飼育される国民

やや遅きに失した感がある話題なのですが、一応掲載しておこうと決めました。
いったいどの件についてなのかと言うと、イオンが週刊文春を売り場から撤去した上で、雑誌の販売中止と回収ならびに謝罪を要求したという騒動があったことです。
国産米と偽って中国産の米が混入していた弁当などの加工食品をイオンが販売していたというもので、その出版物を売り場から撤去するという対抗策に出たことが、前代未聞だということで騒ぎになったものでした。
報道の自由だとか表現の自由だとか言う前に、小売業が自己に不都合な表現をした出版物を販売拒否する行為が果たして許される行為なのかといったきわめて一般的な疑問が世間を駆け回ったのでした。
純粋な「疑問」ですからね、訴訟でどっちが勝ったかというものではないんです。
高校野球で松井がフォアボールで歩かされたことが、適切だったのかそうではなかったのかというルール以前の問題として多くの人々が首をかしげた、というもの。
一本勝ちしたはずだった日本の柔道選手が、審判の勉強不足で負けとされた試合に、審判のジャッジを優先するとかといった問題の前に、多くの人が首をかしげたというもの。
それと同じだったのです、イオンの騒動は。

これと似たことが、今度は朝日新聞で起きましたね。
朝日批判をする週刊誌の広告を拒否しちゃって、「言論の府の自殺行為だ」と言われちゃった。
この論理を借りるならば、さしずめイオンは「小売店の自殺行為だ」という話になるのではないでしょうか。

ただ、渦中の池上氏は「罪を犯したことがない者から、この女に石を投げよ」という聖書の一節を引用して、出版各社の行き過ぎた朝日批判をいましめているようです。
自社を批判する記事を掲載した週刊誌などの広告を拒否した前科は複数の新聞社が持っているのであって、鬼の首でも取ったかのような朝日批判はいかがなものかと言っているわけです。
私は、池上氏とは少し違う角度からNHKも含めた報道各社を見ているのですが、即座に浮かぶのは「松本サリン事件」での、第一通報者家族に疑いの目が向けられた事案です。
この根本的な間違いは、警察発表がそのまま記事になる仕組みが出来上がっていて、ろくな裏取りもおこなわれていなかった点がこのような重大間違いを犯してしまった原因になっていたわけです。
つまりこの国の報道とは、必ずしも裏取りの必要があるわけではない、といった風潮が出来上がっていたことになるのであって、私はこの「松本サリン事件」の頃からマスコミ発表を疑わしい目で見ていました。
それはある理由からであって、死刑判決を受けて収監され無実を訴え続けて再審請求を続けたある死刑囚がいたのです。
これは殺人事件の捜査上に浮かんだ容疑者だったのですが、当然ながらこの容疑者が逮捕されるにあたっては報道各社がこぞって「犯人逮捕!」の大見出しを出したわけです。
ところが再審請求が受け入れられて審理のやり直しがおこなわれると、捜査機関の失態が徐々に解明されて自白の強要だとか暴行だとかが明るみに出て、結果的には逆転無罪が言い渡されたわけでした。
そうするとNHKを始めとする報道機関のすべてが手のひらを返したかのように「お帰りなさい」の大合唱。まるで「無罪だと信じていましたよ」とでも言いたげな報じ方。
このことに私は一人うんざりとしていたのです。
そこへ降って湧いたのが「松本サリン事件」。全国津々浦々の居酒屋で「犯人に決まっている。死刑にしろ」と酔っ払いがわめいていたのでしたが、私はそうは思っていませんでした。
警察発表だけで記事にする無能な記者がごろごろしているこの国の報道なんて当てにできるか、といった白けた思いが私にはあったのです。

それは沖縄返還の際に政府が米国との間に密約を結んでいたことを暴露した毎日新聞記者が、その取材方法として外務省の関係者をハニートラップにかけていた件。
さらに沖縄のサンゴにKYというイニシャルの落書きをしていたとして、自作自演のスクープを打った朝日新聞カメラマンの件。
あまりにも短絡的すぎると言うか、正義感の欠落と言うか、とても世論の道しるべにはなり得ない有様だったわけです。
こうしたうしろ姿を見せられ続けてごらんなさい、とてもじゃないが無条件で信用することは不可能になって来る。
もちろんジャーナリストの中には立派な取材をしている人もいることは間違いありません。
しかしそれが組織的なものであるといった会社は悲しいかな見当たらないようです。

豊田商事の社長が刺殺された。オウム真理教の幹部も刺殺された。民主党議員も刺殺された。国松長官は狙撃された。しかしどのメディアも掘り下げようとはしません。
こんな国の報道各社が朝日新聞批判を展開して、池上さんから「目くそ鼻くそじゃないか」とお叱りを頂戴している。何と間抜けな話じゃありませんか。

ただね、これだけで終わるのであれば単なる笑い話ですよ。
でもちょっと注意深く見ておかなければならないのは、神奈川新聞のような「火事場泥棒」がうろちょろし始めていることです。
朝日新聞が記事の訂正を加えたのはあくまでも強制性の部分であって、ことの本質である人権問題は依然として残っている、などといった問題のすり替えを試みているのです。
慰安婦問題を長引かせたいわけですね。
「早期決着などさせてたまるか」という魂胆がにじみ出ているんです。
自分から正体を暴露しているようなもので、こういった魑魅魍魎が報道関係にはぞろぞろいるんです。ゴキブリのようなのが。

コメの産地偽装をしたのはイオンの取り引き業者だったのでしたが、イオン自身が産地表示に否定的な態度を示していたことから週刊文春が咬み付いただけのこと。
イオンが清廉潔白だったということではありません。
つまりは、一社だけの主張に耳を傾けるのではなく、可能な限りあちこちにアンテナを張って様々な角度からの情報を取り入れることでしか我々は身を守る方法がないんだということを自覚しなければならないようです。

私は子供の頃、学級担任の教師が「北朝鮮はこの世の天国だ」と言っていたことをまともに信じていました。
しかしそれが真っ赤なウソだとわかるまでに時間は必要ではありませんでした。
アンテナが増えたからです。

日本の報道は都合の良いものだけを選択して流す傾向が極端に強く、韓国関連の不都合な情報などはほとんど流れません。(たとえばインドネシアのクラカタウ製鉄所の爆発事故はどうですか?)
テレビや新聞のそうした偏った報道だけで生活して行けるとしたら、それは牧場で飼育されている羊の群れのようなもの。右にも左にも自由自在に誘導されてしまうのです。
さしずめ右が産経で左が朝日でしょうか。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR