目前に迫る韓国の孤立

産経ニュース電子版(8/15)から。

(引用ここから)
朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国で、恥部といえる人権侵害の実態が解明されようとしている。1970年~80年代、路上生活者や障害者を強制収容し、暴行などで大量の死者を出した施設について、国会で真相究明の動きがあるという。韓国メディアは同施設を「韓国版アウシュビッツ」と呼んでおり、国際社会から厳しい目が注がれそうだ。
問題の施設は、釜山にあった「韓国兄弟福祉院」(現在は名称変更)。韓国紙・ハンギョレ新聞(日本語電子版)は先月、最大野党・新政治民主連合が、同施設の真相究明や被害者救済を目的とした特別法を国会に提出する動きを報じた。
法案作成に関わった同党の陳善美(チン・ソンミ)議員は「兄弟福祉院事件は社会的弱者を一掃しようとした国家次元の犯罪」と語るが、この施設で何が行われたのか。
ハンギョレ新聞によると、兄弟福祉院は釜山市と委託契約を結び、75年から87年まで、路上生活者や障害者、孤児を強制的に収容した。収容者は強制労働が課せられ、暴行も日常的だったという。結果、収容者約3000人に対し、死亡者は513人。何と17%が亡くなったことになる。
見過ごせないのが、こうした人権侵害が国家主導で行われた点だ。
韓国の内務部(現安全行政部)が75年に制定した「訓練410号」が根拠となり、「路上生活者の申告、取り締まり、収容、保護と帰郷および事後管理に関する事務処理指針」が規定され、同施設への強制収容が可能となったという。
報道通りなら、「日本軍による強制募集」の証拠が何一つ出てこない慰安婦問題とは異なる国家的犯罪ではないのか。
ソウル五輪(88年)前に、路上生活者やスラム街を外国人から隠すための“浄化作戦”が徹底されたことも、蛮行の温床となったようだ。
訓令410号が制定された75年は、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の統治下のため、娘の朴槿恵大統領にも批判の矛先が向きかねない。朴氏はいつも「人権」を持ち出して日本を批判するが、自国の人権問題にどう取り組むのか。
(引用ここまで)

人権問題で「アジアのホロコースト」とまで発言して日本を貶めようとしていた韓国は、今まさに墓穴を掘っています。
このところ大韓民国の株価が急落していて、何をやっても裏目裏目に出ています。
日本海を「東海」と表記させようといった選挙公約で韓国系市民の票をつかもうとした下院議員の候補者に対して、ワシントンポスト紙は公式に不快感を表明しました。
そして戦時作戦統制権の問題で、韓国とアメリカ軍の立場を「中韓癒着」を見て、引き揚げるべきだとする声がアメリカの議会に響き始めたんですね。
日本は韓国政府を無視する格好で北朝鮮と協議を始めているのであって、中国は日本と首脳外交を復活させようとしている。
つまりこのブログにおいて書いた通りに、韓国は孤立への道をひた走っているわけです。
間違いなく。

韓国と中国の経済は破綻寸前にあるのですが、中国は国土も人口も資源も何もかも桁外れに巨大なので、あの国が転覆しようものならかなり大きな津波が起こります。
でもまぁあの国は4000年の歴史においてスクラップ・アンド・ビルドを繰り返して来た国なので、他国に迷惑はかけてものらりくらりと人民は生き残るのです。
しかし韓国の場合はちょっと事情が異なります。
あの国の歴史は、常にどこかの強い国にすがりついてでしか生きて来なかった国であって、有史以来孤立という経験がないんですね。
だから四面楚歌の状態になることを最も恐れていなければならなかった国が韓国です。
しかし日本を敵に回し、アメリカを離れさせ、世界中で告げ口外交をやらかし、汚いスポーツしか演じず、スイスもイタリアもロシアまでも敵にしてしまった。
気が付いた時には誰も味方がいなくなっていた。
事大主義の国としたらこれは死活問題です。
それでも経済が何とかなっていたらまだ浮かぶ瀬もあったでしょうが、すでにGDPの落ち込みが顕著になって来ている。
韓国のように輸出立国でやって来た国は内需が育っておらず、エネルギーや食糧などはほとんど輸入に頼っていて、アメリカとのFTAでバンバン農作物が入って来ていたお蔭で国内農家はほとんど死に絶えている。
だから世界がそっぽを向くと韓国は石油も小麦も機械部品も何もかも入って来なくなる危険性があるわけ。
つまり北ベトナムが勝利した際の南ベトナムの人々が難民になってボート・ピープルになったような事態が朝鮮半島で起こりかねないというわけ。

つまり現在の大韓民国が潰れるということは、すなわち北による統一が完成するという意味になるんですね。
だから我々日本人は近い将来の朝鮮半島の予測をする場合には、社会主義の国家がお隣さんになるといった見方で今後をどうするかという目線が必要になって来ます。
当然ながら日本に暮らす在日韓国人の人々は流民になるのであって、永住資格の更新ができなくなる可能性も出て来るんですね。

大阪周辺でコミュニティを作った韓国系の人々は、済州島などで起こったアカ狩りから逃れて来た密入国者でしたが、次回は逆に社会主義から逃げ出して来る自由主義陣営の難民が北九州などに流れ着いて来るでしょう。
それでも彼らは言うのでしょうか。「日本から強制連行された」と。

覚えておくと良いですよ。
私のこの予想はあまり大きく外れないでしょう。
だから在日の人々は、あまり日本人といざこざを起こさない方が良い。唯一の居場所を居心地の悪いものにすると、その先どこへも行けないのですから妥協というものも必要です。
そして犯罪を犯さないこと。
カメのように首をすくめてひっそりと生きることです。

<追記>
LINEはヤバいよ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR