亡命説

韓国の農家が麦の収穫を放り出して大統領辞任要求デモに参加している。ゆっくりとした速度でトラクターを走らせて、全国各地の農家からカンパなどを受け取って1週間以上もかけて首都ソウルに向かったようだ。

農家が作物の収穫を放り出すとは相当な覚悟であるかに見えるのだが、実は朝鮮民族の特性がよく表れている事象だ。目先の感情だけで行動し、数か月先のことさえ頭に浮かばない。

農家がこうなら受験生もそうで、受験勉強そっちのけでデモに参加している。まぁ良い、自分たちが思うようにやっているだけで日本には関わりがないことだから、横からとやかく言う必要はない。



韓国の国会では野党第二に位置している国民の党という政党がある。これは新政治民主連合(現在の共に民主党)を離党した議員らによって結党されたものであり、与党のセヌリ党に対し野党第一党である共に民主の次に位置している。

この党の地盤は全羅南北道ならびに光州広域市である。韓国を時計の文字盤に例えるならば7~8時の位置にあり、三国時代は百済の土地だった。三韓を統一したのが新羅だったことから現在の朴大統領を含むほとんどの大統領が旧新羅地区から出ているので、旧百済の土地は差別意識の強い韓国人から一段も二段も下に見られて来た。

済州島や光州市で大量虐殺が起きたのも、そういった差別意識があったからだ。実はこの被差別地域こそ李朝時代の身分制度に反発していた地域であり、そこへ北朝鮮を介する共産主義が広がった場所でもあった。両班によって虐げられた民衆が集まっていた地域であり、共産主義は簡単に浸透した地方だったわけだ。

新政治民主連合からなぜ分裂したかと言うと、2016年の総選挙にて公認候補を立てる際に執行部と対立した党員らが離反して同年1月に新党を立ち上げた。政策は社会自由主義を唱え中道層に位置する。結党大会は2016年2月に開かれ、常任共同代表として安哲秀(アン・チョルス)と千正培(チョン・ジョンベ)が就任した。しかし同年4月の総選挙の際に政治資金法違反の容疑がかかり引責辞任している。

旧百済と言えば古くから日本との交流がある土地であって、奈良の法隆寺には百済観音像もあるほどだ。

上記した「国民の党」の前代表の一人だった千正培が、こともあろうに「朴大統領が仮に亡命するとすれば、日本を選ぶだろう」と言い出した。彼は「朴槿恵大統領は辞任したとたんに拘束されるので、合理的に考えても自主的に辞任はないだろう。朴槿恵大統領本人としては亡命するべきではないかと思う」と説明した。

亡命先として、北朝鮮はあり得ないし中国も受け入れを拒否する可能性が高い。その点日本国民は嫌韓感情はあるものの意見を表に出さない国民性だから受け入れるのではないかと言うのだ。

あまりにも日本人を愚弄する言い分であり、そもそも朴槿恵自身が『告げ口外交』によって日本人を韓国嫌いにさせた犯人ではなかったか。まぁ朝鮮民族のように感情だけで突っ走るほど日本人は愚かではないのだが、亡命とは政治的理由だったり宗教対立や民族対立などの理由がある。しかしこれらのどれにも朴大統領はあてはまらないのであって、現在の朴大統領が糾弾されていることは不法行為に対する犯罪捜査の対象になっている点であり、この容疑者が海外亡命などできるはずがない。

中国の「戦勝記念軍事パレード」に出席するなどしてアメリカのオバマ大統領をはらはらさせたような人物が日本を目指そうものなら、オバマが何と言うだろう。そしてオバマが悩みぬいた末の昨年の『日韓合意』も、朴が去ることで野党が『合意無効』を持ち出すに決まっている。

THAADミサイル配備への合意さえなかったら中国のキンペーも少しは態度が変わっていたかも知れないが、今の朴には行くべき国が世界のどこにもない。



アメリカ大統領選挙にトランプが勝利し、キューバのカストロが死去し、タイの国王も死に、フィリピンの大統領も交代した。

今年から来年にかけて世界の政治勢力はガラガラポンの状態になる。その時に実質的な独裁体制を敷くロシアのプーチンは森の中からじっと獲物を見ている虎のように薄笑いを浮かべている。ところがロシア自身に産業が育っていない。むしろ中国の方が勢いがある。プーチンは顔で笑っていても、腹の中では冷や汗をかいている。中国と国境を接しているからだ。

韓国ネタをやればアクセス数が増えるとか考えているのではなく、連日のワイドショーがソウルのデモを取り上げるからでもなく、世界的な激変が始まっているという理解が必要だといった話である。

韓国の野党が亡命だ何だと言い出すほどこの国は狂ってしまっているらしい。蓮舫が言い出すのならまだしも。むしろ安倍さんとプーチンが何を締結するかにかかっている。(たぶん何も締結はしないだろうけれど)



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR