韓国のスワップ事情

韓国の経済メディア、ソウル経済は、韓国の企画財政部(財務省に相当)の関係者の話として、新たな日韓スワップが「500億ドル以上の大規模になる可能性が高い」と明らかにしたと報じた。

これが実現すれば、欧州の財政危機を背景に700億ドル(約7兆円)まで拡大した11年当時に匹敵する規模だ。

韓国が現在結んでいる最大の通貨スワップ協定は中国との540億ドル(約5兆4000億円)規模。日本は中国を牽制(けんせい)するには、同規模のスワップ協定を結ぶというのだ。

韓国は米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備をめぐり中国と関係が悪化しており、日本とスワップ協定を結ぶことで、中国も対抗して韓国とのスワップ協定を延長するとの見立てもあるという。

(産経ニュースより引用)

http://www.sankei.com/world/news/160930/wor1609300021-n1.html



いつもながらの身勝手な論理であって、自分中心に世界は回っていると思っているらしい。

中国と日本を天秤にかけて急場をしのごうとしているらしいが、政治家が報道を利用して政策より先に民意を起こし、既成事実を作るというこれまでの手法と何も変わらない。

麻生財務大臣が合意したのはスワップ再開ではなく、あくまでも協議の再開だ。まだ日韓スワップは1ドルも決定していない。どうして500億ドルという具体的な数字が独り歩きするのだろう。

通貨スワップと言っても日本円ではなくアメリカドルだ。日本はたっぷりと外貨準備ができているが、韓国はドル建て貿易をしていて外貨準備が不足すると支払いができなくなる。

500億ドルと言えば約5兆円だが、それだけのウォンをもらっても紙くずのようなものだ。世界のどこもそんなゴミを引き受けてくれる国はない。

むしろ東京都はいま、お豆腐屋さんと化した森元総理とバトルを繰り広げていて、2兆とか3兆とかの話になっている。5兆も融通しても韓国人は絶対に感謝なんかしない。中国を引き合いに出すだけだ。

感謝しないとわかっている相手には5兆どころか500万円でも無駄金になるだろう。

中国と韓国が結んでいるスワップ協定は「人民元:ウォン」だ。鉄鋼在庫とレアメタル在庫で首が回らなくなっている中国の通貨を受け取っても、アメリカの利上げには何の効果も示さない。

上記の産経ニュースの記事では中韓スワップが540億ドルとなっているが、これは協定額の規模を示すものであって正確にはドルは関係ない。韓国の二国間スワップ協定は引き出し限度額が「韓国は3600億人民元に対して中国が64兆ウォン」となっている。

韓国は他にアラブ首長国連邦(ディルハム)、マレーシア(リンギット)、オーストラリア(豪ドル)、インドネシア(ルピア)と二国間スワップ協定を結んでおり、多国間スワップはチェンマイ・イニシアチブ(CMI)だけだ。

CMIの限度額は384億ドルだ。

つまり韓国経済が危機に瀕して米ドルが必要になった場合の逃げ道は日本に頼らざるを得ない状況になっていて、いつまでも「上から目線」を続けているだけの余裕はなくなっている。

ソウル経済紙が言いたい「500億ドル以上の大規模になる可能性が高い」という「可能性」とは、韓国経済の単なる願望であることを踏まえておきたい。




あ、そうそう、スマホが爆発騒ぎになったサムスンだが、今度は洗濯機が破裂するんだとさ。何ともにぎやかな会社だこと。

http://www.sankei.com/world/news/160930/wor1609300006-n1.html






スポンサーサイト

ニュース解釈(解説ではありません)

北朝鮮による日本人拉致を金正日が認めた相手は小泉純一郎だった。それで平壌宣言が出され、3家族の「一時帰国」が成立した。

ところが拉致というものは犯罪なのであって、誘拐された被害者をふたたび加害者の元へ返すのは理論的に成り立たないとして「一時帰国」を阻止しようとしたのが安倍晋三だったとされている。

また「何でも良いから横田めぐみさんが死亡したという証拠材料を提出してほしい」とする小泉に答えるかたちで朝鮮側が出して来た遺骨をDNA鑑定して「本人の物ではない」とする結論を出したのも安倍だったとされている。

青山繁晴氏によれば、この二点のことから朝鮮民主主義人民共和国にとって安倍晋三は憎むべき相手と位置づけられたとされている。

だから売国奴は小泉純一郎であって、安倍晋三の判断は日本人とすれば適切なものだったと青山氏は結論付けている。



この話を聞いて「なるほどね」とは思うものの、青山氏ほどの情報を私自身が集めているわけでもないので、「一考察」の域を出ないものと受け取っている。

しかし、北朝鮮が安倍を憎むのであれば理屈が通るのだが、なぜか韓国(南朝鮮)に「安倍憎し」という声が多い。

そして日本国内においても「安倍内閣がやることには、何でもかんでも反対する」といった勢力が跋扈している。

これはいったいどういうことなのか。

最近では自民党の議席が急速に伸びたことを受けて「いざ改憲か」という危機感が広がったのだろう、中国までが「日本国憲法の改正を阻止する」と言って来ているが、そんなことを外国が口出して良いはずがない。改憲であれ護憲であれ、それは日本国民が決めることであって中国や韓国がとやかく言うべきものではない。

そのこと自体は子供にでもわかる理屈なのだが、私なりに「誰の利益か」と考えた場合に、回り回って「安倍憎し」の北朝鮮の思惑が入っていることは明々白々だ。

野党として国民から正しく評価されるためには、民進党は国会運営を理性的に知的に行う必要があって、それが不可能であれば政権奪還は夢のまた夢でしかない。しかし蓮舫や野田の言動を見ていると、安倍だけは何をやっても反対するという姿勢を崩していない。安保関連法を白紙撤回しろとまで言っている。安倍内閣になってから成立した法律であって、はっきり言えば安倍の実績を奪ってやりたいからだ。あの法律に大した意味合いはないが、白紙撤回することによって中国海軍が武力行動に出やすくなることは明白であって、北朝鮮のテポドンも飛んで来やすくなる。

「安倍憎し」なのは北なのに、どうして韓国のデモ隊が安倍の写真を燃やすのか。ちょっと考えれば不自然さに気が付くはずだ。

そして日本の自衛艦が軍艦旗(旭日旗)を揚げるのは当然であって、むしろ揚げない方が世界のルールに反するにも関わらず、それを理由に寄港を拒んだ韓国は、実は北の希望に沿った行動に出ていることになる。




つまりこういうことだ。韓国も日本も北朝鮮の利益を求めたい組織がカビのコロニーように根を張っていて、いかにも自分たちの主張のように見せかけて、実はしっかりと北の工作活動にいそしんでいるということだ。

日本が発展進歩することはアメリカが嫌っていた。航空自衛隊のF-2戦闘機を独自開発しようとしたらアメリカが横やりを入れて来て、結局F-16をベースにした共同開発に持ち込まれたのが良い例だ。

だから日本に進歩されたくないのがアメリカなのだが、逆に日本を貶めようとしているのは北朝鮮であり中国だ。その工作部隊が韓国や日本に棲みついてしまって、マスコミや広告代理店や宗教家や役人や政治家にまでしみ込んでしまっている。

アメリカの日本へ対する妨害作戦はなかなか手が込んでいて、敵ながら天晴れの面もありはする。だが中国や北朝鮮が執る作戦は幼稚に過ぎる。正体がバレバレなのだから。

だから韓国の救援要請に対して安倍首相は、のらりくらりとはぐらかし続けているが、実は朴にせよオバマにせよ、安倍よりも先に姿を消す相手だからだ。

しかしプーチンはそうは行かない。なかなか消える気配を見せない。

北方領土交渉ばかりが気になるような報道がされているが、本当の安倍首相の視線は朝鮮半島と中国に向いているような気がする。

日本が技術援助などでロシアとつながりを作れば、絶対に金正恩はいてもたってもいられなくなる。




北朝鮮の地下施設は北向きに造られていて、これを空爆しようとすれば中国の領空を飛ばざるを得なくなる。爆撃機にせよミサイルにせよ。つまりアメリカが北朝鮮を攻撃しようとすれば自動的に中国への宣戦布告になるわけだ。

しかし例外がある。北朝鮮はロシアとも国境を接しており、ロシアからの巡航ミサイルが飛んで来ても不思議ではないのだ。だから日本とロシアが接近することは、北朝鮮にとってきわめて危険なことになる。

安倍内閣がロシアとつながりを作ろうとしているのは、領土問題というよりも安全保障上の問題だという点を理解しておこう。



『馴れ合い』の終焉

酒を飲むのが好きだから・・・って、これは「遊ぶカネ欲しさ」の引ったくりの言い訳じゃないよ、富山市議会議員の言い分だからね、笑う気すらうせてしまう。

これまで当然のようにして来たから、今後も何の疑いもなくやってしまう。

役人が「前例がない」ことを理由にして、改革めいたことに抵抗するじゃない。裁判所が「判例重視」をするのと同じ。「何人殺さないと死刑にできない」って、(正気か?)と疑いたくなる。

悪いことだと知っていても、警察までが裏金をキープして、仲間内の飲み会なんかの資金にする。

年末年始になると地元の消防団が鐘の音を鳴らしながら夜回りするじゃない。あれって特別手当が出るから、出初式の打ち上げの酒代を稼いでるんだとさ。

生徒たちに特定の高額な運動服とか着せて、教職員が出入りのスポーツ用品店と癒着するって昔からある有名な話だ。学校指定のジャージなんかすごく高いよ。

学校に出入りする写真スタジオにしてもそう。卒業アルバムの納入が独占できるから、運動会とか修学旅行とかのスナップ利益は職員室に還元される。そうやって利権が確立されてゆく。

先輩たちがやって来たことだから、我々も後輩もそれをやり続けなければならない、って、その感覚が豊洲の謎を産んだ。



でもね、これから先もずっとそれが通ると思ったら、世間の流れに疎すぎるんじゃないかな。

富山市議会じゃないけど、これまでのやり方が次々と暴露されつつある。時代の流れがそっちへ向いているってことを「知りませんでした」は通らない。

横浜の病院の点滴殺人事件も、これまで何十人の犠牲者が出ていたか調べようがないと言う。「病死」で処理されて火葬されているからだとさ、恐ろしい話だ。たぶん似たような事件は全国の病院でも起きていたかも知れない。だけど明確にステージが変った。もうこれまでの方法は通らなくなった。

私が子供の頃に、金属製のモデルガンは黄色く塗って銃口をふさがないといけなくなったことがある。改造拳銃を作る輩が現れたから。

世の中の規制はそうやって、後手ではあるけど執られて来た。

「これまで通用して来た方法だから、今後も通用するはずだ」と考えるのはそれは本人の自由だけど、世の中そんなに甘くない。

「水清ければ魚棲まず」と言ったのは昔の話。ネコババ(糞を隠す)はいずれ表面化する。築地の放射能マグロのように。

「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉がある。

糞尿を海洋投棄して知らん顔するどこかの国とは違うのである。




豊洲の第3ロッテワールド

豊洲新市場の盛り土の問題で、移転が延期された鮮魚市場と青果市場なんですが、「安全だ」「いや安全じゃない」という論争にすり替えられた感があります。

「いやそういう問題ではなく、基本設計が施工されていなかったことがそもそもの問題でしょう」と誰かが言わなきゃはぐらかされてしまう事案ですよ。

「シアン濃度は水道水並みだ」と無責任な意見を吐く輩までが出て来たようですが、高アルカリを飲んではダメでしょう。中学校の理科で習う話を持ち出してごまかそうとしてもダメですよ。

これね、最終的には設計事務所とゼネコンに責任を押しつけて東京都は逃げるような結果で幕引きがされそうな予感がします。なぜならば、その後にオリ・パラという美味しいご馳走がゼネコン業界に用意されているから。

しかし卸売り市場はずっと残るのに対して、五輪なんか終わってしまえばその後の運営管理がものすごく大変になりかねないお荷物を背負い込むことになるから、本末転倒なんですね。いや本当。

東京湾にカヌー競技場が残ったとしても、相模湾とか房総半島にいくらでもきれいな海があるから、アスリートたちは東京湾のドブでトレーニングするとは考えられない。

森は「いくらでも予算をつかってどんどんジャブジャブお金をつぎ込め」と言ったけど、神社の秋祭りの屋台のようなものに予算をつぎ込んでどうするの。市場の方がよほど大事でしょう。んなこともわからないのかなぁ。

しかも豊洲に使った予算は築地を売却する差益でカバーするってじゃないの。それってバブル時代の地上げの理屈ですよ。

築地が高値で売れる目算はどこから出てる? それこそ裏で話がまとまってるんじゃないかな。三菱地所とかとさぁ。

近くに聖路加病院とかあるよね。不動産評価価格が一気に上がれば、叩き売ってどこか他へ移転しても利益が出るんだしさ。いくらでも裏金は飛び交うことになる。病院施設はそのまま残るんだから徳洲会とかが買うんじゃね?

森は何パーセント受け取るの? 見え見えじゃん。

そこまで裏取引が進んでいたとすれば、仮定の話、こりゃ移転は止められませんよ。ズルズルと斜面を滑り落ちるダンプカーを人間が引っ張り上げようとしてるようなもの。とてもじゃないが引きずり込まれるのがおち。そして使い勝手が非常に悪くなった魚屋さんたちは、売値に反映するしかない。つけは全部消費者に回って来ることになる。

だって、福島第一の汚染水対策はどうなったの? 凍らない凍土壁とか作って遊んで、結局海に垂れ流してるだけじゃん。地元の漁業はできないままで放置され、いつしかマスコミも言わなくなった。ウヤムヤで終わるんだよね大抵こんな大事は。

あれと同じことになりそうな気がする、豊洲も。




あのね、すぐ近くにとても参考になる「お手本」があんのよ。

韓国ソウルの第2ロッテワールドタワーのこと。2011年の着工で2016年10月に竣工予定だけど、2014年の9月にプレオープンしてテナントなんかも入って営業を開始してる。映画館とか水族館なんかも。

ところがこのビル、営業を開始してからいろんな事件・事故のオンパレードでいちいち列挙することが困難なほど。周辺の道路や歩道が陥没してるのもこのビルが原因ではないかと言われてる。

そのためにどんどん客足が減って、いったん開店したテナントが次々と閉店してる状態。

床や壁にひび割れが発生してエレベーターは止まるわ扉は外れるわ水族館では漏水が起きた。いかに無謀な韓国人も命を賭けてまでそんなアトラクションに出向くはずもない。営業中の百貨店が崩壊した経験がある国民ですからね。

豊洲の新市場は、下手すりゃソウルの二の舞になってた危険性が高いわけ。

移転して築地も解体された挙句に有害物質が検出されたりすれば、市場の人たちは行く所がなくなるから、廃業か東京脱出ですよ、間違いなく。

そうなる前にボロボロだとしても築地があるうちにいったん立ち止まることができた点は、日本と韓国の違い。

豊洲は下手すれば『第3ロッテワールド』になるところだったかも知れない。

東京都の皆さん。

首を洗っておくべき時期かも知れませんぞ。





コメットさん再登場

衆院本会議が始まった。安倍首相の所信表明演説の評価は人それぞれだろうから口は出さない。

しかし蓮舫のあの恰好は何だろう。いやしくも野党第一党の代表である人物が、常識的な服装ではなく、あれでは「杖を忘れたコメットさん」だ。お姫様ルックで何をしようとしているのか。

民進党に興味がある人もない人も、アレでは幻滅するしかない。

ノックを府知事に選んだのは大阪府民だったが、モデルを党代表に選んだ民進党は大失敗だったことに今日一日で思い知ったはずだ。

国籍がどうだこうだと言う前に、本人の資質が政治家に向いていない、単に目立ちたいだけだ。願わくば日米同盟に亀裂を入れてやろうとしているが、そんなそんな、彼女にも民進党にもそのような力量は備わっていない。

そう言えば自民党にも居ることは居た。ピンクの豚とか紅の豚とか。政治以上にしたいことがあるらしい。

それは、土建屋とか農協の手下とか、あらゆる分野で「族」になっている政治家の足元を見抜いているからであって、高をくくっているからだ。

「どうせこんな奴らができる政治なら、私にでもできるわよ」というヤツだ。ピンクの豚にしろ、紅の豚にしろ、コメットさんにしろ。

特に民進党の場合は鳩山とか菅とか仙石とか野田とかが反面教師だったから、「あんなので通るのなら」とその気になったとしても無理はない。

だけど本当にコメットさんで登場してどうするの。バカじゃない?




この国の左翼は、間もなく終了します。蓮舫を見ていてください。





根は同じ

ヤバ系の話題だから、相当にボカして書きますが、東京の中央卸売市場の豊洲の問題と、宮内庁長官人事が異例づくしになってる点と、韓国経済がサムスンとハンジンとで絶体絶命の状態になっている件と、もうアレもコレも全部つながってるということが見えて来たんです。

宮内庁人事と韓国経済と何の関係があるのかって? 言えない言えない、知りたきゃネットソースを探るしかない。

「信濃町」という隠語があるでしょ? そっち方面につながって行くんですね、だからヤバいのよ。

さらに港区赤坂に本部を置くのが指定暴力団のひとつの住吉会なんですが、こっちは豊洲に関係して来る。つまり自民党都連であって、表の顔と裏の顔が次第にわかって来ている。それにからんだ人物が宮内庁にもいたということ。

ま、これ以上は勘弁してくだせぇ。

それにしても石原さんちの小せがれはどうしてるんだろう。



我々日本人は、天皇制を不用意にいじることを許してはいけなくて、日米同盟を阻害させる行為も許してはいけない。被爆者二世の私が言うのだから間違いない。核兵器の威力はヒロシマ・ナガサキの民間人が犠牲になって世界に知らしめたもので、それをもっていまだに「抑止力」になっている。廃絶せよというのであれば、代わりにどのような「抑止力」を用意するのか。ヒロシマ・ナガサキの犠牲を無駄にさせてはいけない。

大河ドラマの「真田丸」を観ていて思うのですが、戦争を終わらせるということは、人格がどうとかいった問題とは別に、民を守るという最大テーマに焦点を絞った話なんですよ。日本文化が最大限に花開いたのも戦乱の世が終わったから。

徳川家康を「嫌な男」と描こうが「好人物」と描こうが、太平の世を作ったことは間違いなく、大東亜戦争を終わらせたのが昭和天皇だったこともまた事実。

皇太子殿下のお嫁さんの実家が外務省に影響力を持っているとかで、女系天皇制をどうだとかこうだとか。安定を不安定にしようと画策してる。

そういった「雑音」が「雑音」として社会に認知されつつあるんですね。

今まで黒子は認識されていなかったんだけど、裸の王様ではないけれど「見えてるじゃん」と誰かが言い出した。すると、あっちでもこっちでも黒子がはべっていたことがわかって来た。まぁそういうことですよ。

朝鮮総連の本部ビルがどうだこうだと言ってるけど、あれって朝鮮銀行が原因を作った。新大久保がシャッター街になったのも韓国系の銀行が不正融資をやったから。すべてはカネにまつわることでシロアリが繁殖するんだよね。

豊洲移転だ? シロアリが来るはずじゃん。そしてその先にあるのはオリ・パラでしょ? 絶体絶命の朝鮮人が放っておくはずないじゃん。森が小池を嫌う理由がわかる? 舛添が都知事選挙を戦った際に、誰が応援してました? 忘れたとは言わせませんよ。



何度も言いますが、全部つながっています、はい。





腐敗するNHK

NHKの籾井会長が受信料の値下げを検討するように理事らに指示したが、幹部連中は渋っているという話だ。

我が家は地上契約もBS契約もしているのだが(最近やたら再放送が多いな)と感じていた。

かつてNHKのBSチャンネルは3つあって「BS1」「BS2」「BS-hi」だったが、これが「BS1」と「BSプレミアム」の2局になった。チャンネルが減るということはそれだけスタッフを減らすことができるし、番組の制作費用も減らせることになる。

加えて再放送を多用すれば、それだけ新たな番組を制作する必要がなくなるのであって、コストをどんどん削減することができる。

報道番組とスポーツ中継などは再放送が使えないだろうけれど、それ以外は本当に数年落ちの再放送が目白押しの状態だ。NHKの制作スタッフは仕事をしているのだろうかと疑いたくなってくる。

つまり自動車のディーラーが中古車を売っていたり、ユニクロが古着をあつかったりしているようなものだ。それで「値下げを検討しろ」とトップが言ったら、理事会が渋っているという。いったいどういう組織なのだろう。チャンネルは減らすわ、番組制作はさぼるわ、古米でメシを食ってるようなものだ。

こういった「何か変だぞ」という感覚は国民の多くが感じているはずなのだが、マスコミはいっさいをスルーしている。絶対にNHK批判をすることがない。あったとしても関係者が刑事事件を起こした時くらいのものだ。

批判が多いチンピラのような代行者に契約集めをさせながら、毎月毎月莫大な資金が流れ込むシステムを執っているNHKは、みずからの社会的使命を忘れつつあるのではないか。でなければ再放送がこれほど増えるはずがないのである。

国立公園の空撮映像とか、ドラマのオチがわかりきっている朝ドラの再放送とか、アーカイブ資産を使っているだけだ。制作局員は鼻ちょうちんで居眠りしているのだろう。

国民健康保険とか年金保険料などのように、自動的に入金が入るシステムは、関係者の緊張感がどんどん下がってしまう。箱もの行政で自治体の未来を破壊したのは北海道の夕張だったが、カネが勝手に入って来る仕組みは関係者を腐敗させることになる。いわばニートだ。せめてフリーター程度の仕事はしてもらいたい。

NHKの受信料が月額100円ほども下がったからと言ってほとんど影響はないが、全国規模だと何十億円になるだろう。その分新たな番組を制作してもらいたいものだ。

これから日本は急激に高齢化社会に突入する。つまりテレビで時間をつぶす人口が増えることになる。いつまでも再放送でごまかせるものではない。番組は作ってなんぼ。それが放送局の本分である限り。



それと、ついでに言っておくが、受信料で成り立つNHKのアナウンサーは入局後に教育を受ける。この資金は視聴者から集めている。つまり一般の会社の研修とは訳がちがう。

それを自分の権利でもあるかのように、人気が出た者からフリーになって民放へ行っている。そんなのに研修費をつかって脱走者が続出してる。穴があいたバケツに水を入れてるようなものだ。

受信料の有り難さが理解できていない。そこから始めないと、何をやっても無駄ですよ、籾井さん。




アーケードが造れない

9月21日配信のレコードチャイナの記事から。

(引用ここから)

2016年9月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府が数千億ウォン(数百億円)の予算を投じて設置した伝統市場のアーケードの半分以上が、安全点検で「不十分」や「不良」の判定を受けていたことが分かった。さらに、そのうちの多くが補修されないまま放置されているという。

20日、中小企業庁が与党・セヌリ党議員に提出した資料によると、2013年から2016年に韓国施設安全管理公団が全国328カ所の伝統市場に設置されたアーケードの安全性を点検した結果、161カ所(49.1%)が「不十分」、19カ所(5.8%)が「不良」の判定を受けた。「不十分」は施設の全般にわたって欠陥や損傷があり、補修や補強が必要な状態で、「不良」は緊急で補修や補強をするか、使用を制限するかどうかを決定しなければならない状態をいう。

(中略)

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「日本のまねをして設置したアーケード。安全性も含めて完璧にまねできないのなら初めからするな。恥をかくだけだ」

「韓国が日本に追いつく日はまだまだ先のよう」

(引用ここまで)

なぜか韓国人はとかく日本と自国を比較したがる。兄と弟のようなもので「兄ちゃんが持ってる物は、僕も欲しい」という駄々っ子のようだが、戦闘機にせよヘリ空母にせよろくに運用できないどころか、上記の通りにアーケードすらも造れないらしい。このままだと連続している微弱地震であちこちの伝統市場がつぶれるかも知れない。

これをネチズン(ネット住民)たちは「税金を横取りするヤツがいるからだ」と非難するが、横領がなければまともな物が造れるのかと言うと、どうもその辺は確証がないらしい。

韓進海運の不祥事が他の財閥に波及するとされている韓国だが、もともとあの国に財閥が生まれたのは日韓基本条約による日本からの援助金だ。それを朴正煕が国民に内緒で財閥を作ったが、こうやって簡単につぶれようとしている。砂上の楼閣とはこのことだ。

韓国の高官が渡米した際に、アメリカの政府要人に「日本を仮想敵国に設定したい」と言い出してこっぴどく叱られたという。しかしそのことを日本が聞けば「どうぞご勝手に」と言うだろう。

アメリカに叱られようが何しようが、彼らの気持ちは「反日」なのだから「旭日旗を掲げた自衛艦は寄港させない」という事例があったじゃないか。




勝海舟の本を読むと幕末期の日本の技術力が良くわかるが、鋼鉄での造船技術を持たない日本は欧米列強の植民地支配の危機に瀕していた。

そのために島国日本を守るためには海軍が必要だとして、勝は神戸に海軍伝習所を開き中古の軍艦などを欧米から買い付けた。その生徒たちの中にいたのが坂本龍馬だったのであり、操船技術を学んだ。

やがて坂本は長崎に亀山社中という商社を創り、いろは丸という貨物船でグラバーから買い付けた兵器(ライフル銃)を運搬している途中、瀬戸内海で紀州藩の船と衝突して沈没する。

坂本は万国公法を武器に論戦を挑み、紀州藩から莫大な賠償金をせしめる。一説によればいろは丸には兵器など積み込まれていなかったという。もしそうであれば坂本は立派な詐欺師だ。

その後、紀州藩の巨額賠償金を受け取る前に坂本は京都で暗殺されるんだけど、直後に亀山社中の会計担当だった岩崎弥太郎が長崎で造船業を始めている。外国船が出入りする港だったから。

つまり三菱財閥の資金源は紀州藩の賠償金ではないかってのが通説になっている。(岩崎は坂本よりも後藤象次郎に近かった)

つまり日本では、欧米に学びながら操船技術や造船技術をマスターしつつあったのが幕末から明治初期にかけてのことであり、その頃まだ朝鮮は李朝時代で両班と奴婢がいた時代だ。両国の識字率は比較にもならない。

日本は欧米のアジア侵出を受けて清国やロシアと戦い、大砲や戦車はもとより、軍艦や戦闘機までも国産化している。

日本光学(ニコン)や旭光学(ペンタックス)が優れたレンズを生産したのも、爆撃機に搭載する照準器が必要だったからだ。

つまり三菱自動車から技術指導を受け、東芝から半導体技術を盗みして発展した韓国の工業力とは基本的に違うのだ。比較する方がどうかしてる。




だから、韓国のアーケードが完成しないのは、政治家が横取りしているからではなくて、韓国には建築の基本が根付いていないということになる。何でもかんでも「政府が悪い」「政治家が腐敗している」と言って誰かを悪者にしなければ気が収まらない民族だが、自分たちの足元を見ようとはしない。そこに気が付かなければ『千年たっても変わらない』だろう。

台湾の黄文雄氏は言う。「朴槿恵は日本に『抱き付き心中』を計ろうとしている」と。没落しつつある国と金融的に関わるのは、とても危険なことである。

月面に国旗をはためかすと言っていたが、手始めにアーケードから始めてはどうだろう。



お後がよろしいようで・・・







襟を立てるか正すのか

もう何年前だったかな。NHKの女子アナが、やたらスーツの襟を立てていた時期があった。膳場とかクロ現の国谷とかがよくやってたし、その影響で地方局の女子アナまでが真似し出した。

いわゆる「キャリア」を示そうとしてたのかも知れない。

しかしジャーナリストではない、ただのアナウンサーがそんな恰好をすることの滑稽さが次第に自覚できたのか、少なくともNHKの女子アナはそんなスタイルをしなくなった。

それとも時代が変化したのだろうか。

だとすれば、蓮舫や小池百合子は『時代遅れ』もはなはだしいということになる。(あくまでもファッションセンスの話だが)

スーツの襟を立てるというスタイルは「トラッドに反逆する」という意味があって、それはズボンを腰で履いたり、革靴のかかとを踏みつぶしたり、あるいは野球帽のつばをまっすぐにしたりする子供じみた自己表現のように見えて来る。

「ヨーヨー」と言うSEALDsのラップを思い出すのだが、蓮舫の『襟立て』とSEALDsはどこか共通しているからわかりやすい。

いわゆる『主流』になれない者たちのむなしい抵抗なのだが、なぜNHKの女子アナまでが一時期染まったのかはわからない。

『主流』になれないと言えば石田純一がそうだったが、裸足で靴を履いて都知事に立候補しようとしたのだろうか。

少なくともこの国は極端な高齢化社会に突入しつつあって、彼ら団塊の世代の価値観はどうであれ「襟立て」や「腰パン」を許容するとは思えない。




恰好で人を判断するのは良くないのかも知れない。しかし、その人の「自己表現」は「価値観の表現」でもあるのであって、香水の匂いをプンプンに漂わせた病院の看護師などに出会うと頭を抱えてしまう。

だから私は、蓮舫にも小池にも、近寄りたくない。

政治家としての『表現』は、政策で見せてもらいたいものだ。




ちなみに蓮舫に「白い服が似合う」と進言したのは田原総一朗だとか。政治と何の関係があるんだろう。

そう言えば国会に「紅の豚」が居たこともあったな・・・

『女性参画社会』ってそういうことなんだろうか。




あるシナリオ

昨年の暮れぎりぎりに日韓合意なるものが成立した。これは従軍慰安婦の被害者たちに対して医療費などの補助をおこなうために基金を設けましょうということに関連して、合意した以上は二度と蒸し返さないという約束でもあったわけ。

これは互いの利益が半々に入っているのであって、どちらか一方の利益だけがおこなわれたものではない。

その「二度と」という部分が韓国側にとっての負担であって、資金は欲しいが「二度と」は嫌だというのであれば、そもそも合意は成り立たない。

だから韓国政府としたら従軍慰安婦の件を取り上げられなくなっているのであって、勝手に騒いでいるのは民間団体だというのが苦し紛れに出て来た言葉だ。

だとすれば、それは日本国内におけるいわゆる在特会の「ヘイトスピーチ」と同じであって、民間団体が勝手にやっていることだ。

韓国政府が「挺対協」を放置するのであれば、日本政府も「在特会」を放置してどこがおかしいのだろう。

ただ、日韓両国が決定的に違っていることとは、日本政府は明確に日米同盟を謳っているのに対して、韓国政府は中国と米国を天秤にかけていることだ。

態度を明確にしていない。と言うよりも、明確にできない。

北朝鮮がどれだけ軍事技術を開発しようとも、韓国は本気で戦争再開するつもりがない。そのつもりがあるならば、あんなつぎはぎだらけの韓国軍を造るはずがないからだ。本気がないから、めちゃくちゃな軍艦や戦車や小銃を造ってしまっている。

そして「統一すれば北の核兵器は我々のものになる」と寝言のようなことを言っているが、北と南が統一されれば、100%韓国人の生活レベルは原始時代に舞い戻ることになる。

先進国を自負している現在でさえが、貯水池がゴミだらけになっているのに、そこへ北の人民が流れ込んで来たらどうなるか、猿にでもわかろうというものだ。

最近、北朝鮮のエリートたちが次々と脱北して韓国へ亡命して来ている。彼らは今の韓国人よりも優秀だ。

ちょっと考えればこれは不自然だ。わざわざ危険を冒してまで北朝鮮から逃げ出したのに、わざわざ韓国へ逃げ込むのは合点が行かない。北朝鮮の人民軍は明日にでも38度線を踏み越えようとしていることは、北の人民は知り抜いているはずであって、そんな場所を避難先に選ぶのはどう考えても不自然だ。

つまり彼ら脱北者たちが何を考えているかというとただ一つ、「北による統一」であってその際には金一族は粛清もしくは海外逃亡しているだろうことを想定しているということだ。

いずれにせよ北の主導によって統一が成されるのだから、早めに南へ入って自分の地盤を築いておこうと考えているはずだ。でなければ韓国などではなく、アメリカかどこかを亡命先に選ぶはずだ。

南北に分かれて戦争をしたベトナムはどうだったろうか。敗れた南ベトナム人は北へ行ったか? アメリカへ逃げたじゃないか。なぜ北朝鮮人だけが南へ行きたがる。不自然だ。

つまりこういうことだ。

南朝鮮(=韓国)は中国と米国を天秤にかけて、美味い汁だけを吸おうとしている。だから中国にせよ米国にせよロシアにせよ、最後の最後は南朝鮮の味方はしないという読みが成り立っている。THAADミサイル配備にしても、朴政権はいつ反故にしてもおかしくない。

しかしそうなった時でも中国が韓国を見直すかと言えばむしろ逆だ。「信用できない国」というレッテルが確定的になる。だから国際的に孤立するのは、中国よりも韓国が先だということになる。

貿易で成り立っている韓国が国際的に孤立した場合、国家として存在することはできなくなる。だから北による民族統一の方向へ進むしか道は残されていない。

そうした先読みはもはや確定要素だとした上で、朝鮮戦争を戦った米中が直接交渉に入っている。

具体的な話は次期アメリカ大統領の仕事になるだろうが、ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮や経済がガタガタになっている韓国を抜きにして、米国は中国と直接交渉に入らざるを得ない。プーチンを横目でにらみつつ。

だから安倍外交はロシアとの直接交渉に入っている。クリントンになろうがトランプになろうが、プーチンと互角に渡り合える器でないことは確かで、安倍政権は自分の足で立ち上がるしかないと踏んでいる。

そして、仮に北朝鮮体制が正恩を追放もしくは粛清したとすると中国がかくまっている正男を担ぎ出すはずだ。朝鮮民族の統一は正男を頂点とする国家になり、しかも核放棄という手段で米国との関係を改善することになるだろう。北朝鮮の労働党は解体され、中国の影響下になる共産党になるかも知れない。

現にアメリカと中国は国交を結んでいるではないか、朝鮮が共産党独裁になったところでアメリカと絶縁すると決めつけるのは無理がある。

これらのシナリオはアメリカと中国との間で交わされていることかも知れない。

では、日韓(日朝?)関係はどのようにして回復させるだろう。日韓基本条約の再締結だ。日本にとって現在の韓国は何も価値がない存在だが、南北が統一されればまだ開発されていない北の地下資源が日本の魅力に替わる。絶対に国交断絶することはない。

断絶すれば北の地下資源はロシアか中国が手を出して来る。日清・日露戦争の二の舞だ。

むしろ再生朝鮮と日本が結びつくことによってロシアとの足掛かりができる。それは一重に中国包囲網の一歩前進でもあるわけだ。

南朝鮮(=韓国)の怠け者たちは、脱北者らによって押しのけられるだろう。歴史は繰り返す。日本への不法移民となるだろう。

日本はそのことに目を光らせておかなければならない。在日韓国人に籍を移した人々は、朝鮮籍に戻るのだろうか。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR