祝祭日のお話

昨日の11月23日は「勤労感謝の日」という「祝日」。祝日だからお休み。だが、「勤労感謝」なのに仕事を休むってどーゆーこと? 紅葉狩りとかで遊びに行っちゃったよ。

でもこの日の本当の意味は「新嘗祭(しんじょうさい)」という五穀を神に供するという神事のことで、それは国民を代表して皇室(天皇)がおこなって来たもの。勤労とは天皇が神事をおこなったから「我々を代表してお働きくださって、有り難いこっちゃ」ということ。

だから正確には「祝日」ではなくて「祭日」なんだけど、日本を占領統治したGHQが「神事に由来する祭日を休日にすることはまかりならん!」と言って1948年の法改正で祭日は廃止となったもの。

他にもあるんだなコレが。2月11日は建国記念の日だけど、本来の意味は「紀元節祭」。神武天皇が即位された日。これなんかも「日本は皇室を中心とする国家である」というシンボルのような「祭日」だったんだけど、GHQならびにそれが作った教員組合なんかが強固に反対して祝日になったわけ。でも、「国民の休日」のように月曜日に移動させるわけには行かない日(誕生日のように)だから2月11日から動かせないわけ。

11月3日は「文化の日」ってことになってるけど、何のこっちゃらさっぱりわからない名前になってる。どーして11月3日と「文化」がつながるのさ。昔で言えばそれは「明治節」と呼ばれた明治天皇の誕生日だったわけ。そっちの方がずっとわかりやすい。GHQって本当に無駄なことをやったもんだ。

つまり終戦直後までの明治天皇とか大正天皇とか昭和天皇とかの影響力を完全に排除したかったわけ。その後の今上陛下の誕生日はちゃんと12月23日になってるでしょ? GHQの支配が終わったから。ちなみに大正天皇の誕生日っていつだか知ってる人はそう多くない。12月25日だったのさ。



「今日は勤労感謝の日だから、パパに『ご苦労さま』って言おうね」なんて寝ぼけたママがどこかにいそうだけど、知らないのも無理はない。日教組が教えて来なかったのだから。

最後に、現在の皇太子殿下であられる徳仁親王の誕生日は2月23日となっています。






スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR