サスペンス劇場 容疑者登場

藤江陽子という人物の名前が今になって取り沙汰されている。

すこし古いニュースだが産経ニュースの2017年3月30日の記事を引用してみたい。

(引用ここから)

文部科学省の組織的天下り斡旋(あっせん)問題で30日、計35件に上る新たな違法事案が明らかになったが、注目されるのは外務省や内閣府の退職者まで文科省が斡旋対象としていたことだ。文科省はポストの取引を否定するが、霞が関での“裏の人事交流”の一端が透ける。

最終報告書などによると、大使ポストを歴任した元外交官は昨年4月、東京外国語大特任教授に就任。その採用過程で、文科省の藤江陽子人事課長(当時)=大臣官房付、停職3カ月の懲戒処分=が、業務で交流のあった外務省職員と雑談した際、元外交官が大学側の希望に沿うと考えた。外務省職員に元外交官の履歴書などの提供を依頼し、人事課の部下を通じて大学側に送付していた。

藤江氏は調査に対し、元外交官が他省職員であったことなどから、再就職規制違反との認識は薄かったと証言。

ただ、そもそもの発端は、文科省の人事課職員が大学側に人事交流名目で外務省職員の受け入れを打診したことだった。

また藤江氏は平成27年秋、人事課の部下から新潟大が大学経営に精通した理事候補探しに苦慮していることを聞き、「経済分析に優れた旧経済企画庁(現内閣府)出身の人がいい」と判断。部下が挙げてきた経企庁OBの大学教授の仕事ぶりなどを内閣府職員からヒアリングし、部下を通じて新潟大に紹介した。

省庁をまたいだ斡旋の実態が浮かんだものの、一連の調査で全容が明らかになることはなかった。

(引用ここまで)

この藤江陽子という人物は早稲田大学の政治経済学部を卒業して1988年に旧文部省に入省。男女共同参画学習課といういわば窓際族のたまり場のような課の課長を務めていた。それが2015年8月4日付けの人事異動で文科省の人事課長に抜擢されている。そして1年未満の2016年6月21日付け人事異動では文化庁の文化財部長に配属され、約半年後の同年12月6日付けの異動で文科省の審議官高大接続・初等中等教育局担当というポストに就いた。着実にしかも猛スピードでの立身出世が成されている。これらは公式な人事異動として公表されたものである。

さんまの番組のような名前の男女共同参画学習課の課長が人事課長に抜擢された際の文科省審議官が前川喜平だった。

あるNET番組で「前川は省内コンパをやりたがるクセがあって、文科省の女性職員との接触を持ちたがっていた」というコメントがあった。このコメントを口にした人物は、この藤江陽子のことをつかんでいた節がある。
よほど藤江は「貧困女子」だったのだろう。

今年2月、文科省の天下り斡旋問題が発覚して前川の審議官時代の口利きが発覚した。内閣府の再就職等監視委員会の調査を欺くために、口裏合わせや想定問答まで作成していたとしてその悪質さが糾弾されたのだったが、その中心となって動いたのが文科省の人事課だった。つまり藤江のことだ。

2017年3月30日、天下り斡旋問題の最終報告書において、関与した歴代事務次官8名を含む37人という大処分が下された。その中で藤江元人事課長は11件の違法事案に関与していたとして停職3か月の処分を受けている。
これは通常の民間会社とはちがう公務員の世界の話であって、停職3か月というのは死刑宣告に近い。

各省庁の中で文科省がいちばんボンクラなのは有名で「カスしか行かない文科省」で名を馳せていた。ところが再就職で大学教授の席に有りつけるとする他省庁が文科省の人事課を頼りにし出したカラクリが読めて来る。「背に腹は」というヤツだが「人の弱みに付け込んで」とする言い方もできることになる。
中高学校は教員免許が必要になるが、大学は文科省の好き勝手にできるわけだから。

ここで再確認をしておきたい。「再就職等監視委員会」とは内閣府、つまり官邸サイドの仕事であって、文科省に大量の処罰者を与えた。前川だけではなく事務次官OBまでが名を連ねた。前川の立場は完全に崩れ去った。この対立関係を記憶しておいてもらいたい。

前川事務次官の側近として他省庁の再就職まで斡旋していた藤江は完全にエリートコースの梯子を外された。誰に? 内閣府であり官邸に。

「安倍辞めろー」とか「安倍政治を許さない」とか騒ぐ声が聞こえて来るが実はそんなウラがある。言えば言うほど墓穴が深くなって行く。森友にせよ加計にせよ学校法人への許認可という問題では共通している話であって、民進党と言うよりもむしろ官邸対文科省という構図になっている。だとするならば、メイン・キャストは誰なのかという話にならないと前に進まない。

それにしても閉会中審査での青山繁晴議員の質問は完璧だった。文部官僚出身で前愛媛県知事の加戸守行氏の魂の答弁を引き出していたのはさすがだ。こんな1年生議員に100点満点を取られるなんて、他の議員は余程のポンコツなのだろうか。
元文部大臣を務めた中曽根家に嫁いだ喜平の妹は、どんな思いで聞いていただろう。

国家公務員専用ハローワークの藤江陽子、この名前、忘れるな。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR