韓国ではなく日本の問題として

朴大統領の退陣を求める大規模なデモがソウルで起きているのだが、その名目上の理由はチェ・スンシル問題にあるとされている。特に日本のワイドショーなどは飽きもせずに毎日そればかり追っているのだが私はごまかされない。

辺真一などは「民衆の成功体験がデモを起こさせている」と発言したが、私は「成功体験」ではなく「失敗体験」だと見ている。どこが失敗なのか。辺氏が語る「成功」だとすれば韓国は「民主化」が成立したように聞こえる。本当にそうだろうか。

もう誰も口にしなくなったが、ソウルの大規模デモは唐突に始まったわけではない。昨年(2015年)11月に起きた歴史教科書の国定化に反対するデモが機動隊と衝突し、催涙剤入りの放水銃が民衆に浴びせられたことを覚えている。

教科書デモ


歴史認識に与野党が真っ向から対立し、与党の改革派と野党の保守派が争った。歴史認識で言えば改革派の意見は「日本の統治は半島の近代化に貢献したという見方もある」とするものであり、保守派は「植民地化によって搾取された」という従来の考えだった。それで歴史教科書が検定制度から国定化に変更しようとする改革派に対して「国定化によって国民の歴史認識の強制は許されない」として保守派が抵抗した。

改革派は米韓関係に向いていて、保守派は北朝鮮を「同胞」としていた。それによる争いだったのであり、朝鮮半島の持つ宿命だと言って良い。

この時の「教科書デモ」は暴動に発展し、機動隊のバスなどが転覆され破壊された。

今回の「大統領退陣要求デモ」の背景にはコレがあったのであり、日本のメディアが故意に触れたがらない騒乱だった。

この教科書国定化は可決されて政府の勝利に終わったのだったが、日本の教育委員会の教育長に相当する教育監とされる保守系のチョ・ヒヨンという人物が2016年11月30日、中学1年生への歴史科目の時間割を組んだソウル市内の18校の校長を呼び出し国定教科書を使用しないように強要した。このことを把握した教育部(日本の文部科学省に相当)のイ・ヨン次官が緊急記者会見を開き「違法行為には厳正に対処する」と発表している。




韓国の左派と右派が激しくぶつかっているのはこうしたイデオロギーの違いから来ているものであり、チェ・スンシル問題など口実のひとつに過ぎない。

そして告げ口外交を続けた朴大統領が時間の問題でやがて去るとしたら、政権交代を遂げた保守系(北寄り)の政党がこの歴史教育をひっくり返すことが十分に考えられるのであって、図らずも朴政権と同様にして反日を継続することとなって、昨年の日韓合意も破棄することは確実になっている。




ただ単に韓国社会にチェ・スンシル問題が降って湧いたがごとく言いふらしている日本のメディアは、韓国における北朝鮮の工作を言いたくないだけなのである。新聞テレビを観ただけで韓国を理解したと思ってはいけない。池上さんも全部は言わない人だから割り引いて話を聞く必要がある。韓国の教科書問題を誰か言ってる?

韓国にTHAADミサイルを導入することは事実上無理になっているのであって、北のミサイルの脅威に晒されている日本への導入を急ぐべきだろう。主語は日本で語りたい。

テレビ朝日がカジノ法案の通過を問題視して韓国のカジノ事情を取材していたが、日本にはあって韓国にはないものがある。パチンコだ。ギャンブル依存症だの自殺だのと言いたいのであれば「日本には、パチンコによってすでに始まっている」と誰かが言わないといけなくなっている。パチンコ業界は脱税の温床になっているけれど、本案は税金の取りっ逸れがなくなる。(裏社会の侵入を上手に防ぐ必要はあるが)

「ギャンブル依存症を招く」だなどときれいごとを言いたいのであれば、すでにパチンコ利用者が次々と首を吊っていますから。法律事務所が「過払い金を取り戻す」と言ってる。あれを加速させて、違法金利を根絶させるのが順番的には先だ。

ちなみに私は個人的に博打はしないから、どうでも良いと言えばどうでも良いのだが、佐世保のハウステンボスはやめてよね。不良中国人が来るじゃない。あそこ米軍住宅と隣接してるんだけど。朝鮮半島有事の際は米軍関係者の家族が避難して来る予定になってるんだよ。防衛庁が省に格上げされた際の初代大臣だったのが久間でさ、あれ長崎県の島原が選挙区だったんだよね。






スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR