FC2ブログ

最近のクルマってヤツは・・・

スズキの軽自動車にクルーズコントロールが装備されたという。
高速走行時の速度を一定にするために、電子的にスロットルを固定するシステムだ。

しかしこれって軽自動車に必要か?

私は昔から思っていた、モーターで窓ガラスを開閉するパワーウインドゥという装備はオプションで良いのではないかと。

私は長崎大水害を経験している。
だから水没した自動車はあらゆる電気装置がダウンする危険を知っている。
昔の自動車の窓ガラスは、手動式のハンドルを回して開け閉めやっていた。
コレだとバッテリーがどうのといった心配はない。

高級車だからパワーウインドゥだの、廉価版だから手動式だのという価値観は違うと思う。

世界中で使われているトヨタのランドクルーザーはいまだに手動式の窓の開閉をやっている。
「何があっても生きて帰って来ることが自動車の条件だから」と開発責任者は語る。
残念ながら三菱のパジェロとは哲学が違うらしい。
日産のX-TRAILもあれは子供のレジャー用のクルマであって、アレに命を懸けてはいけない。

無駄に便利になったものと、基本となる設計哲学がしっかりしたものとでは、明確な違いが生まれる。

韓国海軍の潜水艦が、プロペラシャフトが出す騒音で使い物にならないという。
そこまで行けば、スズキの軽自動車の方がマシに見えては来るのだが。

昔のようなスカスカのエンジンルームの自動車を、どこか出してくれないかなぁ~
いくらでも修理するのだが。






ティッシュ事情

いつからだったろうか、気が付くとティッシュペーパーの箱がずいぶんと小さくなっていた。
恐らく洗剤や何かがダウンサイジングしたのと同時期だったのだろう。

これは運送コストの低減だとか、小売店での販売床面積の節約だとか言われて、変に納得した記憶がある。

しかし弊害は確実に我が家で起きていた。

女房どのが買って来るティッシュは、必ず『400枚(200組)』というランクのものに限られていて、それより少ない商品をバーゲンだからと言って私がカートに入れようものならこっぴどく叱られる。
「そういうのを『安物買いの銭失い』と言うのよ。すぐになくなるから一番枚数が多いのを選んでるんだから、余計なことをしないでよ」

それはわかるとしてだな、小さくなった箱に200組ものティッシュを詰め込むと、開封直後の何十枚かはそっと引き出さないと簡単に破れてしまう。パンパンに詰め込んであるからだ。
いっそ180組程度の物の方がマシではないかと、胸の内で思う。(口に出せば数倍になって返って来るから、それは言えない)

一枚取って破れたら二枚目を取らなければならなくなる。
つまり消費量が倍になるという計算だ。
(あ、これが製紙メーカーの作戦か)

しかし200組以外のティッシュは買わせてもらえない。

昔の『ちり紙』が懐かしい。
買い物カゴを下げた割烹着姿の主婦たちが、買い物帰りにぶら下げて歩いていたものだ。
中流家庭のちり紙は白くて、貧乏所帯のちり紙は灰色だった。

便利な世の中になったつもりでいて、本当は上手く騙されているような気がして来た。




日歯連の迂回献金

石井みどりなる政治家がいる。
自民党に所属する参議院議員2期目の人物だ。

この者、横浜市にある私学の鶴見大学歯学部を卒業したのち、出身地である広島で小児歯科医院を開業。
広島県歯科医師会の常務理事や日本歯科医師会常務理事、日本歯科医師連盟顧問、厚労省厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会委員、社会保障審議会介護給付費分科会委員、口腔機能向上研究班委員などの要職を歴任する。

2007年7月の参議院選挙において自民党の公認を得て比例区から出馬し初当選。
2013年7月の参議院選挙において2度目の比例区当選。

主な政策は、歯科医師の立場から医療改革を訴えている。
自らを評し、正義感が強い性格だとしている。

(以上は Wikipedia より引用)

この正義感の強い「はず」の人物が、妙な事件に関わっているとされている。

政治資金規正法では、年間寄付金の限度額を5千万円と定めている。
しかし政治団体である日本歯科医師連盟が2013年度に支出した政治資金のうち、石井みどり後援会に渡っていたのが9500万円だったことが政治資金収支報告書によって明らかとされた。

日本歯科医師連盟は、先に4500万円を石井みどり後援会に支払ったのち、さらに5000万円を別の政治団体を迂回させる方法で石井みどり後援会に寄付していたものである。

日本歯科医師連盟の副理事長は、同時に石井氏の後援会の会計責任者を務めている。

近年では徳田ファミリーによる、医師会と政治家の癒着が問題になったばかりであるのにも関わらず、こうした「正義感」を理解できないような人物が議員バッジを付けているのだから、まだまだ日本の政治改革は「発展途上」だと言わざるをえない。

もっと言うならば、こうした「神輿に担がれてご機嫌になるような単純な人物」を担ぎ出す日歯連の方がよほど悪質だと言えるだろう。

全農の問題と言い、ワクチンメーカーの問題と言い、ここまで日本が政治献金で汚れきってしまったのも、自民党政権が長く続きすぎたせいなのかも知れない。
安倍さんの次に日本を背負えるのは、さて誰だろう。

お宅の近所の歯医者さんにも、日本歯科医師会員のプレートが掛かっているはずですよ。

儲かっているんですね~。少子化とは言っても高齢化社会だから、患者に困ることはないんですよ~
笑いが止まらないとはこのことだ。



<付け足し>

この議員さん、ご苦労なことに「医薬品のネット販売に関する議員連盟」というものにも参加していて、医薬品のネット販売を事実上禁止する方向で活動しているわけ。
そのこと自体の是非は兎も角として、この政治的活動に日本薬剤師会からの政治献金がからんでいる。

お郷が知れるとは良く言ったものだ。
ゼニもうけ、ゼニもうけ。


『私だけの十字架』

1977年から約10年間、テレビ朝日系列で放送されたのが『特捜最前線』だった。
水曜夜10時からの1時間番組で、私は水曜の夜だけは外で酒を飲むことがなかった。

警視庁特命課の課長を務めたのが、確か二谷英明扮する警視正だったように記憶している。
他にも藤岡弘とか誠直也とかが出ていた。

私がいちばん好きだったのは大滝秀治扮する船村刑事だった。
そしてエンディングの『私だけの十字架』という曲がたまらなく好きだった。

♪星の揺れる港を ふたり見てたあの日よ
 肩に受けた口づけ 愛の形見消せない
 あのひとは あのひとは
 私だけの十字架 

切ない歌はイタリア人歌手のチリアーノ氏だった。
私の思い出に残る名曲のひとつだ。
知人と思い出話をした際に、クロード・チアリだと主張する相手と口論になったことがあった。
今のようにネットが無い時代だった。

空撮で新宿副都心の高層ビルが画面に映る中で、このエンディング・テーマが流れると、理由もなくもの悲しい気分になったものだった。

なぜ刑事ドラマのエンディングに『私だけの十字架』である必要があるのか、そうした疑問は当時浮かばなかった。
むしろ『太陽に吠えろ』というタイトルの方に違和感を覚えた。
あれはいったいどういう意味があったのだろう。
『西部警察』は漫画っぽくて私はほとんど観なかった。
石原軍団というものにまったく興味がなかった。
ただ『特捜最前線』だけは違った。
おそらく脚本がきちんと出来ていたんだと思う。
アクションで見せるのではなく、物語で視聴者を引き付けるものがあった。

もう一度観てみたい。
こんどレンタルショップのDVDを探してみようと思う。


会員登録をしていなかった。



詐欺報道

シリアの正規軍と反政府勢力との争いに乗じて、isisが乗り出して来たわけだけど、これってシーアとスンニの勢力争いだったはず。
つまりイスラムの内部争い。

それがいつの間にかイスラムとキリスト教との、十字軍的な争いにすり替えられてしまっている。
どこか変だと思わないのだろうか。

イラク戦争のあと、アメリカ主導によるイラク軍が整備されたのだけど、烏合の衆でしかなかったことからisisに蹴散らされてしまった。
そこまではわかるとして、すべてのイスラムが西欧諸国に宣戦布告をしたかのように報道するのは明らかな誤りだ。

我々日本人は特に、信仰の自由という『八百万の神』の国に生きているのであって、他者の信仰に寛容であるはずだ。
すなわち隣人がイスラムであっても変に差別するようなことはない。
そのようなことをすれば、アジア大会のバスケット女子で、カタール代表にヒジャブの着用を禁じた韓国と同じレベルになり下がってしまうことになる。
あんなに恥ずかしいことはない。

だとすれば、誰かの企みによってスンニとシーアの争いを、国際問題にすり替えようとする動きがあるということになる。
こうしたテロ行為によって得する者は誰か。
もっと言えば、先進諸国の治安を乱すことで利益を得る立場の者は誰なのか。

そこを考えれば、おのずと答えは見つかることになる。

産油国が原油価格を低く設定したことで、プーチンの動きが減速した。
つまりウクライナ情勢が『一時停止』になっている。

そこでイスラム過激派が欧米諸国で民間人へのテロを拡大させれば、世界的混乱は持続させることができる。
それは誰にとっての利益なのか。

スンニとシーアなどと言ったおもて看板はどうでも良くて、平和と安定を嫌う集団が現在の混乱を操っている。

「お前たち愚かな有志連合は、われわれがアラーのご加護により、権威と力のあるイスラム教カリフ国家であり、お前たちの血を欲しがっている軍であることを理解できていない。安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、このナイフは後藤を殺すだけでなくお前の国民がどこにいようとも虐殺をもたらすだろう。日本の悪夢を今始めよう。」

このメッセージ、良く良く読めばおかしな点に気付くはずだ。

この理屈を前提として、世界中に散っている日本人が拉致誘拐されるかも知れない。
しかしそれってスンニとシーアと何の関係があると言うのか。

おかしな理屈に気付かないフリをしたテレビ局が、日本人をたぶらかそうとしている。

その手に乗ってはなるまいぞ。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR