党首がバカではダメなんでしょうか

民進党が党代表に蓮舫を決めた際に期待したのは、政策能力ではなく名前が売れた認知度の高さだったという。東京都知事候補に鳥越を選んだのもわかる気がする。鳥越の前は石田純一だったし、有名人なら誰でも良いとする価値観が透けて見えてくる。

その蓮舫、国会でバカ質問を繰り返して無能さを露呈し続けているのだが、他方では視聴率の低迷に歯止めがかからない民放各社が蓮舫を利用しようとした。

有名だということと有能だということはイコールではない。

いまや舛添要一を知らない国民はいないだろうが、だからと言って彼が有能だったとはだれ一人思っていない。

蓮舫を担ぎ出した民放の各番組は、ものの見事に視聴率を下げた。だから言わんこっちゃない。中居らしくベッキーを連れて来た方がまだ話題性があっただろう。

蓮舫は民放の誘いを受けたことを自身の人気と勘違いしたのか、自宅を公表して寝室まで見せて、自分の亭主をコテンパンにこき下ろした。悪ノリのし過ぎだ。

お蔭でプロデューサーが期待したのとは反対に視聴率は下がり、スポンサーからも苦情が来たことだろう。

疫病神なのだ。疫病神はそのうち死神に変るだろう。

いかに日本のメディアが中国・韓国寄りだったとしても、蓮舫を出してどうするの。ますます民心が離れてゆく一方だ。

まぁ、自業自得なのだから好きなようにすれば良いんだけど、政治家として皇室の在り方にまで口を出して来た以上は国民も受けて立つしかない。

選挙演説の際、当時の代表だった岡田が『皆さん、このシャッター通りは誰のせいだと思いますか』と叫んだら『イオンのせいだ!』と聴衆から返されたという有名な話があるが、岡田にしろ蓮舫にしろ口にする事柄はことごとく自分を不利にしかしない。

民主党が「みんな」だの「維新」だのと野合に走り、選挙では共産と協力をしてから無茶苦茶ぶりが国民にもバレてしまった。

だからこその自民の長期政権なのだが、自民党の幸いが国民の利益になるかと言えば決してそうではない。与野党が活発な政策論議をして、より良い日本の明日を創るのが政治家の使命である。子供にさえも論破されるような「しかめっ面」が何をしようとしてバッジを付けているのだろう。

12球団のどん尻とトップの球団が戦っても、誰も観には来ないだろう。優勝争いができる両チームだからゲームが盛り上がる。

連合あたりから見放されると、後がないよ、ドジョウくん。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR