戦争は始まっている

金正男氏(と見られる人物)がマレーシアの国際空港で殺害されたのが2017年2月13日。

北朝鮮がスカッドERと見られる弾道ミサイルを発射させたのが3月6日。発射場所は西海岸にある東倉里(トンチャンリ)。

翌7日には在韓米軍がTHAADミサイルを、ソウルの南約60kmにある烏山(オサン)空軍基地に空輸した。同ミサイルは、慶尚北道にある星州(ソジュン)のゴルフ場(韓国ロッテグループの提供)に配備される予定。

ここで注目しなければならないのは、北朝鮮が東倉里から発射したということ。つまり表向きは「在日米軍基地を射程に入れている」と言いながら、実は「北京も射程に入れてるよ」とのメッセージを送っているということ。中国は金正男氏をかくまっていた国でもある。スカッドERの射程距離は約1000km、東倉里から北京までは約710kmだ。

しかし北朝鮮のミサイル発射に刺激されたアメリカ政府は、中国が頑強に抵抗していたTHAADをあっさりと空輸して来た。「何してくれんの、ジョンウンさんよ」と中国は言いたいだろうけれど、ジョンウンさんの専門は砲兵学、弾道計算に長けている人物なんだよね。あの嬉しそうな笑顔の理由は、自分の得意分野だから。

なぜそこまで北朝鮮が急ぐのかと言うと、朴槿恵大統領の弾劾訴追(3月10日判決予定)によって韓国国内が理想的な混乱状態にあって日本との関係もこれまでなかったほど冷え込んでいる。外貨準備高も限りなく下がっている。失業率は最悪。北の勢力にとっては「願ったり叶ったり」の状態になりつつあり、北朝鮮工作員には満点をあげても良い状態だったのだが、韓国国内の保守支持層が「慰安婦像を撤去しろ」と騒ぎ始めた。慰安婦像のモデルが米軍装甲車によって事故死した少女だったこともバレ出した。
これはシナリオにはなかったこと。予定していた次期大統領候補の左派(文在寅)に向かい風が吹き始めた。大詰めに来て北朝鮮は苦戦を強いられることになりそうな気配。そこで金正男氏を中国が担ぎ出す前に摘んでおこうとする一派が、飛び出た行動を取ったばかりに北朝鮮はどんどん泥沼にはまってしまった。
粛清をやり過ぎるとこういうことになるのであって、それは中国のキンペーも同じこと。

私はここ(ブログ)で朝鮮族が本来持っている習性について語って来たが、実は戦後民主化したあとの韓国は、基本的には欧米の自由主義に近づこうとしていた。それほど変な国ではなかったのである。
ところが近年になって韓国が日米に対して急速に変質化して来たことと北朝鮮が核兵器開発に成功したこととは無関係ではない。
近代化した韓国を変えて来たのは近年の北朝鮮だと断じて良いだろうし、それは日本社会党のマドンナ旋風の頃の影響が強いのかも知れない。
「北朝鮮による拉致事件なんてあるわけない」と言っていたのは土井たか子だった。

私は実質的な第二次朝鮮戦争はすでに始まっていると考えている。国会で「テロ特措法」に関する「共謀罪」の賛否が叫ばれているが、実質的な開戦状態にある朝鮮半島で、テロ対象に日本が入ることを意識しているからだろうと思っている。3年後に夏季オリンピック・パラリンピックを控えている日本は、攻撃目標とすれば格好の対象であり在日米軍や自衛隊などの動きにもブレーキをかけることができる。

リオ・オリンピックでは自動小銃を持った軍隊が警備していたが、日本ではセコムかアルソックだ。警棒だけでテロと戦えるはずがない。警察にしても5発入りのニューナンブしか持っていない。特殊部隊のSATが全競技会場を警備できるはずがない。

国家転覆を最終的な目標に掲げる日本共産党や民進党などが激しくこの法案に反対しているが、政府が当初犯罪対象としていた675から277事案に大幅に減らして来た。間近に迫っているテロに関する167罪を中心に絞って来たこととは、彼ら共産・民進以外に敵がいるということを示している。

本当は共産も民進もわかっているのに誰も口に出せない。在日朝鮮・韓国人が日本国内でどんなテロ計画をしているかなど、議題に挙げたくない双方だからだ。やる方もやられる方も。

つまり北朝鮮も韓国も、アメリカも中国もすでに動き始めているのであって、日本だけが平穏なはずがない。

「窮鼠猫を噛む」という言葉があるが、絶体絶命に追い込まれているのは韓国も北朝鮮も中国でさえも同じなのである。経済がガタガタになっている韓国は、アメリカの利上げによって壊滅状態になるだろうし、北朝鮮は中国から石炭を買ってもらわないと春の耕作ができなくなる。中国に至っては世界貿易が保護主義的になればなるほど国内在庫の処理が進まなくなってしまう。口約束だけで原発だの高速鉄道だのを輸出すると言っていたが、結局なにひとつ造ることができないだろうことは、うすうす世界は気付いている。

こういった事態になった時、世界の歴史はどう動いた? そう、戦争だよね。

ふりこをいっぱいに傾かせていたオバマのおかげで、アメリカは軍事力を増強させないといけなくなっている。原子力空母を建造するとトランプは言った。

もし日本が憲法を改正するのであれば、それは早いにこしたことはないだろう。手遅れにならないうちに。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR