テレビタレントのメッキが剥げる時

ようやくあちこちのテレビが電磁波攻撃(EMP)のことを取り上げ始めた。高高度の上空で核爆発をやると電磁波が地上の送電網を破壊するという科学的原理が理解できないので、ワイドショーとかに出て来るポンコツ芸能人はキツネにつままれたような顔をしている。

天気予報見たさにつけた「ひるおび」でも恵のバカチンが口をとがらせていた。船が急旋回したらどっちに傾くかも分からない男なのだから、EMPの原理がわかろうはずもないのだが、アメリカがシミュレーションしたCGで大停電を再現した画像で自動車のライトまで消えていた。それを見た魔王閣下までが「クルマのライトも消える?」と首をかしげていた。はい、クルマにはヒューズというものがありますから、コレ中学生でも知ってます。はいおしまい。

電磁波攻撃を受ければ石器時代に戻ると発言した愚か者もいたが、いえいえいえ、せいぜいが江戸時代でしょ。火打石で行燈に火をつければ良いのだから。現代ならマッチもライターもある。キャンプが趣味の人は結構生き残ると思うよ。カセット・コンロくらいは持っておこう。プロパンも都市ガスもダメ。最近はコンピュータ制御になっていて元栓が閉まるから。

それとね、先日も指摘したように原発や飛行機は危ない。

それと医療施設ね。人工透析とか生命維持だとか。持病がある人は薬を飲んでるだろうけど、製薬工場がストップするのだから時間の問題だ。工場に在庫があったとしても物流が止まる。調剤薬局が注文しようにも電話が通じない。病院のカルテも電子データ化されてるから外来のシャッターが下ろされる。怪我をしても救急車はやって来ない。各家庭の救急箱は補充しておくべきだろう。

そして水ね。ポンプが止まれば高層マンションなんかは屋上の貯水槽がカラになり水道が出なくなる。エレベーターも止まるから給水車が外に来ても階段で取りに行くしかない。これ、坂の上に建つ家でも同じことが言える。ポンプが止まれば水圧は出ませんよ。

かつて福島第一原発が吹き飛んだ時に計画停電ってのがあったけど、あれ大規模病院がある地区は除外されたんだよね。間接的に死者が出るから。ところがEMPはそんな配慮はしてくれない。

灯りを取るために火を使うケースが増えることから、火災の発生が比例して増える。しかし消火の手段も通報の手段もない。まぁ、早い話が絶望的状況になるということですよ、はい。

ただ、この攻撃は北朝鮮には通じない。あの国は牛に荷車を引っ張らせている国だからカエルの面に○○なのよ。停電なんてしょっちゅうだしさ。

私はここで社会不安をただ煽っているわけではありません。予測される危険性を事前に考えておきましょうと言っている。

そして、ガソリン女を採用するだのしないだのと言っている政党が、いまだに加計学園を引きずろうとしている。あの政党、本当にダメだぜ。あの女の名前を出した時点で「日本死ね」ではなく「日本死ぬ」になっちまう。世界を見ようぜ世界を。
前原があえて北朝鮮を話題に乗せなければ、自動的に民進党の正体がわかって来てしまうことになる。こんな簡単な仕掛けもない。
国会で日本の核武装を論議しようとする動きがあったとき、激しく論議に反対するのはおそらく民進党だろうと思う。親北思想だという点ではムンと何も違わない。

さて来年の冬季オリンピックはどうなるんでしょうかねー。だーれもそれには触れようとしない。それで受信料取るとか、図々しすぎるのじゃないですかー?

さしずめ東京都知事はいろんな対策を講じてらっしゃるんでしょーなー。経験豊富な都議会議員を斬り捨てて、素人集団に入れ替えたのだから大した自信だ。(でも最近の動向が聞こえて来ないぞ。湯河原へ逃げていたりして・・・)





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR