EMP攻撃

■電磁パルス

電磁パルス(でんじパルス、英: electromagnetic pulse)は、高高度核爆発や雷などによって発生するパルス状の電磁波のことである。EMPと略す。

光や赤外線(熱線)も電磁波の一種であるが、電磁パルスやEMPという用語は、電波に限り言うことが多い。

(概要)核爆発の場合、強烈なガンマ線が高層大気と相互作用し、広域にわたってコンプトン効果を発現させ、地磁気の影響で地球の中心に向かう電磁波の流れを発生させる。低高度の核爆発では電磁パルスの発生が限定されるが、高高度核爆発であれば広範囲に電磁パルスが発生し、その被害も広範囲に及ぶ。

電磁パルスは、ケーブル・アンテナ類に高エネルギーのサージ電流を発生させ、それらに接続された電子機器などに流れる過剰な電流によって、半導体や電子回路に損傷を与えたり、一時的な誤動作を発生させる。軍事用の電子装置には、金属箔などでケーブルをシールドする、過負荷が予想される箇所に半導体の代わりの真空管を使うなど、電磁パルスに対する防護措置がされているものもある。特に、爆撃機や核ミサイルは、自らの発射した核爆弾や、同じ目標に先行する核爆弾に破壊されないよう、防護措置がされていることが多い。

原理的には、核爆発を起こさなくとも、コンデンサなどを使い電磁パルスを発生させることが可能である。そのため、非破壊・非殺傷兵器として敵の電子装備を麻痺させるEMP爆弾などが考案されているが、21世紀初頭の技術では核爆発によるものと違って小さな規模の電磁パルスしか発生できず、有効半径はせいぜい100m程度だと言われている。なおアメリカ軍が開発を進めているといわれるが、公式には実用化はされていない。

(Wikipedia より引用)

ICやLSIなどといった小型の半導体が現在は主流なのだが、これらは電極がきわめて微細に作られていることから電磁パルスによるショートに弱い。

昔は真空管が主流だったので電極間が広くショートすることが少なかった。軍事用の電気機器も真空管が多用されていたが、その頃に開発されたのが核兵器だった。

核爆発による電磁パルスの影響があまり取り上げられなかったのは、真空管が主流だったためである。

1962年にアメリカ合衆国が行った105回にも及ぶ核実験、「ドミニク作戦」の中で行った実験の一つで、惑星の磁場の外側で核爆弾を爆発させるという恐ろしい実験。アメリカはこれをおしすすめ、高度400kmの外気圏で6つの核爆弾を爆発させた。幸いにも磁場は所定の位置におさまったものの、人工のオーロラが発生し、電磁パルスによる影響でハワイ諸島に停電を引き起こした。いわゆる「ホノルル大停電」として有名になった事件だが、このemp攻撃の原理は電磁波で半導体や通電施設を「焼き切る」というものである。

ドミニク作戦当時はまだ真空管の時代だったが、現在は半導体素子で社会インフラが制御されていて、それは給水や通電だけではなく原子力発電所の安全装置にも使われている。原発が暴走を始めればどのような危険な目に遭うかは日本人がいちばんわかっている話であって、飛行中の旅客機でさえもが制御を失うことになる。

韓国の首都ソウルで大停電が起こったのは2011年のことだったが、電磁パルスによって送電設備や変圧設備などが内部的に破壊された場合は都市機能を失う。北朝鮮の攻撃実験ではなかったかといまだにささやかれている。

これらの情報はアメリカのホワイトハウスを通してもたらされたものだったが、仮に北朝鮮がこうした電磁パルス兵器を当時から開発していたとすれば、現在はかなり完成度を高めているはずであり、在韓米軍も相応の緊張度を持っているはずだ。

5015作戦というものが一般に知られているが、これは北朝鮮の国家主席である金正恩を「排除」する行動計画であってパキスタンにおけるビン・ラディン殺害計画と良く似ている。

ただし、北朝鮮は「秒殺」しなければ核ミサイルを発射する危険性があるのでアメリカとすれば先に通信システムの破壊に向かうはずだ。要するにEMP攻撃が先行する可能性が高い。

北朝鮮が真空管を使ったモールス信号を使ったり、糸電話を使用していれば話は別だが、地下に潜んだ正恩が発射命令を出したとしても通信手段がなければ何の役にも立たない。

その場合、軍事境界線から平壌が離れていることが、逆にソウルの幸運につながる場合もある。平壌にEMP攻撃を仕掛けてもソウルにはほとんど影響がないことが考えられるからだ。在韓米軍の主力部隊はソウル近郊に基地を作っていて、自分たちに影響が及ぶような電磁パルスを使うはずがない。

しかし一極集中的に平壌だけを都市化した北朝鮮は一気に都市機能を破壊されて、北朝鮮全土は開発途上国以前の状態に戻ることになる。ポンプが止まればナマズの養殖もできなくなるだろう。

それは中国共産党にとってもロシアにとっても反対するものではなく、緩衝地帯になる原野が残ればそれで良いのだから北朝鮮が近代国家である必要はどこにもない。

アメリカはアフガニスタンで多くの兵士を失い、アメリカ国民には戦争への反感がある。つまり「兵士の血」は流したくない。であるとすれば、無人攻撃機でEMP攻撃をするしか道は残っていない。

トランプ政権の支持率は半数を割っていて、仮にトランプが4年後の再選を目指そうとするならば、朝鮮半島で地上戦に持ち込むわけには行かない。だからと言って核攻撃に走れば中国もロシアも黙っていない。

ほら、EMPしか残っていないではないか。

FA-18ホーネットが制空権を握っても、北のミグは飛び立てないことになるだろう。

ICやLSIを焼き切る、それが現代の戦争なのである。原潜ミシガンのトマホークにはどんな弾頭が付いているだろうか。



ただし、38度線以北にずらりと並んだ砲兵部隊は火を噴くはずだ。ソウルが無傷で済むはずはない。ゴールデン・ウイークはどこへ行こうかな。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR