無視される朝日と韓国

韓国の国内世論が、いつの間にか日本の経済力にすり寄ろうと傾いて来たことに対して、日本の世論では「こっち見んな!」の声が多いようです。
つまり、これまでしつこく反日を押し通して来たのだから、今後もその路線を維持して勝手に自滅してくださいというメッセージなわけ。
国家間の関係を改善して、友好を取り戻そうとするには、これまでの韓国のやり方はあまりにも独善的過ぎていた。
事ここに至っては修復は無理だという雰囲気が日本国中に漂っている。
李明博前大統領が竹島に渡り天皇陛下に謝罪を求めたあたりから日本人は覚醒したわけです。
そしてアメリカの韓国系市民が慰安婦像の設置を進めた。
日本が何かアクションを起こしたのではなく、すべて韓国から喧嘩を売られ続けたわけでした。
自分より弱い相手に喧嘩を売るのであればまだ理解もできるのですが、自分より強い相手に喧嘩を売るから後になって狼狽えてしまうことになる。
だから日本人は現在の韓国に対して、歩み寄ろうとしていない。理解や妥協をするつもりもない。

これは朝日新聞にも言えて、新聞社内で「謝罪記事を載せた方が良くはないか?」「重役連中は辞任しろ」といった声が上がり始めたようですが、はっきり言って今さら謝罪されても迷惑なだけであって、このまま何もせずに販売部数が減り続けて、やがて自然消滅してくれた方がよほど気分が良いと多くの国民は思っているのではないかと個人的に考えます。
韓国のメディアが反日サドで日本の朝日新聞が反日マゾだという論調があるようですが、この二者は完全に歩調を合わせていたのだから両者ともに日本国民から無視される運命にあるわけです。
このブログで繰り返し申し上げて来ましたが、日本人は覚醒したのであって一時期の韓流ブームが再来することは不可能だと考えます。
つまり新たな関係を構築することはあっても、過去の状態に戻すことはできないわけです。
そしてそれは韓国から一方的に売られた喧嘩が原因になっているのだから、新たな関係を構築しようと思えば韓国の方からアクションを起こす必要があって、日本が何がしかの譲歩をする必要はどこにもありません。皆無なのです。

したがって現在の日韓関係と朝日新聞の立場は微妙に似通っていて、「謝る必要はないから、黙って自滅してくれ」と言われている状況なのです。
朝日新聞が倒産しても国民は痛くも痒くもないし、韓国が北朝鮮に併合されたとしても別段日本が困ることはないわけです。
北朝鮮ごときの海軍力が対馬海峡に脅威をもたらすはずがないのであって、ミサイル攻撃の抑止力はイージスがカバーするでしょう。
むしろ北と中国は背を向け合っている状態なので、北は日本の援助を求めて来る公算が高く、そうなれば朝鮮半島はアメリカを始めとする西側諸国に参加する可能性も出て来ることになるわけです。もっともそうなった場合は金氏の世襲は終わるしかなくなるのですが。
これはロシアのプーチン大統領にとってもあながち悪い話ではなさそうで、中国の孤立化は渡りに舟だからです。
国連での拒否権を持つ常任理事国はロシアだけで十分なのであって、ウイグルなどと騒乱を招いている中国はイスラム社会を敵に回してしまいました。
イスラム圏はアメリカ・イスラエルと争っているのであって、ロシアはイスラムから距離を置きたいはず。だから中国とロシアが近づくことはあり得ない。
だから今の韓国はイスラムに対する態度をはっきりとさせておく必要があるわけですが、そうした余裕は今の朴政権には残っていないのです。
支持率が40%だと言いますが、世論調査の回答率は20%程度であって、その回答の中の40%ということは、実質的な支持率は10%を切っているんですね。崖っぷちなわけです。
なぜ回答率がそこまで低いかと言うと、軍事政権が長く続いた結果、政府に反対するような意見が国民から出て来なくなった国なんです。
それで新聞テレビが政権にもたれようとする報道ばかりするようになった。
完全に先進国ではないわけです。

朝日新聞はそのような国の太鼓持ちを続けていたのであって、今後どんなに謝罪記事を掲載しようと、社会的信用は取り戻せないだろうし謝罪を受け入れることも日本国民はできないでしょう。
なぜならば全世界が日本を「セックス・スレイブの国だ」と理解してしまったのですから、これ以上ないほどの国益を損なう結果を招いたからです。
放っておけば自滅しかない新聞社ですから無視するのがいちばんです。
それよりも河野洋平の国会招致を待ちましょう。
そして東京都知事を選び直しましょう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR