軽い神輿

「神輿(みこし)は軽くてパーが良い」との迷言を残したのは森元総理だったが、民進党が担ぎ出す神輿は確かにパーばかりだ。

籠池でしょ、前川でしょ、そしてなんとか詩織。ロクなの出て来ない。籠池は公的申請に用いる書類に虚偽を書いていたのだから犯罪であって一発アウト。前川の方は内閣府との文書のすり合わせができていないまま記者会見をやって「2015年の閣議決定の条件に合っているかどうかこれは国家戦略特区を担当している内閣府において責任をもって判断してもらわないと困る」と言っちゃった。しかし、国家戦略特区を認定するのは本件の場合文科省の責任なのだから、つまり内閣府ではなく自分が職務怠慢だったという話。しかも加計学園の申請を受け入れたのは民主党政権の時だった。だから文科省は天下り以外の仕事を何もして来なかったという「証言」になっている。詩織においては「捜査官から『上からの指示で逮捕を見送った』と聞いた」って、そんなこと警察が言うわけないじゃん、っていうバカバカしい話。デマを吐くならもうちょっと台本を練ってから来いよということ。

どうしてこんな未完成のポンコツばかり担ぎ出して来るのか、笑いを取りに来てるとしか思えない。

百田氏は元TBSの山口さんを「擁護できない」と語ったが、本当に詩織が言った「捜査員から聞いた話」を真に受けているのだろうか。だとすればとんだ世間知らずだ。

昭恵メールの全文で関西マナコンのことが表面化したのだが、この砂利利権は「金丸訪朝団」に始まった説明は本ブログでやったが、その金丸信の金庫番だった男が小沢一郎だったのであって、その小沢が自民党を飛び出した時にノコノコついて行ったのが二階だったり小池だったりしたわけだ。

二階も小池もちゃっかり自民党に復党しているけれど、武闘派「小沢組」の活動家だった経歴は消えない。

籠池とか前川とか詩織とか持ち出す理由はただひとつ。共産党がもっとも嫌がる法案の審議を邪魔すること。つまり今の民進党は完全に共産党の「パシリ」にさせられている証になる。

このまま東京都議選が始まれば、小池は豊洲の一件で共産党都連とタッグを組んでいるのだから、共産党の議席を増やす危険性がある。目くらましのように「舛添の朝鮮学校」を白紙化した小池だったが、あっけなく実施の方向に舵を切られることにもなり兼ねない。

都民ファーストと言っても、要は民進党という名の泥舟から逃げ出したネズミの集まりに過ぎないのだから、まともな政治ができるはずがない。

小池は議席数が欲しいだけで、「都民ファースト」ではなく「選挙ファースト」だと非難されている。百合子カラーは意外と短くして散るようだ。

舛添を担いだ公明党が小池の味方をするって、どこかおかしくないか?

アメリカの二大政党のように保革が切磋琢磨することが理想なんだけど、今の日本の革新系って共産党しかいないじゃん。あれリベラルとは言わないからね。

元総理を務めたドジョウが「女系天皇はありだ」と言っているのを聞いて、引っくり返った国民は少なくないはず。現在起きている国内の諸問題はほとんどが民主党政権の頃に種が蒔かれている。

そして「そもそも何であんなメチャクチャな政権ができたのか」と言うと、小沢が率いていた政党だったから。諸悪の根源はそこに行き着くんです。

小沢という化け物が生まれた原因は、金丸という妖怪を自民党が担いでいたから。

金丸がどのように没落して行ったかは、本ブログの『砂利利権』をお読み頂くとして、小沢一郎の方は勢いは落ちたと言ってもまだ没落までは至っていない。ただ、籠池だ前川だと苦し紛れの小手先ジャブを出しているのは見えて来ているので、意外と終わりは近いのかも知れない。次の解散総選挙で決着する可能性も否定できない。

小沢が一段落すれば戦後の日本の政治は少しは変るのかも知れない。いわゆる「旧社会党」の清算だ。「自衛隊は違憲だが違法ではない」と訳のわからないことを口走ったまゆ毛の長い痴呆老人もいた。あの頃にそのままにしておたから今日がある。いちど清算すべき時期に来ている。

自社さ政権って結局何だったのだろう。利権に群がる政治屋の集団じゃないか。イデオロギーをかなぐり捨てていた。

その頃に自民のメシを食ってたのが二階だったから、自分の息子を市長にしようと・・・そんな親バカ(バカ親?)が幹事長を務める政党ってナニ? 石川の森と同じじゃないか。小泉もいれば石原もいた。

民進党がナメるわけだよね、自民党がこんなことばかりやってたのだから。

どうする日本国民よ。うかうかしてるとミサイルが飛んで来るぞ、いや本当。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR