兵庫のシロアリ

兵庫県芦屋市の社会福祉法人「夢工房」の元理事長らが運営費を不正流用していたとされる問題で、同法人は30日、元理事長ら親族6人を31日付で懲戒解雇すると発表した。同法人は元理事長と妻の元理事の2人を業務上横領罪などで兵庫県警に刑事告訴する方針。

(産経WEST 2017.1.31)

兵庫県姫路市は19日、同市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、定員を超える園児を自治体に隠して受け入れていたとして、認定こども園法などに基づき、県が今月中に認定を取り消す方針であることを明らかにした。

(産経WEST 2017.3.19)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

兵庫県で何が起きているんだろう。

たまたまのことのようにも見えるが、この両事件はともに補助金がからんでいる。ということは、兵庫県という地方自治体そのものが食い物にされて来たことを物語っているのであり、別の見方をすれば兵庫県の役人が適切な仕事を遂行するだけの能力を欠いていた、ということは考えられないだろうか。

両事件は金銭にからんでかなり悪質でいじましく、弱者が被害を受けている。利用者だったり職員だったり。

戦後日本が自虐史観を徹底させたことで、日本人から社会正義という概念が消え去った。教員組合が「君が代」「日の丸」を拒否したことで、こうした不正義な社会が出来上がった。この功罪は小さくない。

さらに兵庫と言えば真っ先に連想するのが暴力団であり震災だ。自衛隊の災害派遣に反対した自治体は多くの犠牲者を出してしまい、暴力団抗争を止めることができなかった。

そうした背景があるのではないだろうか、この両事件には。

「わんずまざー保育園」では、児童のおやつを「与え過ぎ」だと指摘した小幡園長の目を盗んで、保育士たちがこっそりと食べさせていたという。日本はここまで堕ちている。きっと破壊工作に励んだ者たちは拍手喝采しているだろう。

「小幡園長は産経新聞の取材に対し、家族を通じ「話すことはありません」とコメントした。」と産経新聞は報じている。

一方の「夢工房」の元理事長一族は不正流用した資金で、高級乗用車を買いアダルトDVDを買っていたという。乞食にも劣る守銭奴であり、まるでどこぞの民族の話を聞く思いだ。不正流用した金額が1.4億円だってぇからシャレにならない。

兵庫県にはシロアリが多いらしい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR