이간질(イガンヂル)

離間計 - Wikipedia

離間計(りかんのけい)は、対象の仲を裂くことで状況を打破する戦術。

敵対する親子・兄弟・君臣・同盟といった関係の弱点を密かに突いたり、結びつく要因(人・物・利害)を悟られないように利用したりして心理戦を仕掛けることで、対象となる関係を内部から崩し、漁夫の利を得ようとするものである。

【韓国】

朴槿恵大統領が2013年から行っている、日韓以外の第三国に日本の悪口を言い触らして回る告げ口外交は、日本を他国と離間させて孤立化させるのが目的である。このように、自分の嫌いな人物を孤立させるために、まわりの人々に悪口を言い回る事を、朝鮮語で「イガンヂル」(이간질)という。「イガン」(이간)は漢字で「離間」、「ヂル」(질)は朝鮮語の固有語で悪い行動を指す。これは、韓国人特有の伝統的な行動パターンであり、韓国人同士でも毎日のようにやりあっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E9%96%93%E8%A8%88

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「乗っ取り」とか「背乗り」といった朝鮮人特有の戦術があるのだが、これは卑怯な方法とは自覚されておらず、兵法のひとつのようにとらえられている。

よく聞くのが、ある町内でおしゃべりな奥さんが、特定の家庭を攻撃するときに有ること無いことを周囲に宣伝しまくって住み続けることを困難にさせるような方法。また、親のそうした戦術を学んだ子供が、学校で同じ方法によって特定の児童を「いじめ」る。「イガンヂル」なわけだ。

「有ること無いこと」と書いた。まさに従軍慰安婦強制連行というものがそうで、彼ら朝鮮人は「謝罪」や「賠償」が最終的な目的ではない。それは「日本を孤立させる」ことが目的なのだから、従軍慰安婦が捏造だとバレても痛くもかゆくもない。次はまた別の方法で「日本を孤立させる」ことを目標にすれば良いだけだ。

かつて台湾の総統は中国共産党寄りのウマだった。これは韓国の反日活動に同調して慰安婦像に理解を示すと同時にアメリカのマイク・ホンダとも会談している。一方で中国のキンペーはパクが希望したアンジュングンの像を許可した。

日本はかつてアジア地域での戦闘で白人による植民地政策を終わらせたという、東南アジアからの感謝が集められた実績があるのであって、これに泥を塗らない限り中国や韓国はアジアを制することは永遠に不可能になる。

だから日本を孤立させ土下座させるしか方法が見当たらない。

宮沢や村山が謝罪したところ、アジア各国から「どうして謝る必要があるのか」との抗議が殺到した。

『韓民族こそ歴史の加害者である』という著書を書き著したのは中国出身の石平氏だったが、漢民族はあっても韓民族は正確には存在しない。あるのは朝鮮族だが、この著書の副題が「東アジアのトラブルメーカー」となっている。

高句麗と新羅と百済に分かれていた後三国時代の話だが、同じ民族同士の争いに無関係な他国を巻き込む戦法を取り続けたと主張する。新羅は中国を、百済は日本を巻き込んでいる。元寇の時の日本攻撃も日本の歴史教育では「蒙古襲来」と教えているが、あれはフビライが発案したものではなくモンゴルに征服された高麗の申し出によるものだったとされている。つまり高麗による日本侵略のためにモンゴルをそそのかし利用する戦法だった。

朝鮮戦争もそうだった。北はロシアや中国を連れて来て、南は連合国を連れて来た。絶対に自分だけで戦うことをしないのが朝鮮族だと石平氏は指摘する。しかも朝鮮戦争当時に李承晩は釜山まで逃走し日本の山口県に亡命政府を作ってくれるように要請までしたことが明らかになっている。やがてマッカーサー率いる連合軍が仁川上陸作戦を成功させると、補給路が延びきっていた北の兵士は逃げ去り、それを追いかけて中国国境近くまで連合軍が進軍したところ、連合軍がふと振り向くと韓国軍兵士は誰もいなかったという。

2010年に韓国MBCで放送された戦争ドラマ『ロードナンバーワン(国道1号線)』全20話は、朝鮮戦争60周年を記念して制作されたものだが、ここには連合軍ではなく韓国軍が北朝鮮ならびに中国軍と戦った設定になっていた。
しかしこの作品は完全な虚構であって、1986年に製作されたオランダ映画の『38度線』の方が史実に近いと言われている。こっちの映画には北朝鮮兵士も韓国軍兵士もほとんど登場しない。出て来るのは韓国人売春婦と連合国軍と中国の人民解放軍だけだ。

自分たちの戦争なのに自分では戦わない、それが朝鮮族なのだとの石平氏の説は説得力を持っている。

有史以来朝鮮は千回以上も侵略されたと言うが、侵略ではなくて自分たちの権力争いに他国の支援を依頼したことの繰り返しだったという点への認識が今の韓国の歴史教育には絶対的に欠けていると指摘する。

この点を踏まえると、日本が朝鮮を併合したことが何か侵略だの植民地化だの挙句の果てには搾取だの略奪だのと言い出すことは、長い民族の歴史に刻まれていることなのだろう。

それを深く理解していた伊藤博文や福沢諭吉などは「朝鮮に手を出してもロクなことにはならない」と忠告していた。それでも不勉強な政治家が併合条約を結んでしまう。

つまり現在の安倍首相や麻生副総理などが韓国との関係に距離を置こうとしているのに、外務省などの不勉強組が「大使を帰任させよ」と主張している。頭の悪い犬を先頭につけた犬ぞりはまっすぐ走らないという認識が必要だ。

昨日今日起こった話ではないのだから。



中国は昔から策士で通っていて油断ができない民族性を持っているが、一方の朝鮮族はあまりにも・・・。

トランプが言うように、対馬海峡に壁が作れたらどんなに良いだろう。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR