プロパガンダ

長崎の軍艦島(正式名称:端島)が「明治の産業革命遺産」に選ばれたが、ここは「数万人の朝鮮人と中国人が強制労働させられた場所だが、日本政府はこうした事実を軽視している(中央日報日本語版:2016.08.14)」と韓国メディアが報じ、ソウル女子大学園芸生命学科2年のキム・ユンギョン(20)と、同徳(トンドク)女子大学経済学科4年のキム・ヨンジェ(24)が同年8月3日、軍艦島の船着き場などに花を植え強制労働の案内文を韓文・英文・日本文で表示したが長崎市はこれを撤去した。

日本政府が強制連行を認めておらず、長崎市は政府の主張に従っている恰好となっている。

また中央日報は2日後の8月16日にもこの問題を取り上げて「韓国人600人が強制的に労役した」(2日間で数万人が600人に変化した)と明記した上で「ユネスコは文化遺産登録の条件として韓国人強制労働を認める案内板を設置するよう勧告したが、いまだにどこにも探せなかった」と結んだ。歴史的事実はこうだと決めつけている。だから韓国の女子大生が取った行動は正しく、長崎市の対応は誤りであるとしている。

日本の朝日や毎日が好き勝手な記事を発表しているのだから、あっちはあっちで好き勝手を書いても無理はないのだが、それが唯一無二の真実だと信じ込むのが韓国人であって、その主張のためであれば他人の迷惑は何とも思わない。韓国人学生は世界各国に留学しているが、日韓の近代史がいかに酷いものだったかを激しく主張して間違った歴史観を指摘されているらしい。

長崎や福岡などで強制連行されたはずの炭鉱夫が半島に残した妻子を呼び寄せたという記録も残っていて、「話が矛盾してるではないか」と呆れられている。

「謝罪と賠償を」と国民が叫ぶ原因は韓国メディアが作っている。そして経済が傾いて来ると韓国政府を批判する方向に舵を切った。

大統領府が特定の団体に利益を流すべく財閥を誘導したというスキャンダルが暴露された格好になっているが、そもそも韓国の近代史はその繰り返しで成り立っていた。今さら驚くべきことではない。「それが韓国」だからだ。

デマとウソで成り立っていたのが韓国であり、民衆を扇動していたのがマスコミ。その道具を操っていたのは権力者や北朝鮮による左翼。炭鉱夫や慰安婦などの強制連行という作り話も、大統領弾劾デモも、すべてマスコミによる扇動であって単純な国民が阿波踊りを踊らされているだけ。「どうせアホなら踊らにゃ損そん」というヤツだ。

虚偽の歴史を刷り込まれて海外留学をやるから、世界各地で恥をかいている。

大人しく争いを好まない日本人は、当初黙っていた。しかしブレーキが利かない韓国車のようにどんどんエスカレートして行きアメリカにまで慰安婦像が建つようになると、じっと我慢していた日系人が立ち上がった。「ドラゴン、怒りの鉄拳」である。(少々古かったかな)

この「ドラゴン」を怒らせたのは韓国メディアの論調が原因であって、それが日本政府にも長崎市政にも日本国民にも世界中の民衆の歴史観にも影響を及ぼした。

まだ韓国の民衆は韓国メディアによる扇動に気が付いていない。青瓦台前に集まることが正しいと信じているし、日本は悪逆非道だと信じている。日本海を東海に改めよと。次期大統領候補でさえが日本を「敵性国家」としている。

民主党政権によってガタガタにされた日本人は覚醒したが、韓国人の覚醒はほぼ不可能で国家が消えてなくなるまで気付かないだろう。

北朝鮮は思っているだろう。「覚醒などされてたまるか」と。

昔の歌謡曲にこんな文句があった。「どうせ私を騙すなら、騙し続けて欲しかった」(嗚呼、もっと古い)



メディアを利用する手法は沖縄県がそうなのだが、人民日報と同じ方法で民衆を騙すためには新聞から手をつける。しかし現在はインターネットの普及によって情報操作が困難になって来ている。

北京オリンピックの聖火リレーが長野の善光寺を通った際に「フリーチベット」を叫ぶ集団と、五星紅旗を掲げる中国人留学生の一団が騒乱状態になったが、あのような扇動はネット社会が進むと同時に減って来ることだろう。

「虚偽を知る」ツールがスマホでもあるわけだ。

「造られた歴史」に首まで浸かった韓国人が集団自殺しようとしている。近寄らないことが肝心だ。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR