日韓併合

朝鮮という国の名前の意味をご存知だろうか。これは李氏朝鮮の初代王となった李成桂が明王朝にお伺いをたてて決めてもらった国名であり、その意味とは「朝=みつぎもの」「鮮=少なし」というものである。さらに朝鮮の王位後継であるとか王妃の決定権なども明王朝が持っていて、明の許可なくしては何もできなかったのが李氏朝鮮だった。

やがて明は清から滅ぼされ清朝の時代が始まるが、1894年、朝鮮で東学党(とうがくとう)の乱という事件が発生する。これは宗教団体の一種である東学党が日本の進出を拒もうと起こした反体制運動であり、この混乱がやがて朝鮮全土に広がった。その騒乱を抑えるために朝鮮政府は清国へ援軍を頼み、それに反応したのが明治政府だったとされている。

つまり日清戦争の事の起こりは朝鮮国内における反日運動だったのであって、清国も日本もいわば引きずり込まれた格好になっている。なぜ朝鮮人が日本の進出を危険視したかと言うと、ロシアの南下政策がこれ見よがしになっていたことへの日本の危機感が高まっていたことに関連する。

結果的に日清戦争は日本側の勝利に終わり、下関条約によって朝鮮が独立国であることを清国は認めさせられた。李氏朝鮮は終わり大韓帝国が誕生する。

しかし当時の大韓帝国には国を運営して行くだけの能力もなければ人材もいなかった。そこで日韓併合論が出て来るのだが、当時の日本の総理だった伊藤博文は否定的だった。朝鮮と関わるとろくなことにはならないと誰もが考えていた。朝鮮民族の事大主義(強い者へなびく)は長い歴史が教えていたからだ。

当時朝鮮国内にあった政治結社の一進会は、韓国皇帝(高宗)へ「韓日合邦」の奏上文を提出。皇帝と首相(李完用)は日本と韓国の連邦国家を目指そうとしたが、国力や文明があまりにも開きすぎるとして連邦制をあきらめ併合の方向を選ばざるを得なかった。

併合否定派だった伊藤博文首相が安重根によって銃殺されたことが、逆効果を産むことになって併合が加速する。

最近の研究では、安重根の単独犯行ではなく集団による襲撃だったと言われていて、伊藤に付き添っていた日本政府の要人も複数が死亡している。つまり現代において言われているような安重根の目的が併合反対だったのではなく、逆に併合を加速する目的を持つ一団だったのではないかとする声がある。

日韓併合は日本による一方的な侵略だったのではなく、どちらかと言えば韓国側が日本へ求めて来た比重が高い。「韓国併合ニ関スル条約」が結ばれたのは1910年8月であり、ここに「条約」とあるのが何よりの証拠だ。互いが同意したからこその「条約」なのである。

韓国皇帝も手に負えなかった韓国人の衛生状態と識字率の低さと文化レベルの低さ。これらが日本の併合を受けて劇的に改善されて行く。

日本はソウルに帝国大学まで建設して教育に貢献した。現在の韓国の学歴社会の基礎を作ったのは誰でもない日本だったのである。

良いですか? 100年ちょっとの出来事ですよ。識字率が数パーセントだった韓国人が高校・大学へ進むようになれるまで100年しかたっていない。それほど偉大な業績を残したのが日本だったわけ。

帝国大学は、日清戦争に勝利して割譲された台湾にも建てている。台湾の人々は清国から見捨てられるほど野蛮で教養がなく文化レベルも低かったけれど、日本の教育によって急速に近代国家の基礎を作り、そのことを日本への感謝の気持ちで今に至っている。

一方の韓国はどうかと言うと、日本に侵略されたと言い、植民地にされたと言い、略奪されたと言う。謝罪と賠償を求め、千年たっても変わらないと言った。

その韓国はいま、人口が都市部に集中していて、下水処理場の許容量を超えている。首都ソウルの水がめである湖に未処理の下水が垂れ流されていた問題は数年前に発覚したが、今度は慶尚道の1千万人の水源である洛東江に汚水が流されていたことが今年夏に発覚した。川底には汚物が1メートル近く堆積しているとされ、緑藻が広がり科学的酸素要求量も生物が棲息する環境ではないとされ、農業用水にも使えない地域もあるという。

洛東江を訪れた国民党の李相敦国会議員が4大河川調査委員会の洛東江の水質調査の結果を確認し「ソウルでこのような水を飲むことは想像もできません。ソウル市民がもしこの様な水を飲んだら大騒ぎに成っていたでしょう。」と語ったが、どっこいソウルはすでに経験済みなのであって、本当に解決しているのかさえもはっきりしていないのが実情だ。

つまりこういうことだ。100年あまりで急速に教育レベルは上がったが、汚物に対する民族性はそうたやすく変わらないということであり、それこそ「1000年たっても変わらない」のかも知れない。

日韓併合の一時期だけ韓国人は文化的な暮らしに浴したが、反日教育が復活したことによって、衛生環境はあるべき姿に戻っているということである。

歯磨きの水はミネラルウォーターでできるだろうが、シャワーの水には汚水が混ざっていますよ。中国人ならまだしも、日本からの観光客がゼロにならない理由がわからない。(本ブログ『韓国の水事情』参照)



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR