FC2ブログ

破たん間近か

しばらく日本のメディアが無視していたが、K国の危機的状態が絶体絶命に達している。国家経済の毛細血管と呼ばれる自営業が壊滅状態になっているからだ。

自営業と言ってピンと来ないのであれば、食堂や美容院やショッピング・モールのテナント出店者などを想像すれば良い。コンビニやハンバーガー店であってもフランチャイズであれば実質的な自営業ということになる。

K国の自営業廃業率は2016年が77.8%。2017年では87.9%。それが今年は90%に迫ろうとしているらしい。自営業者10人のうちの9人が店を閉める状態なのである。

無給家族従事者の118万人を含む688万人でK国の全就業者の25%を占める自営業がつまずいている。

推定される理由は、政府主導による労働時間の短縮で消費者の購買意欲が低下していることに重ねて最低賃金がこの2年で約30%も増加しており、経営者が雇用を抑制していることが挙げられる。いわゆるリストラだ。

つまり仕事があっても勤務時間が制限され、働きたくても解雇される人が増えている。経営者が廃業すれば自動的に失業するしかない。

日本でも大型スーパーの出店によって地元の商店街が次々と廃業した。これは消費者が減ったのではなく流れを替えただけだ。しかしそのスーパーが期待したほどの売り上げが得られなかったとすれば安易に移転してしまう。「消費者難民」という新たな問題が生じることになる。いちど廃業した商店街は簡単には復活しないからだ。

だがK国の場合はこれとは違う。本気で国民の消費が低迷している。便利な所に流れたのではない。

現政権は今年、最低賃金を16.4%上げ、さらに来年は10.9%上げる予定だとされている。これらは政府の目が大企業にしか向けられていないことを示している。誰も国民の地道な暮らしを直視する者はいない。店主が厨房でうどんを打っても「いらっしゃいませー。ご注文はお決まりですかー」という店員の給料を払うことができなくなっている。

自営業者の多くは就労者の最低賃金である月15万7000円も稼げていないという調査結果が出た。アルバイト生よりも経営者の方が所得が下回っている。これでは廃業するしかない。自動的にアルバイト生も仕事を失うことになる。

「韓国外食業中央会ソウル市協議会のイ・クンジェ会長は「最低賃金引き上げの余波で物価まで上がる見通しのため自営業者は本当に死ぬ思いだ。景気が悪化しコストがさらに急増する来年は想像以上の大乱が広がる可能性が高い」と懸念している。」(中央日報日本語版より)

「想像以上の大乱」とは何だろう。他でもない、相も変らぬローソク・デモだろう。しかしここまで落ち込んだ経済は簡単には復活しない。トランプもポンペオもボルトンも、誰もK国のことなど相手にはしていない。



今日も少女像を乗せた路線バスが走り回っているのだろうか。





スポンサーサイト



台風12号

中心気圧が985程度だったので気にしていなかったけれど、「ひるおび」の森さんを見て驚いた。965に発達している。

九州育ちの私は、950がひとつの危険ラインだと思っている。これより下がれば「化け物台風」ということになる。だから965である現在はすでに「一人前の台風」と言って良いだろう。

一般的に台風災害は風か雨かになるのだが、今回の場合は海面の潮位が絡んでくる。大汐と重なるからだ。沿岸部や大きな川の近くに住まわれる向きはご注意願いたい。

そして発達しながら近づいている台風のコースだが、静岡県に上陸する可能性が高い。明日朝の予想は955だ。強力な低気圧と大汐。つまりマントルプレートを抑える圧力が弱まるということ。暴れるチャンスをうかがっていたとすれば、好機到来ということにならないか。今回ばかりは「おおかみ少年」で終わりたいものだ。


なお、一部のウォッチャーにお知らせがある。「Eメールはまだ復帰できていません」



阿る

「阿る」と書いて「おもねる」と読む。

言葉の意味は「へつらう」「媚びる」「追従(ついしょう)する」などがある。要するに「大きく強い者に従う」ということである。

ところがこの「大きく強い」というものは時間の経過とともに刻々と変化する。日本が敗戦した際などには、劇的に180度の変化が起こった。

昨日まで正しかったことが、いきなり間違ったものに変わった。

だからそれまで「大きく強い」者に「阿って」いた集団や個々は手のひらを返さざるを得なくなってしまった。

例えば皇室の存在にしても、それまで「阿って」いた集団は敗戦と同時に「天皇制反対」を叫ばざるを得なくなった。しかし皇室の存在に「阿って」いたわけではない人々にとっては何も変化は起こらなかった。日の丸は何も変わらずに日の丸だったし、君が代はどんな変化が起きようとも君が代のままだった。

勤め先である学校の卒業式で起立して君が代を拒否したとして処分された教員が最高裁まで争ったが敗訴した。

配偶者の連れ子を虐待死させたり、妻が夫を殺害するなどといった事件が多発しているが、夫婦とは「阿る」関係であってはいけない。尊重し合う関係だから子が育つ。

ただ、次の皇后陛下を国民が尊重するかどうかは、やってみなければわからない。事大主義に「阿る」立場の者は媚びるだろうけれど。

最近、日本国民はずいぶんと催眠術から覚醒して来ているからね。




水力発電ダム決壊

2018年07月25日 中央日報日本語版

ラオスでSK建設(筆者注:韓国企業)が参加して建設している大型ダムの一部が崩壊し、数人が死亡して数百人が行方不明になったとロイター通信などが24日に報道した。外信によると前日午後8時ごろラオス南東部アッタプー県でセピエン・セナムノイ水力発電所の補助ダムが決壊した。この事故で50億立方メートルの水が突然放流されて周辺の6つの村を襲った。ラオス当局によると現在まで数人が死亡し数百人が行方不明となった。住宅1370軒が被害を受け、6630人の被災者が発生した。ダムの決壊原因と具体的な被害状況はまだ確認されていない。

(中略)

SK建設関係者は「ラオスの建設現場に通常の3倍を超える集中豪雨があり補助ダム5カ所のうち中1カ所で水が氾濫し事故が発生したものと推定している。すでに下流地域の村で豪雨による浸水被害があったが、ダム事故により被害が加重されたと理解している」と話した。

(中略)

業界では「もしダムが決壊して今回の事故が発生した場合、建設工事を引き受けた企業は金銭的側面だけでなく信頼度でも相当な打撃を受けることになるだろう」と予想する。

(引用ここまで)

地球規模での災害が多発しているこの時期だからこそ、いい加減な工事は排除されなければならない。

日帝残滓のダムはまだ使っているのだろうか。




なんくるないさ

猛烈な暑さが続いている。

吸う空気が希薄になったようで、吸っても吸っても息苦しい。

植木の水やりは、昼間の暑さで熱湯になると聞いたから日暮れたあとでやるようにしている。

おかしなものでローズ・ゼラニウムの2鉢の中でわずか2輪だけ花が咲き続けていて、夏の日差しに踏ん張って耐えている。

広島だか岡山だかの被災地の瓦礫になった家々に、ぽつんと洗濯物が干されたような小さな花。

「おいらは生きてっぞ!」と言っているようで、愛おしい。

だいじょうぶ、乗り越えて来たんだから、今度も、「なんくるないさー」

生きて、何ぼじゃけん。




出生率がゼロ%台

朝鮮日報 2018/7/6 より引用。

(引用ここから)

今年の韓国の合計特殊出生率は1.0にも届かない、という韓国政府の見通しが出された。低出産・高齢社会委は5日、「今年の新生児はおよそ32万人を記録し、出生率は1.0以下に落ちるものと見込まれる」と発表した。

(中略)

韓国の合計出生率が1.0未満にまで下落した場合、事実上、地球上で唯一の「出生率0人台」の国になる見込みだ。国連人口基金(UNFPA)の資料によると、調査対象およそ200カ国のうち、昨年の出生率が1.0以下だった国は皆無。
(韓国政府は)満6歳以下の児童の親には養育支援のため、仕事をする時間を1日1時間、賃金削減なしに減らす案を推進することとした。現在、配偶者の出産時に有給3日を含め最大5日まで取ることができる「配偶者出産休暇」の期間も、有給休暇10日に増やすこととした。

(引用ここまで)

文政権の失策効果が数字となって表れはじめた。

育児支援のために有給を増やしたり勤務時間を削ったり・・・ってソレ、国の経済活動の足を引っ張る効果しかない。

出生率が下がるのは結婚者数が減ったから。結婚率が減ったのは失業率が回復しないから。失業率が回復しないのは企業業績が悪化しているから。そんなの高校の1年で教わるよ。

企業業績が悪化する理由を教えてやろうか。条約や契約を勝手に破るからさ。誰がそんなやつ相手にするかい。

白髪BBAが河野外務大臣に何やら言ったら、返り討ちにされたじゃないか。あの時点で、先々こうなることは約束されていたんだよ。今さら騒ぐようなことかい、アホらしい。




造船技術

その国の造船技術は、どんな国産潜水艦を持っているかを見れば良い。

そうりゅう、もとい、そういうこと。



日本の中古フェリーを改造して、沈没させた国もあったが・・・




ノビチョク

英国南部のソールズベリーという町はストーンヘンジで有名になっている人口4万5千人あまりの静かな町だ。

今年3月、この町で元ロシア人スパイが神経剤を使って何者かから自宅で殺害された。

容疑者は犯行時に使った注射器のような容器を公共の場に捨てて立ち去った。

6月29日。ソールズベリーを訪れていた40代の英国人の男女がその容器を拾ったものと思われ意識不明で救急搬送されていたが、女性のスタージェスさんが7月8日、入院先の病院で死亡した。男性のロウリーさんは重体状態が続いている。

毒物の名は「ノビチョク」。1971年、ソビエト連邦時代の化学兵器研究で開発されたものでその後ロシア政府に引き継がれていた。開発した科学者によればVXガスの5倍から8倍、ソマンの10倍以上の致死性があると主張している。

この毒物は戦争での使用ではなく諜報活動上での利用を想定したもののようだが、ロシア連邦当局は「研究も生産もしていない」と関与を否定している。つまり秘密兵器だということ。

「ノビチョク」は、化学物質の検出装置で検出することが困難なように設計されており、NATOの化学防護を突破すること、取り扱いが安全であることなどが開発命題だったという証言がある。使用直前に2剤を混合させて毒性を発生させる「バイナリー兵器」であり、オウムが地下鉄で使用したサリンと同じである。

ロシアの軍事化学コンビナートに勤務していた科学者が、外国のスパイが生産の痕跡を検出できないことを確認するため化学兵器施設の外から測定を行っていた。致死性物質が安全基準の80倍の量検出されたことで彼は恐れ、週刊モスコフスキーに暴露記事を載せた。これを受けてロシアの有力なバイナリー兵器科学者の一人であるウラジーミル ・ウグレフが、1994年初頭にノヴォイェ・ヴレーミャ誌のインタビューでA-232/ノビチョク5の存在を明かした。

アメリカの地政学顧問であるステファニー・フィッツパトリックは、ノビチョクはソ連のウズベキスタン、ヌクスにある化学研究所で生産されていると主張しており、ニューヨーク・タイムズは米国当局者の話として、この施設はノビチョクの主要な研究と実験場であると報じた。

(ここまで一部 Wikipedia より引用)

旧ソ連の兵器開発はウクライナを中心に進められていた。それは海外からの資材調達に便利だったからでもあったが、毒ガスの研究開発とかいうものに関しては極力外部からの接触機会が少ない方が良い。ここにウズベキスタンという地名が出て来る。

ウズベキスタン共和国という国は旧ソ連の連邦国家だったところで、中央アジアに位置する。カザフスタン、アフガニスタン。タジキスタンなどと国境を接しており、国境を最低でも2回超えないと海に出ることができない、いわゆる「二重内陸国」と呼ばれている。

第二次大戦集結後、シベリア抑留された日本兵の一部が中央アジアに連行され強制労働が課された。(これらの被害と加害が問われなさ過ぎている)ウズベキスタン各地でもダム建設やナヴォイ劇場などの建築に日本兵が労役させられたがこれらは現在でも活用されていて日本人の勤勉な労働技術が評価されている。

日本は1991年12月にウズベキスタンを国家として承認し、1992年1月に国交を樹立する。ウズベキスタン国内では旧ソビエト連邦時代に使用されていたインフラが使用され続けている分野が多く、鉄道の電化や機材整備、火力発電所の増設などインフラ整備の分野において日本による貢献は大きい。

スポーツ分野においては、リショド・ソビロフ選手が世界柔道選手権大会男子60kg級で2連覇、アブドゥロ・タングリエフ選手が2011年世界柔道選手権大会無差別級で金メダルを獲得するなど、ウズベキスタン国内では柔道や空手、合気道をはじめとする日本武道に対する関心が高く、2012年の日本・ウズベキスタン国交樹立20周年記念事業では、スポーツ交流支援事業として柔道や合気道の指導が行われた。いわゆる典型的な親日国というものである。

そのウズベキスタンのヌクスという都市に毒ガス研究所があるという。ヌクスとはウズベキスタンの西部にある自治共和国であるカラカルパクスタン共和国の首都になる。カラカルパクスタン共和国とはあくまでもウズベキスタン共和国の中の自治区であって主権国家ではない。しかし独自の憲法があり国旗も国歌もあるといった点が日本人にはなかなか理解できない面がある。アメリカ合衆国の中のひとつの州といったところだろうか。

カラカルパクスタン国民全体の国民投票によってウズベキスタン共和国から独立する権利を有すると憲法第1条に規定されているが、逆に言えばそれまではウズベキスタンの憲法の枠内にあって外交権もないことを意味している。

カラカルパクスタン共和国の経済は農産物の生産に支えられて来たが、旧ソ連時代の環境無視の農業政策によって淡水湖であるアラル海の水位が低下して環境が悪化したことから農業は絶望視されている。国民はウズベキスタンも含めた国外への移住が進んでいて人口は減少しつつある。そういった土地にロシアの化学兵器研究所はあった。

国民の大半はイスラム教のスンニ派である。



さぁ、ここから何を読み解くか。スンニと言えばイランと敵対しているサウジだし北アフリカ諸国のほとんどだ。待てよ、中央アジアと言えば、新疆ウイグル自治区とも無縁ではなさそうだぞ。

いろんな謎が徐々に明らかになっている。中国熊のプーさんよ、大丈夫か?



憲法審査会

産経ニュース 2018・7・4 から一部引用。

(引用ここから)

自民、公明両党の幹部は4日、東京都内で会談し、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案の今国会での成立を断念し、継続審議とする方針を決めた。法案は5日の衆院憲法審査会で趣旨説明を行うが、実質審議に入らない。憲法審を全会一致で運営するという“原則”に沿い法案審議を拒む立憲民主党などに配慮したためだが、野党が抵抗し続ける限り、秋の臨時国会以降も憲法改正議論は停滞を免れない。

(引用ここまで)

現在の安倍政権の1丁目1番地の本丸は憲法改正のはずだった。9条の中身を改訂しない限り陸海空自衛隊は違憲状態のままだし、北朝鮮に拉致されたままになっている被害者への救出も困難なままに放置されることとなる。

憲法を改正するための発議は憲法審査会の審議が大前提になっていて、その審議が開かれなければ発議することができず、その先にある国民投票へとつながって行けない。

今年5月末の衆議院憲法審査会幹事懇談会において、立憲民主と国民民主の両党を含めた全幹事が改正案の共同提出で合意していた。しかしここへ来て立民の辻元清美国対委員長が「森友学園問題への説明責任が不十分だ」として改正案の審議どころか憲法審査会の開催すらも拒む作戦に出て来た。国民民主も「その手があったか」として同調した。

つまり「モリ・カケ」が問題なのではなく、憲法改正をどうあっても回避しなければならないという事情が彼らにはあるのであって「手段は選ばない」という死に物狂いののたうち回りを演じている。

ところが、自民・公明の与党がこれに応じてしまった。衆議院憲法審査会幹事懇談会への出席をボイコットした立民と国民のために今月22日までの今国会中に(国民投票法改正案を)成立させることが困難になったと判断したからだ。

つまり現政権にとって何が最も重要なのかという意味を与党自身が理解できていない節がある。

ここが進められないのであれば、衆議院選挙で議席を国民から委ねられた意味がないのであって、何のために国会へ足を運んでいるのかの意味をわかっていない。国民から何を付託されたかが自覚できていない者に用はない。

たかだか辻元ごとき詐欺師にもてあそばれて、足立よどうにかしろ。

再び産経ニュースを引用しよう。

(引用ここから)

自民党は、憲法9条への自衛隊明記など3月にまとめた「改憲4項目」の条文素案について、憲法審で議論の上、早期の国会発議を目指している。

(中略)

野党が政局的な理由を振りかざして憲法審の開催を拒み、与党側がこうした姿勢を許していれば、改憲議論は一向に前に進まない。

(引用ここまで)

オウム死刑が執行されたのは何故だと思う? 今後は政治的スケジュールがメジロ押しになっているから。天皇陛下の御譲位もあれば元号の改正もある。そうなれば恩赦もありうるし、自民党総裁選がある。その先には東京五輪が控えている。もう予定表はびっしり埋まっている。辻元はそこに勝機を見出しているわけ。

1597年の慶長の役を思い出そう。李氏朝鮮の将軍にして現在も英雄と称えられている李舜臣(りすんしん)だが、朝鮮水軍を率いて日本と戦ったものの、全羅道・忠清道の掃討作戦を成功裏に終結させた日本軍は、当初からの作戦計画に沿って慶尚道から全羅道にかけての朝鮮南岸域へ後退して倭城群を構築した。日本軍が後退すると李舜臣の水軍は明・朝鮮陸軍と共に朝鮮南岸へ再進出し、朝鮮南岸西部にある古今島を拠点として朝鮮水軍の再建に努めた。1598年7月李舜臣は明水軍の指揮下に入った。同年9月、明・朝鮮の水陸軍による水陸共同の順天攻撃作戦が開始され、戦いは10月初めまで続いたが、水陸両面で明・朝鮮軍は多大な損害を出すなど苦戦が続き、厭戦気分が蔓延して攻撃は頓挫。明・朝鮮軍は撤退を開始し、李舜臣も海上封鎖を解いて古今島に撤退し、兵数で圧倒的に勝っていた明・朝鮮軍は敗北した。ところがここへ来て豊臣秀吉の死亡という連絡が日本軍に届く。日本軍に退却命令が出されると小西行長は明との間に講和を成立させた後、海路を撤退しようとしたが、朝鮮水軍は講和に無関係だとして撤退を開始した日本軍へ対して攻撃を開始する。窮状を知った島津義弘ら日本側の諸将は急遽水軍を編成して救援に送ることとなり、これに対し李舜臣および明・朝鮮水軍は順天の封鎖を解いて東進し島津水軍を露梁海峡で迎え撃つこととなった。この露梁海戦では、夜半からの戦闘が長時間続き、日本軍、明・朝鮮水軍の双方が大きな被害を被ったとされる。明・朝鮮側の資料では自軍の勝利を強調しているが、明軍では副将鄧子龍が戦死、朝鮮軍では主将の李舜臣が島津兵の鉄砲の弾丸を受けて戦死した。これが慶長の役である。

朝鮮の戦い方の見本となるような記録であって、敵の背中に矢を放つあたりが辻元とそっくりだ。さすがはピースボートで朝鮮に行っただけのことはあるが銃殺されては英雄もクソもない。元々朝鮮軍は明の加勢があって何ぼの軍隊だった。そして日本との間に講和を結んだのも明だったが「オラ関係ねー」ってんで勝手に講和を破って返り討ちに遭ったのが英雄さん。どこか李承晩と重なって見えて来る。

ピースボートの主催者が憲法改正の邪魔をしている。由々しき事態と言えるだろう。あなたの家族の将来は大丈夫ですか?





開発の目的

現在、世界に存在する衛星測位システムは、米国GPS、中国北斗、ロシアグロナス、EUガリレオ、の4つ。

日本版GPSの「みちびき」は現在3機が打ち上げ済みで10月に4号機が打ち上げ予定になっている。

「みちびき」の測位制度は中国の北斗をはるかに凌いでおり、新型iPhoneも「みちびき」の測位システムをサポートした。つまり追加関税を課せられる中国製のスマホよりもiPhoneの方がはるかに高い精度が得られるということになる。(10月以後はもっと)

米国のGPSが誤差数メートルだということは、軍事用の位置情報を民生用に転用するために故意に精度を落としたものだったが、もともと日本の「みちびき」には軍事的な目的だけで計画されたものではなかったことから、最初からフルスペックが準備されていた。

だから北斗にせよグロナスにせよガリレオにせよ民生用GPSの精度を参考にしていたために「みちびき」が突出した機能を示したことになっている。

「みちびき」の測位誤差は数センチ。これは極秘になっている軍事用GPSに匹敵する精度だ。

さらに「みちびき」は米国のGPSシステムを補足する形で運用され、1基は赤道上空の静止軌道を飛行する。つまり地上から見れば静止している状態。北極星のようなものだ。10月以後は他の3基が8時間ごとに日本上空を飛行する。これらがこれまでのアメリカのGPSシステムに組み入れられることによって驚異的な精度を叩き出すことになって行く。

日米共同で開発した迎撃ミサイルが驚異的な命中率を誇る理由はここにある。もちろんアメリカの太平洋軍もこのシステムを共用する。

日本は誤差数センチという精度を「農業に利用できる」とか「土木・建築の精度が上がる」と民生向けの点ばかりを強調しているが、実は北朝鮮や中国が発射する長距離ミサイルや艦船発射型のミサイルなどを迎撃することが主目的であることは間違いがない。

ロシアのミサイル駆逐艦が舞鶴で一般公開されるのは今日だ。あれも「みちびき」を利用するに決まっている。

アマゾンがドローンを使った配送を計画しているが、これを軍事転用すれば驚異的な攻撃力になるのであって、衛星による位置情報は高精度であればあるほど優位になる。

中国の北斗はすでに20基以上が打ち上げられていて日本より先行しているものの、今年3月に稼働した「メートル級クイック北斗測位チップ」によって向上した制度は誤差1~2メートル。これでは相手にならない。

さらにiPhone-Xがサポートする位置情報機能はアメリカのGPS、日本の「みちびき」の他にロシアのグロナスとEUのガリレオにも対応したものの中国の北斗は非対応としたままだ。

これは測位システムと言うよりも中国という国家体制そのものの将来性に疑問を持っている証拠なのかも知れない。

スマホを自動車のダッシュボードに固定すればドライブレコーダーやカーナビの代用ができる。これまでのカーナビは数十メートル近くに来ただけで「目的地周辺です」と言い出していたが、「あと何メートルです。あと20センチです」と言うだろう。それでなければ高速で飛来するミサイルは迎撃できないのだ。

アメリカとソ連による冷戦がひと段落した以上、冷戦の舞台は東アジアに移って来ている。「みちびき」の高精度はアメリカが要求したものと受け取って良いだろう。

そして、それだけ日本列島の安全保障の危機感は高まって来ているという理解が必要になっている。

ロケット技術にしろ、ジェットエンジン技術にせよ、半導体技術にせよ、各業界がギアチェンジしているのには理由があった。

目の前に迫っているものが、あなたには見えているだろうか。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR