外務省の汚染度調査

【釜山・慰安婦像設置】駐韓大使帰国1カ月、官邸長期化辞せず 韓国の打開の動きなく…釜山総領事の「批判」も問題視

政府が韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として、長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を一時帰国させてから9日で1カ月となる。これまでに韓国側から事態打開に向けた動きはなく、首相官邸は大使らの帰任を当面認めない考えだ。一方、外務省からは政府内の足並みを乱す発言が出ており、首相官邸は政府一体となった対応を取るため引き締めを図っている。

政府は慰安婦像の放置について、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去に向けた努力を約束した一昨年の日韓合意に反すると批判。韓国側が撤去に動かない限り大使らは帰任させない方針で長期化も辞さない構えだ。

菅義偉官房長官は8日の記者会見で「帰国は未定だ」と表明し、大使らの帰任に値する韓国側の動きがあるかどうかについて問われると「総合的に考えて帰任させていないということだ」と述べ、韓国側の努力不足を間接的に批判した。

一時帰国中の長嶺氏らは都内で待機し、外務省に通って必要な事務は行っている。邦人保護を担当する総領事の森本氏を先に帰任させるべきだとの声もあり、自民党の二階俊博幹事長は7日、「長嶺氏らの帰任は早いほうがいい」と発言した。

これに対し、官邸は強硬姿勢を崩していない。韓国側に動きがないことに加え、外務省内の不穏な言動を察知したことも態度を硬化させた。

森本氏は帰国後、自身の帰国を決めた安倍晋三首相ら官邸の判断を知人らとの会食の席で批判したとされ、この話は官邸関係者の耳にも入った。森本氏は周辺に「酔って覚えていない」と話しているというが、官邸は韓国側に誤ったシグナルを送りかねないと問題視。政府高官は「森本氏はいったい、どちらの国の外交官なのか」と不快感を示している。

ただ、政府としては慰安婦像の問題を、北朝鮮対処や竹島(島根県隠岐の島町)の領有権問題などに波及させない考え。22日に松江市で行われる「竹島の日」の式典では政府出席者を格上げせず、例年通り政務官を派遣する方針だ。

引用:産経ニュース 2017.2.9 05:00更新

http://www.sankei.com/politics/news/170209/plt1702090003-n2.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そもそも日本の外務省は無能の烙印を押されて久しい。真珠湾攻撃の時からそれは始まっている。

上記の森本氏にしても、「酔って覚えていない」と言ったとされているが、その一点だけですでに外交官としての資質を欠いていることは明らかだ。巷では「釜山のキーセンでも与えられていたのだろう」「早く現地妻に逢いたいんだろう」とする下品なうわさが流れている。それほど酷い状態に外務省が置かれているということである。

アメリカが大統領選挙中だった時に、ヒラリーとの会談を設定したのも外務官僚の仕業だったとされている。ヒラリーはチャイナマネーでがんじがらめにされている人物だから、ほとんどの米メディアはトランプ叩きをやっていたし、安倍がヒラリーに良い顔をすることで日中間のムードも改善しようとする狙いがあった。

日本の外務省は中国や韓国に日本を近づけようとするバイアスがかかっている。

それを見抜いているからこそ、首相官邸は外務官僚を敵視している。しかし、「酔って覚えていない」と苦し紛れを言わなければならないほど、実は森本の身辺にも官邸寄りの「スパイ」が送り込まれていることを示唆している。

外務省のドンと言えば雅子妃の父親だが、男系皇室を維持する限り「天皇の祖父」にはなれない。娘に異常行動をとらせることで間接的に天皇陛下の公務負担を増やさせ、皇室典範の改正に動かそうとしたのかも知れない。
皇太子殿下はカメラの前でこう述べた。『(雅子の)人格否定があったことは事実です』。これは天皇・皇后両陛下が嫁いびりをしていると言いたいわけであって、すでにこの時点で小和田家の動きが具体化していたということになる。
適応障害を主張しながらオランダに出向いた娘のもとに小和田夫妻が駆けつけている。

官邸と外務省が対立している原因は、単に釜山の売春婦像がどうだこうだという話ではないのかも知れない。

「邦人保護」と言うが、それは防衛省の仕事であって、反日外務省を頼りにしている国民は少ないはずだ。ねぇそうでしょ? 二階さん。朝鮮半島が風雲急を告げている昨今、「酔って覚えていない」ようなのが何の役に立つだろうか。
カネを握らせ、子供を留学させ、オンナを抱かせて弱みを握る。中国と韓国は昔からその繰り返しだったではないか。
かつて橋本とかいう総理大臣も中国の女スパイにハメられていたのは有名な話だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20140826_269773.html

豊洲の土壌汚染にしろ、オリンピック競技場建設費用の高騰にしろ、文科省の天下り問題にしろ、蓮舫の祖母が関わった「バナナ事件」にせよ、これまでフタをしていた臭い物が次々と明るみに出て来ている。

大掃除は始まっている。年貢の納め時が来たらしい。

だめだこりゃ




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR