セウォル引き揚げ

2014年4月に沈没した韓国のセウォル号が引き上げられるってさ。

44メートルの海底で横倒しになっていた船体が66本のワイヤで引き揚げられて23日午前3時45分ごろ、海面上に船体の一部を現わしたとさ。実に3年ぶりのことだ。

この3年間何をやってたんだろう。引き揚げ方法を検討してたのかな。でももう朴は別の所へ行っちゃった。もともと本気を出していないおばさんだったから、どーでも良かったみたいだね。

でもさ、ちょっとマクロ的に見まわすとそれぞれ個別のことが韓国をクサリのように取り巻いているよね。

北朝鮮が移動式弾道ミサイルを発射して、ロケットエンジンの燃焼実験をやった。その後のミサイルは失敗したらしいけど、確実に前進してる。核実験があるのじゃないかとまで言われてる。

南は南で大統領府が空き家のようになっている。選挙は5月9日で支持率トップを行くのは最大野党の「共に民主党」の前代表である文在寅候補。ところがこの男、圧倒的に北寄りで『当選すればケソン工業団地と金剛山観光を再開させる』と明言してる。このことは国連による北朝鮮への制裁措置に違反するもので、年間1億ドルともいわれているこうした収入がミサイル開発に用いられたことはほぼ確実視されている。

ところが、国際銀行間通信協会という世界各国の主要銀行が参加している組織が北朝鮮のすべての銀行の決済に必要なシステムの提供を止めた。すなわち銀行を通した決済ができなくなることから、地下資源の輸出はもとより偽札や違法薬物などの売買もできなくなり、中東などへの兵器の売買をしたとしても入金手段がなくなる。

日本から送金するにしても銀行を通せなくなるので、現金や貴金属の現物をカバンに詰めて運ぶ以外に方法がない。ただし日本への再入国は無理だし、万景峰号も行き来していない。安倍政権が続く限りそれらの緩和は絶望的だろう。

文がいくらケソン工業団地を再稼働させたところで銀行決済ができなくなれば支払いは不可能になるのだから、南北統一しか道は残っていない。

また文はTHAADミサイル配備を撤回するとともに、日韓合意の破棄と再協議を主張している。韓国の近視的国民感情は目先のことしか考えない人々だから、THAADを取り止めにすることで中国人観光客が戻って来るといった単純思考があり、日韓合意を破棄することは反日感情で染めつくされた韓国社会に歓迎されるはずだ。

さあこうなると、アメリカも黙ってはいない。文が大統領になれば必ず『戦時作戦統制権』の話を持ち出すはずであって、韓国軍が北朝鮮人民軍といっしょになって銃口を国連軍に向けて来る危険性が高まるわけだ。だから日米同盟とすれば文候補は好ましからざる人物だということになるのであって、黙ってれば良いものを北の正恩までが花火遊びで喜んでいる。在韓米軍はすでに無人攻撃機を韓国に配備していて、この機体には強力な空対地ミサイルが搭載される。

つまり今月から来月にかけての朝鮮半島はこれまでなかったような緊張状態に置かれるのであり、一触即発になっている。

そこへ持って来てセウォルの引き揚げ。コレをどう読むかだ。アメリカのCIAや韓国の中央情報部(KCIA)が利用しないはずがない。

ここから先は空想科学マンガの世界なのだが、現在の韓国の民主主義を維持しようとするならば、北への反感を高める必要がある。ただでさえ韓国国民のセウォルに対する感情は大きいので、沈没の原因となった急旋回が北朝鮮によるものだったといった原因究明が出て来た場合は選挙にどう影響するだろうか。

米軍基地から攻撃機が出撃しなくても、韓国に主体思想が流れ込んで来ることを防ぐにはもってこいの素材ではないか。沈んでいた3年という年月は、長くも短くもない絶妙の長さなのだ。

「共に民主党」の予備選には在日コリアンも参加ができることになったらしく、すでに2400人以上もの在外国民が申請を済ませた。(21日で締め切り済み)

予備選挙というのは、各党内で候補者を決めるための内部選挙であって、それに参加申請するということは支持する候補がいるということを指す。在日の人々が文が大統領になると「良いなー」と考えている可能性がある。

在日コリアンの人々はたしか「平和の少女像は撤去すべきだ」と主張していた。となれば「共に民主党」の予備選への参加を希望するということは「在日韓国人」の隠れ蓑をまとった「在日朝鮮人」だということになる。でなければ説明がつかない。

だから韓国国内で起ころうとしている内戦は、韓国だけではなく日本でも起こり始めようとしているということになる。だから共謀罪に反対するわけだ。東京オリンピックを狙ったテロリストは中東から来るわけではない。総連本部からやって来ようとしている。公安はそれがわかっているから共謀罪を急いでいる。

日本の野党が安倍晋三ひとりを目の敵にしているのも、他の自民党議員は子供のようなものだが安倍だけは強敵だからだ。だから日本でテロが発生する危険性が出て来る。

さ、そこでだ。セウォルから何かが出て来れば、一気に形勢は逆転することになる。すでに沈没時に撮影された画像の中に、何かと衝突した跡が見えていた。そのまま沈んだからそれが何だったのかはわからないままになっていたが、それが北朝鮮と関わる何かだということになって来ると、300人以上の犠牲者を出した海難事故の責任が北朝鮮へ向けられることになって行く。これが作為的なものであったとしても韓国人の気質から言って冷静な反応は望めない。

こうやって「共に民主党」の勢いにブレーキをかけた上で、無人攻撃機「グレイ・イーグル(MQ1C)」が全羅北道の米空軍基地から飛び立つ。攻撃の口実はセウォルの仕返しだということにすれば韓国国民の支持は十分に取り付けることができる。

いかがだろうか、この詐欺的手法は。戦争なんていつでもそうした工作の上に成り立って来た。



ただ、忘れてはいけないのは沖縄近海や長崎県の五島列島周辺に民兵を乗せた中国漁船がうろついているということ。

朝鮮半島でゴタゴタが起こると、日本の自衛隊も海上保安庁もそっちにかかりっきりになるだろう。手持ちの船には限りがあるのだから。

太平洋への出口を欲しい中国とすれば、文字通り「渡りに舟」ということになる。

海上自衛隊の潜水艦群と対潜哨戒機が黙ってはいないだろうが。



日本の国会が森友学園問題で遊んでいる間に、風雲急を告げている。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR