どっちがどっち

あるとき女子社員から質問された。「ショベルとスコップって何がどう違うんですか?」

机を並べていた同僚も「ん~」と唸って黙り込んだ。

「ショベルっちゃぁ工事用の大きなヤツで、スコップっちゃぁ園芸用ではなかったかな」と私はあやふやな返事をしてしまった。

わかったような、わからないような不満げな顔で彼女は部屋を出て行った。

その後ろ姿が見えなくなって始めて同僚が口を開いた。

「コマツのショベルカーとかあるくらいだから、先端がまっすぐになってるのがショベルで、先がとがっているのがスコップじゃないかな」

するとそれを聞いていた上司がこう言った。

「バカお前。作業員は尖っているのを『剣スコ』、まっすぐなのを『角スコ』と呼んで区別してるんだよ。だからどっちもスコップさ」

「ってことは、ショベルは片手で使う小さなヤツですか?」同僚も納得がゆかない顔になった。

ありゃりゃ、私もどっちがどっちだか分からなくなった。

今のようにインターネット検索とかできる時代じゃなかったから、昼休みに近所の図書館に行って小学館の大百科事典を開いた。

「ショベルは英語の「shovel」から来ていて、スコップはオランダ語の「schop」から来ているという語源の違いだけで、形状による区別はない」と書かれてあったように記憶している。

しかしその回答では女子社員は納得しないだろうと思って、伝えることはしなかった。「トビウオ」か「アゴ」かの違いと同じなのかも知れない。

ちなみにJIS規格では肩がまっすぐで足をかけられるのがショベルで、なで肩で足をかけられないのがスコップだと定義しているらしいが、そのことを知っている現場作業員に出会ったことは一度もない。



農作業で使うクワを漢字で書くと「鍬」となるが、スキを漢字で書くと「鋤」となる。見た目だけでどっちがどっちだか、おそらく最近の農家の後継者でもわからないかも知れない。

『針で掘って鍬で埋める(こつこつ努力したものを、いっぺんに駄目にする)』という言葉がある。政府閣僚の失言を思い出す。





スポンサーサイト

仕掛け人

見なよ、これがTBSの実態。在日であろうとなかろうと、朝鮮人だらけで完全に末期状態。

↓サンデーモーニングのプロデューサー金富隆。(富の後のスペースは金の後ろに付けるべき悪意)

サンモニプロデューサー


↓Nスタディレクターの朴

NスタD


↓ドラマディレクターの韓哲

tbsディレクター韓哲(ハンチョル)


良いんだよ別に、外国人がテレビ制作をやったって。ただ、韓国が自分で選んだ大統領を自分で引きずり降ろして経済がメチャクチャになってしまい、次に選ばれた大統領が公務員を増やすだの最低賃金を引き上げるだの「国家の瓦解」に拍車をかけている。オリンピックまで南北共催だとか言って。そんな国が漁業協定で未来志向だなどと日本に譲歩を求めてる。G20で安倍と文とが会っただけで。

不可逆的な合意を破棄するだ何だと言ってる相手と協定なんか結ぶわけないじゃん。バッカじゃね?

安倍ちゃんは徹底的に韓国の悲鳴を無視してるから、日本国内の韓国国籍者が青くなったり目を三角にしたりしてるわけ。それは北朝鮮も同じで、アメリカに振り向いてほしくてミサイルとか打ってるんだけど、米軍は爆撃機とか飛ばしてる。窮地に陥った時に何をすれば良いかが南北ともにわかっていない。それが朝鮮族の正体なわけ。

だから「サンモニ」にしても「Nスタ」にしても「ひるおび」にしても方向違いのことをやってるわけ。時間の無駄どころか結果をどんどん悪くさせている。旅人のコートを吹き飛ばそうとして、びゅーびゅー北風を吹かしているわけ。

TBSと言えば強姦容疑の事件があったんだけど、あの自称被害者という変な女の記者会見はその後どうなったのだろう。見事に立ち消えしたよね。

「貧すりゃ鈍」という言葉があるけれど、2回目の閉会中審査で野党民進党は加計学園の件を深堀りするのではなく、どうやら稲田朋美発言に狙いを変えて来ると目されている。「森友」と来て「加計」と来て、加戸前愛媛県知事や京都産業大学の副学長、あるいは京都府知事の証言などから前川の悪意があったことがなかば公然の事実となって来たために、狙いを稲田に移したらしい。

手弁当でどこかの空き地でやってくれる分には「好きにしろ」という話なのだが、国会でこれを延々とやられると国民の血税がどんどん消費されてしまう。いい加減でケリをつけなければならない。

山尾のガソリン問題にせよ辻本の生コン疑惑の件にせよ、風向きが悪くなると放り出して知らん顔になり、次の揚げ足取りに怒鳴り声を出す。先日の蓮舫の記者会見もそうで何も結論が出たわけではなかった。そして森友になり加計になり今度は稲田だ。稲田がダメなら地方創生担当相の山本がいる。「学芸員はガンだ」と言い放った男。稲田は早稲田大学法学部の出で司法試験に受かった弁護士。山本は東京大学経済学部を出て旧大蔵省に入っている。

青山繁晴氏が言っていたけれど、こうした高学歴の者の特徴として「回答が用意されている問題を解く技術に特化した学習を繰り返した者であり、別の言い方をすれば、回答が用意されていない想定外の事態に対する処理能力は持ち合わせていないということになる」のだそうだ。だから自然災害や原発事故などで良い経歴の役人や政治家が右往左往することになる。陣頭指揮を取れる者がいないわけだ。

だとすれば、野党が国会で学校経営の問題にしがみついている間に北朝鮮の長距離ミサイルが飛んで来たら彼らはどのように対処するのだろう。日本国憲法にはこうある。『国の戦闘権はこれを認めず』。彼ら高学歴の政治家が欲しがる回答はコレですよ。「国民は黙って殺されろ」という憲法なわけ。その憲法の不合理な部分を変えて行こうと言い出したのが今の政権であって、野党の連中がハチの巣をつついた騒ぎになってるわけ。新聞テレビを巻き込んで。NHKまでが「やれやれ、もっとやれ」と煽り立てているありさま。



しかしテレビ見ながら煎餅食ってるようなメタボの主婦が「安倍政権は信用できない」と主張する。TBSなんかの騙しに踊らされて。

あのー、TBSの情報番組って、韓国人が仕切っているんですけどー。

学校が夏休みになるから、お宅のお婆ちゃんが昼間なにをやってるか見てごらん。世論調査がどうしてあんなことになっているか、理由がわかるから。

あと、北部九州で豪雨災害があったけど、本当は韓国でも死傷者をともなう洪水が起きているんだよね。でもさ、義援金を募る報道は日本では一切ないでしょう? 冷たいやつらだ。




話の根っこがつながった

あーいろいろつながって来ちゃった。丸ごと種明かしが始まっている。

どこから話そうか。戦後日本の主権から始まっている。

この北方領土だとか竹島とかの主権を主張しようとしたのが教育基本法の改正だったのであって、GHQがメチャクチャにして行った日本の教育を正しく修正しようじゃないかという動きがあったわけ。

ところがコレに激しく抵抗した文教族があって、今風に言えばパヨク。コレが文部省内で「ゆとり教育」を推進した一派だったわけ。「休日は増やせ」「詰め込み教育はやめろ」「運動会の一等賞は禁止しろ」、つまりスマップが歌った「ナンバーワンにならなくても良い、元々特別なオンリーワン」というヤツだ。「ジャパン・アズ・ナンバーワンをやめよう」という歌だった。

その結果がスマップの将来を暗示していた。「元々特別なオンリーワン」なのだから一人ひとりがそれぞれ生きて行くだろうけど、ナンバーワンを目指している野球やサッカーの選手たちには通らない歌だった。

その「ゆとり教育」というバカげた時代を作ったのが前川たち文科省の歴代事務次官だったというわけ。日本の国家主権を生徒に教えてはならないと説いた人物だ。どんな思想なのかはここではっきりする。

そして、このことは文科省だけに限らず農水省だったり国交省だったり外務省だったりその他の省庁だったりして、これらはGHQが巧みに仕掛けて行った「日本の右傾化を防止するための仕掛け爆弾」だったということが徐々に明らかになって来ている。

日本が再び右傾化すればまたアメリカに歯向かって来ると恐れたマッカーサーは、いろいろな仕掛けを残して行った。そのことを日本人より先に気が付いたのが中国だったというわけ。日本の国家主権を封じるために。「平和憲法を護れ」というキャッチフレーズで日本の手足を縛り続けようとした。その延長線上に福島がいたり辻本がいたり前川がいたりしたわけ。

子供の教育というのは、その国家が強くなるか弱くなるかのリモコンの役目をするので、前川たちの役目は重要だったわけ。そこで生み出されたのが「ゆとり教育」だった。アレを受けた子供たちは二度とカミカゼにはならないだろう。愛国心を否定するのだから。元々特別なオンリーワンだからである。




そして、狂牛病だの鳥インフルだのとウイルス事故が連続していた頃に愛媛県が獣医の充実を求めたが、地方創生担当大臣だった石破が獣医師会に絡め取られた。獣医師会は増員されては食い扶持が減るので大学の新設には絶対に反対だった。そこで「石破4条件」を出させた。

「日本獣医師政治連盟」というのは政治団体であって委員長は北村直人(小泉内閣当時に農林水産副大臣を務めた獣医師資格を持つ北海道・釧路を地盤とする元政治家)だ。「日本獣医師会」は社団法人であって平成27年当時の会長は自民党福岡県連会長の蔵内勇夫。この二人が地方創生担当大臣だった石破を口説き落とした。「(獣医)学部の新設は誰がどのような形でも現実的には困難」と言わせたのである。この時点ですでに石破という人物の能力の高低が見て取れる。政治改革や行政改革ができる器か単なる鉄道オタクかどうかという適正審査でもあったわけ。

第二次安倍政権の目玉は「日本再興戦略」だったのであり、言葉を替えれば「マッカーサーを否定しよう」と言ってるのと同じだ。石破は総裁選に敗れた人間だ。その石破を獣医師会は篭絡した。「安倍の足を引っ張ってやれ」との意思がどちらから出たものであるかははっきりとしないが、石破が安倍政権に批判的であることは間違いがない。結果として獣医師会の希望に沿ったのだから。

その獣医師会の利権に沿うように文科省の天下り作戦が重なって来る。退職役人の再就職先に大学の教員席を準備してくれるなら、多少の手心は加えてやるよというわけだ。つまりマッカーサーが仕掛けて行った時限爆弾にまんまとはまった格好だ。日本人は骨抜きになっている。草葉の陰でマッカーサーは笑いが止まらないだろう。




まだまだある。医薬品業界ではタミフルだのサーバリックスだのと訳のわからない薬が横行して、ワクチンの不正製造をやった化血研は業務停止を受けた。厚労省の汚染は舛添大臣以前から始まっていたと考えて良い。

だから、これらの事件を個別に見て行くことも大事だが、マクロ的な視野を持って「何がおこなわれているのか」を読み解く必要が出て来ている。少なくとも新聞テレビのマスコミ報道が信用できないということは、先日の閉会中審査の青山議員の質疑で明らかになっている。翌日の報道機関は一斉に「なかったこと」にしてしまった。あれでは自分の正体をバラしたも同然なのだが。

そして前愛媛県知事の加戸氏の発言を徹底して削除したメディア各社があったということは、すでにマッカーサーではなく中国の意思が日本に浸透していることを示している。

最後は自分の頭で考えよう。




海の日

皇籍から男系宮家が排斥されたのは、敗戦後に乗り込んで来たマッカーサ率いるGHQの企みだった。

彼(マッカーサー)はフィリピンの司令官をしていたが日本軍の攻撃を受けて、兵士を残して撤退せざるを得ないという軍歴の汚点を残した人物であって、その点では韓国の李承晩と似通った部分がある。

これへの私怨が深かったことから、長い日本の歴史を根絶やしにしようとあれこれ部下に調べさせた。するとある研究者がこんなことを報告した。「徳川幕府がなぜあんなにも長期政権が得られたのか。それは男系の将軍分家を作ったからですよ。御三家とか一橋家とか。今の天皇家を早期に終わらせるためには、男系の宮家を禁止することが有効ではないでしょうか」。

私怨に燃えたマッカーサーはこのアイディアに乗ったわけ。それはアメリカが積極的に関与したのではなく、天皇家が自然消滅してゆく道筋を付けたにすぎない格好にするためだった。悪いのはアメリカではなく、あくまでも天皇家自身のせいだという形にする必要があったから。

つまりマッカーサーが執った「男系宮家の廃止」とは、アクセルペダルから足を離して、エンジンブレーキによって自然に停まるように持って行こうとしたわけ。

ところが、時は流れてリーマンショックによって麻生政権が終わると、日本は民主党政権になった。国民の気まぐれが生んだ結果だった。

小沢は大勢の議員団を引き連れて中国詣でをやらかした。鳩山は辺野古移設が決まっていた沖縄米軍基地に「最低でも県外」と言ってひっくり返した。そして野田が何をやらかしたかと言うと、実はマッカーサーが「自然消滅」を目論んでいた皇室の終焉を加速させようとして「女性宮家」を主張し始めた。つまりエンジンブレーキで自然に停まるのではなく、積極的にブレーキペダルを踏むという作戦だ。最近の話ではなく野田政権の時のことだ。それで初めて国民は「皇室典範の改正」という文言に触れることになった。

「皇室典範の改正」という話は第二次安倍政権になってから巻き起こった話ではない。民主党政権時の野田がやらかしたことだったのだ。

そして最近になってNHKが「天皇陛下の生前退位」をスクープし、秋篠宮真子親王が婚約される運びになった頃、またぞろ野田が「女性宮家」を言い出した。

すでに蓮舫率いる民進党は余命いくばくもないことは誰の目にも明白なのだけれど、泥船から逃げ出したネズミの多くが「都民ファースト」や「日本維新の会」に逃げ込んでいる。彼らはきっと野田の作戦の指示を受けているはずだ。
蓮舫民進に反旗をひるがえした細野(モナに遊ばれた男)も皇室典範の改正派だから、野田内閣時の閣僚たちにはそういった価値観が浸透していると見て良いだろう。

蓮舫が怖いわけではない、これら工作員があちこちの政党に紛れ込んでいるから厄介なのだ。今は音無しの構えに出ている前原と小沢も不気味だ。まさか北京から何がしかの指令が来ているのだろうか。

自民党が民主党から政権を奪還した際に、多数の一年生議員を生み、それが「魔の二年生議員」となって安倍政権の足を引っ張り始めた。

ここでもし日本国民が「二度目の気まぐれ」で安倍政権を見限るようなことがあると、真っ先に危険なことになるのは皇室の存在だということに気付こう。それが野田の狙いであって、蓮舫民進党などどうでも良いと奴は考えている。前原や細野が蓮舫民進を大切にしていると思うだろうか。玉木や小西によって「捨て石」にされているに過ぎないのだ。

受け皿があるのないのと騒いでいても、実際に東京都議選では海の者とも山の者ともわからないような「小池ファースト」が勝利したではないか。票の遣い方を知らない有権者が多すぎる。

3000年近く続いた皇室が断絶してからでは間に合わない。有権者の気まぐれがそんな結果を招くとはまだどこの誰も説明していない。



「海ゆかば 水漬く屍 山ゆかば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへりみはせじ」

今日は海の日だ。



スネにある傷

維新の足立議員が面白いことを言っていた。籠池が建設見積もりを3通用意して補助金をごまかしていた件は、土建業会では良くあることだそうだ。だから加計学園にしてもピカピカではない可能性があるという。学校法人経営であれば大なり小なり補助金に関する操作はあるかも知れないという意味だ。

だから大阪府は府知事の指示で府内の学校を調べ直しているという。これを全国的にやったら、文部行政の不適切が明るみに出ることで逆に加計と安倍の友人関係だけのことではなくなる可能性が出て来るという。

そうなると前川喜平が騒いでいたメモの有る無しは関係がないという結論につながって行く。このことは民進党にとってもマスコミ各社にとっても「計算違い」の失点につながって行く。面白い観点だ。




ところで獣医学部の新設をあきらめた京都産業大学の黒坂副学長が昨日14日記者会見を開いて、計画断念に至った経緯を発表した。

もともと我が国には獣医学部の教授の能力を持つ人材が限られていて、十年前から準備して来た加計学園と対抗できるだけの教授を用意することは不可能だったとした。

同大学はホームページでも説明しており、不等に外された事実はなく準備不足が理由だったとしており、地域的条件も断念の理由ではないと断言した。

したがって本件に関する不透明さは完全にマスコミと民進党による作り話だったことが明らかになっていて、この記者会見そのものを報道各社は取り上げていない。新聞テレビだけを情報源とする国民は、この事実を知らされないために獣医学部の新設が深い利権と疑惑を作っているかのような印象を抱いてしまっている。

もっとも産経WESTでは取り上げられていて、以下に引用してみたい。

(引用ここから)

記者会見した京産大の黒坂光副学長は、今年1月上旬に内閣府などの告示で獣医学部の開学時期が平成30年4月だと知ったとし、「教員の確保などを考えると、タイトなスケジュールだった」と申請を見送った理由を明らかにした。

(引用ここまで)

つまり京産大は申請そのものをしていなかった。それをあたかも総理と友人関係にあった加計学園が悪だくみをしたかのように騒ぎ立て、不正天下りをやらかした不良役人が「あったことはなかったことにはできない」と言って見せた。それが都議選に影響しているけれど、見事に民進党は惨敗している。

ユアタイムのモーリー・ロバートソン氏はいみじくも「信用を失ったのは自民党ではなくマスコミなのかも知れない」と語ったが、まったくその通り。

G20で外遊していた安倍総理を呼んでもう一度閉会中審査をやろうという運びになっているが、いっそのことこの京産大の副学長である黒坂さんも呼んだらどうだろう。一気にかたは付くと思うのだが。




これを足立議員の話と重ね合わせて考えた場合、京都産業大学にも叩けば埃が出る恐れがあるということなのかも知れない。このことは補助金で利権を独占して来た腐った文部行政の膿を出すチャンスなのかも知れないということ。前川さん、あんた良い時に騒いでくれたよねー。

足立議員は「コレで終わりにはしない」と言った。安倍政権が支持率を挽回するのは今かも知れない。だって騙しようがない話になるのだから。さぁ石破さん、どう出る???



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR