FC2ブログ

釜山 エボラ非常令

聯合ニュース 10月16日(木)9時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000004-yonh-kr

【ワシントン聯合ニュース】米国がエボラ出血熱の感染拡大を防ぐため、韓国政府に追加支援を正式に要請したことが15日(現地時間)、分かった。
 米国務省のサキ報道官は同日の定例会見で、ケリー長官が尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と13日に電話でエボラ出血熱対策を協議したことを明らかにした。
 ケリー長官は韓国政府のエボラ出血熱封じ込めへの支援努力を評価した上で、さらなる支援を要請し、尹長官は可能な範囲で追加支援を検討すると答えたとされる。
 サキ報道官は、ケリー長官が世界各国の官僚に電話をしているとし、特に日本と韓国を挙げながら「これらの国がどのような役割と寄与が可能かを協議した」と説明した。
 複数のワシントン外交筋も15日、「米国が公式の外交ルートを通じ、エボラ出血熱問題に関連し追加支援を要請した。
韓国政府も可能な範囲で追加支援策を検討しているようだ」と伝えた。
 韓国政府は追加の支援資金に続き、医療チームの派遣も検討するという。感染の危険性に備えた対策を確実に講じる必要があり、 慎重に取り組むべき事案とした。
 一方、ケリー長官は尹長官と電話で協議した際、北朝鮮問題を含め、韓米、地域、世界の懸案も取り上げたもようだ。
 サキ報道官は韓国と北朝鮮が15日(日本時間)に軍事当局者協議を行ったことに言及し、 「われわれは南北関係の改善を支持する」としながら南北の接触を歓迎する立場を示した。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[東亜日報] 16日午後1時 べクスコ 

「2014国際電気通信連合(ITU)全権会議」の会議場。イベントの参加者20人余りが会議を終えて出てきた1人が発熱検出器に検出された。

ビニール手袋とN95マスクを着用した発熱チェック要員が対象者Aさんの体温を測定した。Aさんは、ギニアから入国した参加者であった。

体温が38.1度とされた。すぐに釜山市のホットライン(051-888-4035)を介してディスパッチと疾病管理本部は、将来作成科学部に緊急報告した。

同時に疑われる患者に、個人防護服が支給されるなど、特別な管理が開始された。

釜山エボラ非常令..ギニア出身1人38.1度に119出動
ttp://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20141016182107893&RIGHT_REPLY=R6

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

これ、一昨日から昨日までの間に起こった出来事です。
午前9時12分配信の記事でケリー国務長官(外務大臣に相当)が韓国のユン・ビョンセ外交部長(外務大臣に相当)に対し、エボラ出血熱の感染拡大に韓国の追加支援を要請したのが15日のこと。
その翌日に釜山で感染の疑いがある人物が隔離されたというもの。

もはや韓国政府は日本の産経新聞を相手にしている余裕はないはず。
自分のケツに火が点いたかも知れないのだから。
「役割と寄与」という言葉を使ってケリー長官は日本と韓国を天秤にかけたらしく、人的にも薬品としても貢献しつつある日本に対する韓国の反日感情をくすぐった格好になったわけです。

と言うよりも、釜山でみつかった感染の疑いがあるギニア人の処遇をどうするのか、隔離施設や隔離技術がそもそも韓国にあるのか。
釜山からだとソウルへ送るよりも佐賀医療センターか長崎大学医学部、もしくは九州大学医学部などの隔離施設を使った方が良さそうではある。しかし異常な反日運動を続けて来た韓国は、おいそれと頭を下げることはできそうにない。

さらに日韓議員連盟の額賀福志郎会長は16日、24~25日に韓国ソウルを訪れ、朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談を調整する意向を記者団に示したとか。(日経新聞 10/17)

どうも世界の政治家の行動はタイミングがずれてばかりいるのではないでしょうか。
少なくとも安倍・朴会談を調整しようとすれば、ユン・ビョンセが来日するのが筋でしょう。
どうして額賀が行かなければならないの? 何か借りでもあるのかしら。



予想

面白いので少し掘り下げてみようと思う。

パククネのスキャンダルを匂わす記事を書いた産経ソウル支局の前支局長が訴追された。
これは今の大統領の父親であるパクチョンヒが大統領だった当時、来日中だった反政府活動家であるキムデジュンを拉致誘拐した事件と重なって見えて来る。
つまり、政権に都合が悪い人物は政府ぐるみで排除するという伝統が今も残っているということになる。
それも親子で。

奇妙な一致であって、このまま進めばパククネ大統領は暗殺されることになるわけだ。
さすがにそれはないだろうと思われるかも知れない。
しかし、現在のパク大統領は複数の敵を抱えている。

まず政権批判を強めている韓国国民だ。青瓦台を囲んでデモが起きている。
韓国の経済不況は深刻で、すでに失業者や非正規雇用のワーキングプアがあふれかえっていて、政治に対する不満は爆発寸前に達している。
さらに野党の批判が過半数に達しようとしている。セウォル号事故にからんだ対応のまずさを指摘されているわけだが、単に「弱みにつけこんだだけ」という見方が有力だ。
そして北朝鮮が風船ビラに対する抗議を強めている。

パク大統領がどこから銃口を向けられてもおかしくない状態が生まれている。
アンジュンコンを英雄と讃えただけの国であることはさすがだと、後世の歴史家は言うだろう。
父親の暗殺に関してはアメリカのCIAが動いたというのが定説になっているが、娘の場合も中国との関係強化によってアメリカの反感を買っていることから似たようなことが起きても不思議ではない。
このままパクが安倍との会談を拒否し続けた場合は、日米韓の三国同盟にひびが入るために、パクの存在は危険視される可能性がある。
すでにウォンと円のスワップ協定は破棄されていて、ウォンは人民元とスワップ協定を結んだ。
韓国とFTAを結んでいるアメリカにすれば、これは危険な水域に入っていると判断すべきであって、その対応策の第一歩はパクを排除しようとする危険性が高い。

ミサイル防衛などでも韓国はアメリカの言いなりになることを拒否していて、中国に重心を傾けることで自らの価値観を高めようとしている。
しかしこうした「値踏み」は危ない綱渡りでしかなく、アメリカによって排除される危険性が高まっていると読んだ方が正しいかも知れない。

つまり現在のパク大統領は、父親パクと同じ道を歩んでいるといった見方ができるのかも知れない。

なかなか幸せな老後を送る大統領がこの国からは生まれない。
どうしてなのかと考えたとき、それは朝鮮の歴史に理由があるように思いつくのだった。

BzaBXOvCEAAkomd.jpg

<黒人女性の歓迎に手を引っ込めるパク大統領>

あきれる新聞記事

あの学級新聞に匹敵する加奈側新聞が、10月10日付けの社説でこう述べた。

「1964年に開かれた東京オリンピックから50年がたち、6年後には再び聖火がともされるが、平和や友好という面には懸念がある。
全国各地で行われている在日コリアンに対するヘイトスピーチは放置され、アジアの近隣諸国との緊張も増している。
このままでは十分な「おもてなし」ができる状態とはいえない。」

ところがテキサス親父でおなじみのトニー・マラーノ氏はこう語っている。

「俺は韓国人のすべてを批判するつもりはない。
ただ、米国のアーリントン国立墓地や、英国のウェストミンスター寺院に放火したり、放尿しようとする外国人がいれば、米国人や英国人は決して許さないだろう。
靖国神社での事件も、国際的にもっと報道されたら、世界中の人々が驚き、その醜悪さに顔をしかめるはずだ。
ところが、韓国からは、靖国神社への蛮行を支持する声しか聞こえてこない。本当の愛国者は、自国民の暴挙は厳しく批判すべきだが、韓国ではそうなっていない。
アンフェアな判定が続出した仁川(インチョン)アジア大会と同様、これらは韓国の国際的評価を低下させるだろう。
ヘイトスピーチは問題だが、日本人の韓国への抗議は、韓国人が行うアクションに対して、リアクションをしている側面が多い。
しかし、日本がリアクションをやめても、韓国はアクションをやめることはないだろうな。あきれるぜ。」

さぁ学級新聞の論調とテキサス親父の論調のどっちが的を射ているか考えてみよう。
韓国のアクションに対する日本のリアクションという見方と、あくまでも「おもてなし」を優先すべきだと考えるかという違いだ。
もう明らかなように、学級新聞は単に日本を攻撃したいだけであって、テキサス親父のような筋道が通る論理構成の能力は持ち合わせていない。

朝日が白旗を挙げたのに学級新聞が一人残って駄々をこねている。まことに見苦しくみっともない。
よほど在日の血脈が入り込んでいる組織なのだろう。
「アジアの近隣諸国との緊張」と言っても、すでに日中間には首脳会談の準備が整いつつあって、韓国一国がゴネているだけ。
新聞記者を幽閉したことで世界中から非難されている問題を、「治外法権ではない」と突っぱねていても相手は産経だけではなくて全世界のジャーナリストであることに気付いていない愚かさ。どうしようもない。
しかし全世界のジャーナリストと言っても、日本にすら学級新聞のようなへんちくりんの団体がいるのだから困ったものだ。

テキサス親父が言うはずだ。「あきれるぜ!」



東アジアの食品汚染地帯

今年1~8月に訪韓した日本人観光客は前年同期比11.1%減の154万3773人だったというデータがある。
この数字には仁川アジア大会の期間が含まれていない。また「日本人観光客」と明言していることから、ビジネスなどの渡航は含んでいないと見るべきなのかも知れない。
韓国が好きでたまらないという変人も稀にはいるだろうが、154万人も何しに行くのだろうと不思議でならない。
この人数が行き先を国内の観光地に変更すれば日帰りだけでも、一人5千円落として行ったとして77億円になる。
1泊すれば200億円以上になるだろう。
つまり今年の1~8月だけでもすでにこれらの通貨が韓国へ流れ出ていることになる。

かつて円とウォンの交換レートは大体1:3ほどだった。つまり100円が300ウォンくらいになっていた。
今は1:10程度だ。だから100円が1000ウォンになる。
100円で買える物が300ウォンのレギュラーサイズのコーラだったものが、今ではファミリーサイズのコーラが買える。どこが円安ウォン高だと言うのだろう。
ところがだ、ところが韓国の飲食物には手を出してはいけない。次々と細菌汚染が見つかっていて年間数百件に達している。
カップラーメンのような加工食品から海産物や菓子類に至るまでとにかくデタラメな状態になっている。
それにも増して中国からの輸入食品が増えているために、有害な化学物質までが入り込んでいる。

ソウルの水道水を取水しているのは漢江の上流にある八堂湖という湖だが、ここに流れ込んでいるのは上流の和道下水処理場の処理水だ。
一般的に下水処理施設とは海沿いにあるのが普通で、無害化した処理水は海へ放出される。しかしソウルの水道はそれを使っているわけだ。
かつてこの和道下水処理場は流入量が処理能力を上回ったことから未処理の下水をこっそりと排出したことがあった。
そのためにソウルの水道から大量の大腸菌が検出され、大騒ぎになった。
マクドナルドやスターバックスコーヒーなどの製氷機の氷が汚染水で作られた。
高級ホテルのシャワーも汚染水が流れた。
ソウル市民はこの水で歯磨きをし食器洗いを繰り返した。

アメリカでは韓国から輸入した海産物から人間由来のノロウイルスが検出されたとして輸入禁止の措置を取った。
欧州各国もそれにならった。
韓国軍で提供された食事のキムチから、野良犬のものとみられる糞がみつかった。

中国の場合、悪意ある化学物質を故意に使う犯罪が横行しているが、一方の韓国では無関心に排泄物が食品に入り込んでいる。
154万人もの日本人は、こうした汚染地域で何をしているのだろう。
知らないだけなのか、それとも覚悟の上なのか。

下水から食用油を回収するとされる「地溝油」が台湾でも見つかった。
大陸から進出した飲食店などがノウハウを持ち込んだものと見られている。
日本に観光に来た台湾の人々が横浜中華街を訪れて「安心して食事ができる」と笑顔になるとか。
そういう国に我々は住んでいるんだという自覚が必要なのかも知れない。

台風19号と薩長同盟

一夜明ければ結果は出るんだろうけれど、台風19号は薩摩川内の九州電力川内原子力発電所を直撃するコースをとっている。
建屋が大丈夫だとしても高圧送電線が強風に煽られただけで、鉄塔は簡単に倒れることは過去の事例が示している。
つまり大量の電力を産み出しても、送電する手段がない場合は、放電する方法がなくなるという意味で緊急停止の可能性があるわけだ。

これ、今年だけの特異な事例と言い逃れることはできない。
台風は毎年発生するのだから。
そして東シナ海に面した地域は、いちばん元気な状態の台風が来ることが常識になっている。

台風情報は事前にわかるので、数日前から予備運転に入ると思われるけれど、そういう地理的条件にある原発を最優先で再稼働させる必要があるのだろうか。
もっと条件に恵まれた施設はないのだろうか。疑問に思えて仕方がない。

それとも鹿児島県知事と政府の利権が?
懇ろ(ねんごろ)などという言葉が九州では日常的に使われていると発言した民主党議員がいたそうだが、鹿児島県知事と自民党政権も「ねんごろ」なのだろうか。
「薩長同盟」だもんね・・・







プロフィール

old comber

Author:old comber
硬派と軟派の二重人格がまき散らす猛毒 ショック死しても知らないよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR