話の根っこがつながった

あーいろいろつながって来ちゃった。丸ごと種明かしが始まっている。

どこから話そうか。戦後日本の主権から始まっている。

この北方領土だとか竹島とかの主権を主張しようとしたのが教育基本法の改正だったのであって、GHQがメチャクチャにして行った日本の教育を正しく修正しようじゃないかという動きがあったわけ。

ところがコレに激しく抵抗した文教族があって、今風に言えばパヨク。コレが文部省内で「ゆとり教育」を推進した一派だったわけ。「休日は増やせ」「詰め込み教育はやめろ」「運動会の一等賞は禁止しろ」、つまりスマップが歌った「ナンバーワンにならなくても良い、元々特別なオンリーワン」というヤツだ。「ジャパン・アズ・ナンバーワンをやめよう」という歌だった。

その結果がスマップの将来を暗示していた。「元々特別なオンリーワン」なのだから一人ひとりがそれぞれ生きて行くだろうけど、ナンバーワンを目指している野球やサッカーの選手たちには通らない歌だった。

その「ゆとり教育」というバカげた時代を作ったのが前川たち文科省の歴代事務次官だったというわけ。日本の国家主権を生徒に教えてはならないと説いた人物だ。どんな思想なのかはここではっきりする。

そして、このことは文科省だけに限らず農水省だったり国交省だったり外務省だったりその他の省庁だったりして、これらはGHQが巧みに仕掛けて行った「日本の右傾化を防止するための仕掛け爆弾」だったということが徐々に明らかになって来ている。

日本が再び右傾化すればまたアメリカに歯向かって来ると恐れたマッカーサーは、いろいろな仕掛けを残して行った。そのことを日本人より先に気が付いたのが中国だったというわけ。日本の国家主権を封じるために。「平和憲法を護れ」というキャッチフレーズで日本の手足を縛り続けようとした。その延長線上に福島がいたり辻本がいたり前川がいたりしたわけ。

子供の教育というのは、その国家が強くなるか弱くなるかのリモコンの役目をするので、前川たちの役目は重要だったわけ。そこで生み出されたのが「ゆとり教育」だった。アレを受けた子供たちは二度とカミカゼにはならないだろう。愛国心を否定するのだから。元々特別なオンリーワンだからである。




そして、狂牛病だの鳥インフルだのとウイルス事故が連続していた頃に愛媛県が獣医の充実を求めたが、地方創生担当大臣だった石破が獣医師会に絡め取られた。獣医師会は増員されては食い扶持が減るので大学の新設には絶対に反対だった。そこで「石破4条件」を出させた。

「日本獣医師政治連盟」というのは政治団体であって委員長は北村直人(小泉内閣当時に農林水産副大臣を務めた獣医師資格を持つ北海道・釧路を地盤とする元政治家)だ。「日本獣医師会」は社団法人であって平成27年当時の会長は自民党福岡県連会長の蔵内勇夫。この二人が地方創生担当大臣だった石破を口説き落とした。「(獣医)学部の新設は誰がどのような形でも現実的には困難」と言わせたのである。この時点ですでに石破という人物の能力の高低が見て取れる。政治改革や行政改革ができる器か単なる鉄道オタクかどうかという適正審査でもあったわけ。

第二次安倍政権の目玉は「日本再興戦略」だったのであり、言葉を替えれば「マッカーサーを否定しよう」と言ってるのと同じだ。石破は総裁選に敗れた人間だ。その石破を獣医師会は篭絡した。「安倍の足を引っ張ってやれ」との意思がどちらから出たものであるかははっきりとしないが、石破が安倍政権に批判的であることは間違いがない。結果として獣医師会の希望に沿ったのだから。

その獣医師会の利権に沿うように文科省の天下り作戦が重なって来る。退職役人の再就職先に大学の教員席を準備してくれるなら、多少の手心は加えてやるよというわけだ。つまりマッカーサーが仕掛けて行った時限爆弾にまんまとはまった格好だ。日本人は骨抜きになっている。草葉の陰でマッカーサーは笑いが止まらないだろう。




まだまだある。医薬品業界ではタミフルだのサーバリックスだのと訳のわからない薬が横行して、ワクチンの不正製造をやった化血研は業務停止を受けた。厚労省の汚染は舛添大臣以前から始まっていたと考えて良い。

だから、これらの事件を個別に見て行くことも大事だが、マクロ的な視野を持って「何がおこなわれているのか」を読み解く必要が出て来ている。少なくとも新聞テレビのマスコミ報道が信用できないということは、先日の閉会中審査の青山議員の質疑で明らかになっている。翌日の報道機関は一斉に「なかったこと」にしてしまった。あれでは自分の正体をバラしたも同然なのだが。

そして前愛媛県知事の加戸氏の発言を徹底して削除したメディア各社があったということは、すでにマッカーサーではなく中国の意思が日本に浸透していることを示している。

最後は自分の頭で考えよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR