身から出たサビ

小池都知事が「トミファ」の代表を辞し、野田数幹事長を後任とした。そりゃまぁそうだ、このまま「トミファ」の代表を続けるとおかしなことになる。都議会の会派のトップに知事がいる都道府県なんて聞いたことがない。

つまりこの「垂れパンダ」は何がしたかったのかと言うと、ひたすら都議会から自民党都連を排除したい、その一心だったわけ。内田を追い出し、握手を拒否した川井都議会議長を落選させたのだからほとんど完封勝利と言って良い。

それさえ成したのだから小池都政に反対する勢力は、少なくとも都議会からは払しょくされた。そのための方法が「トミファ」だったのであって、すでにあちこちで言われ始めている「都民ファーストではなく自分ファーストだろう」という批判を避けるためにもこれ以上「トミファ」の代表にいる理由がなくなっている。あとは素人集団である「トミファ」が恥をかこうが転ぼうが知ったことではないということだ。

しかし好き勝手ができると思ったら大間違い。築地の仲卸や五輪競技場建設を請け負ったゼネコン、あるいは東京周辺の自治体首長など都庁の外には敵だらけになっている。

世間的には「トミファが圧勝した」ように言っているマスゴミもいるが、自民党が勝手に自滅しただけ。そして候補者全員が当選したのは公明党だった。あそこ確か前知事の舛添を応援した党だった。何がしたいのかさっぱりわからない政党だ。いや政党ではないのかも知れない。朴槿恵を選んだのも引きずり降ろしたのも韓国国民だったようなもの。

「トミファ」から立った候補者たちは「豊洲のことは知事に従う」と言って政見を示していない。つまり政治をおこなう意思がないことになる。「県知事の意思に従う」と言って当選する県議会議員なんて聞いたことがない。だから今後の「トミファ」には何も期待してはいけない。都民のための仕事をする気など持ち合わせていないからだ。

もっともこれまでの自民党東京都連が都民のための仕事をしていたかと言えば決してそうではなかったのだから、犬のウンコが猫のウンコに代わっただけだ。内田という名のドンが小池という名のドンに代わった。

ただ気になることがある。秋葉原で演説に立った安倍首相に「帰れ」だの「辞めろ」だのとヤジが飛んだことと、公明党が勝ち共産党が1議席増やしたこと。つまり左翼化傾向が出て来ていることを意味していて、その背景には衆参で通った「テロ準」の問題が絡んで来ている。

「テロ準」に反対するということは「テロ」を計画しているということになる。具体的に言えば、北朝鮮と米国が戦闘状態に入った場合、日本国内に潜伏している北の工作員たちが一斉に命令通りに動き出すことを示している。東京・大阪・福岡・沖縄などで。それへのハードルになるのが「テロ準」なのであって、素人手品のネタはバレてしまっている。

沖縄の妨害工作で活動している男と笑顔で写真に写っている政治家は誰だろう。その配下の議員が離党届けを出して「トミファ」に参加したが、彼らは本当に離党したのかだ。

ひょっとして都議会にたくさんの工作員が入り込んでしまったのではないかという気がする。いわゆる「都民の利益」ではなく「都民の不利益」になって行く。手始めが豊洲だね、いよいよ混迷の度を増して行くだろう。

豊洲なんてどうでも良いと思ってないだろうか。思ってるからこそ「トミファ」を笑わせた。しかし豊洲問題が進まないということは道路建設がどんどん遅れることになるわけで、道路渋滞が悪化する。そこへ五輪がやって来る。皇室も入れ替わりを控えているので、道路封鎖してパレードもあるだろう。全部都民に跳ね返って来るんだよね。そこまで読まなきゃ。

握手を拒否した都議会議長もバカだが、まんまとそれを利用されちゃった。悪役垂れパンダの一本勝ち。負けたのは? もちろん東京都民ですハイ。



あ、白紙に戻っていた朝鮮学校の計画が復活するかもね。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR