑で国側の刑事責任を問えるかどうかが最大の焦点になる。「国側の責任」って、具体的に言うと財務省ですよ。だから霞ケ関は安倍夫婦に疑惑をかけ続ける必要があって、だからいまだに前原が「説明責任」とやっている。仕掛けはとっくにバレてるのに。

「北朝鮮のミサイルが打ち上げられているのに政治空白を作って良いのか」とするコメンテーターがいるが、「もし」に対応して政治スケジュールは組めない。逆に決定事項がある。トランプの訪日とか中国共産党大会だとか皇室行事だとか。来るか来ないか定かではない事よりも、決まっている事を優先するのはあったり前田のクラッカー。そんなに選挙期間中に北朝鮮のミサイルが欲しけりゃ、正恩に注文電話を入れれば良いじゃねーか。居るんだろう? ガールフレンドが、前原の。

そうこうしている内に韓国と中国の間で結ばれていた「中韓通貨スワップ協定」の期限が来るんだよね、10月10日に。たぶん中国は延長しない。THAAD問題があるから。かつて日本大使館にペンキを投げた中国民衆は、今ではすっかり韓国嫌いになってヒュンダイ自動車が路上で破壊されている。中韓スワップを絶てばキンペー株は少しは上がるだろう。

韓国のムンは日本へ向き直って「徴用工の未払い賃金」を持ち出すしか道は残っていない。しかし日本の経団連が応じるはずがない。「最終的かつ不可逆的に」が利いている。

あっちにもこっちにも、切羽詰まった立場の者が少なくない。安倍自民党は仏心を出せば勝負に失敗する。鹿児島と新潟の知事も、TBSも東京新聞も何もかも同様だ。



「ちがうだろー、このハゲー!!」と怒鳴って、殴ってやりたい相手が多すぎる。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR