ぜらにゅーむ

毎年花を咲かせるローズ・ゼラニュームの花盛りが終わりつつある。

芝桜のような濃い桃色の可憐な花を咲かせていたが、そろそろ花を閉じて種作りに向かっているらしい。

去年の種はキッチン用の三角ゴミ袋に入れて陰干ししたのだが、結局は種蒔きする場所がないまま今年を迎えた。

それにしてもゼラニュームという植物は生命力が強い。

枝をどんどん伸ばしてしまうので、散髪して大幅に刈り込んでやらないといけない。

しかしあまりにも元気そうな枝がたくさん落ちるので、勢いの良さそうな枝を根元に突っ込んでやった。今年はその挿し木からまで花が咲いた。「こりゃ凄いことになりそうだ」

ゼラニュームという植物を最初から育てたいと思ったわけではない。鉢植えを枯らすのが天才的に上手な女房どのが、何を血迷ったのか生協で注文して取り寄せたのが20センチほどの苗木だった。

ホームセンターで鉢を買い、園芸用の土を買って植え替えたのは私だ。

冬の寒さに弱いとあったので、冬場は玄関の靴箱の上に入れてやったら家中が良い香りで満ちた。「ゼラニュームって匂いが良いね」ただの緑の塊にまんざらでもない顔で女房どのが喜んだ。

その翌年だから去年のことだ。ネギ坊主のようなつぼみがたくさんできたかと思ったら、一気に濃い桃色の花を咲かせた。

今年は二度目の開花だった。

さてどうしたものか、去年の種もそのままにしてるのに、今年も種が採れるのか。まぁ栽培農家じゃないのだし、そのままにしてやって良さそうな気がする。

ただし枝がどんどん伸びて、床屋に行かせてもらえない貧しい家庭の子供みたいになっている。どこかでまた散髪してやらねばなるまい。

新しい鉢でも買って来るかな。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

真面目に咲く予定なので散髪代はまけてください。 

byぜらにゅーむ

Re: こんばんは

よわったなー
散髪代は組合で決まってるんだよー

by 床屋のオヤジ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR