アマチュアを食い物にする方法

日本スケート連盟が、人気種目であるフィギアの選手をロッテのCMやアイスショーなどに出演させてその利益の何割かをピン撥ねして団体の運営費(役員の飲み会)や海外(韓国)への寄付金に流用していたという話は有名だ。

ソチの団長が男子選手とキスをした写真が出て政治生命を失った話は記憶に新しい。

だから国内のスポーツ協会の実態はきわめて利権主義だという印象がつきまとっている。東京五輪に関して日本ボート連盟が小池知事に反旗をひるがえしていることと無関係ではないだろう。

しかし考えてみれば少しおかしい。スポーツというものはきわめて個人的なことであって、所属する団体が主導権を握るべきことではない。そういう意味では高校野球のシステムもプロ野球のドラフト制度もおかしいのだが、我々一般人が気づかないことの一つにスポーツ選手のCM出演というものがある。

イチローがユンケルのCMに出たり錦織圭がユニクロの宣伝をしても、それらはプロとしての個人的な契約上のことだろうから別にとやかく言う筋合いはない。だが、アマチュアの選手となれば話は別だ。そこには「協会」だとか「連盟」だとかの利権がからんでいて、それを仲介するのが電通だからだ。

つまり個人的であるべきはずのスポーツ選手をビジネス上の道具に利用しているように見えてならない。

実名を挙げたくはないが、こうしたアマチュア選手は数多くいる。そして彼ら彼女らが「連盟」という利権団体と、電通という広告媒体によって食い物にされているように思える。

森元総理が「海の森」に固執するのもここに原因があるように思えて仕方がない。私のような素人の目にも「尻尾」が見えているのだからかなり間抜けだ。バッハの背景を暴かないのは電通に支配されている日本メディアだからだ。

ゼネコンのやり口を裏の裏まで知っている私には、あからさまな茶番劇のようにしか思えない。

まぁ、茶番であれ何であれカネを回すということにはそれなりの効果もあるだろう。回らない閉塞感よりはどんどん回るに超したことはないのだから。

しかし純粋なスポーツ選手を食い物にして良いという理屈はどこをひねっても出て来ない。

そこに「連盟」とか「協会」とか、あるいは「電通」とか「放送局」とかが関わっている。

この構造をどうにかしなければ、東京五輪で金メダルを祝うことはできなくなるだろう。



空手の形の少女選手をCMに出し道具にしているメーカーはないか?

恥を知ろう。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR