「日本の敵」の目先を惑わす者

ネット放送が増えて来て、青山繁晴さんのお顔を見る機会が多くなっているのだが、彼が口を酸っぱくするほど言っている「北朝鮮による拉致被害者の奪還」という説にはいささか首をひねっている。

どういうことかと言うと、不条理に殺されたり誘拐されたりする被害者は彼らだけではなく、国家を挙げて救出するのであれば、他の被害者はどうなるのかという事になる。

「北朝鮮による拉致被害」とは、当時の社会党(土井たか子)をはじめとする多くの日本人政治家の責任が重いのであって、単純に北朝鮮だけに的を絞って済む話ではない。

もちろん北朝鮮が犯罪行為をしたことは事実なのだが、そこに一点突破するだけの論拠があるかと言うとそうではなさそうだ。戦後日本に雨後の筍のように発生した左翼思想の責任を誰も口をつぐんでしまっている。

青山さんは「自衛隊・警察・医師・看護師・コンサルタントなどを組織して拉致被害者を救出せよ」と息巻いているが、土井たか子の延長にある「モリ・カケ」問題すら決着がつけられない状態においてそんな夢物語を言ってるヒマがあるのかということだ。

北朝鮮に拉致されたとされる藤田進さんをはじめとする問題で東京の西新井病院の名前が出て来るのだが、この病院はオウム真理教ともつながっていた。つまり「地下鉄サリン事件」は北朝鮮と無関係ではなかった可能性があるわけ。オウムの林泰男(在日2世)か、オウム村井を刺殺した徐が、西新井に居住し、そのアパートが原敕晁さん拉致実行犯の辛光洙と同居していた女性(在日朝鮮人)の妹が所有としていた未確認情報もある。

もちろんこれらは警察庁公安部の最重要項目として捜査が進んでいるはずなので公表しろとは言わない。しかし青山議員が「拉致被害者」「拉致被害者」と繰り返しているだけで本当に良いのかという疑問がわいて来る。日本国内の工作員が「拉致」を実現したのだから。その工作員は手つかずになっている可能性が高い。

トランプ大統領に「めぐみさん」のお母さんが面会したと騒がれていたが、日本国内の工作員対処はどうなっているんだろう。そっちが重要な気がするし、マスコミもそっちを突っ込むべきではないのか。

基礎疾患に目をつむったままで、出て来る症状だけにアタフタしても意味ないから。ピースボートをそのままにして「拉致被害者の奪還」と言っても、そりゃ無理だから。




スポンサーサイト

九州新幹線・長崎ルート

日本の新幹線のことを外国では高速鉄道と混同している部分がある。確かに高速なのだが、なぜ高速にできるのかと言うと、既存の在来線から独立した「新しい幹線」すなわち専用レールを造ることで遮断機や通過駅などを極限まで減らそうという考えからだ。だから「幹線」を個別なものにした結果として速度が上がるわけだ。

ちなみに新幹線のレール幅は1435mm、一般的なJRの在来線や多くの民間鉄道は1067mm。京王線や都営新宿線、都電荒川線などで1372mmとなっている。ロシアやヨーロッパなどでは日本の新幹線よりも幅広の1524mmが採用されている。

だから新幹線はレール幅が違うので在来線のレールは走れない。ただ秋田や山形の場合は新幹線の開通に合わせて在来線のレール幅を新幹線に合わせて広くして、その分在来線の車体を改造するという方法を採った。だから新幹線の乗り入れが開始されても、新しく土地買収をやって線路工事をしなくても在来線を新幹線が通すことができた。JR東日本の頭の柔らかさを示している。

いま博多から鹿児島まで新幹線が通っているのだが、佐賀県の鳥栖から分岐して長崎を目指す「九州新幹線・長崎ルート」が工事中になっている。最終目的地は長崎なんだけれど、途中で利便性を相乗りできる佐賀県が横から口を出し続けた。「どうせ新しい幹線を通すのなら、乗降客の少ない肥前鹿島経由ではなく、温泉地である嬉野経由にせよ」と言って来た。建設費用が天文学的に膨れ上がるのよね。

JR東日本の論理で言えば、鹿島経由で有明海に沿って走る既存の在来線を新幹線規格の1435mmに敷き直せば良くて、その分在来線車両の車輪幅を改造すれば済む話だったわけ。海岸線に沿った線路だからカーブが多くて当然スピードは出ないが、莫大な工事費をかける必要もなかった。むしろ有明海超しに雲仙普賢岳が見えるし、有明海の広大な干潟も見ものだ。無理やっこ嬉野温泉経由にして長いトンネルを掘る必要がなかったわけ。だから費用負担が莫大になる長崎県とただ乗り同然で美味い目に遭いたい佐賀県と、捨て子扱いされた佐賀県の鹿島市長がすったもんだの喧嘩状態になったわけ。当時の佐賀県知事とは、玄海原子力発電所に国内ではじめてプルサーマルを引き受けた古川知事ではなかったかと記憶している。(違ったらごめんなさい)

原発のプルサーマルってのは福島第一で計画されたが当時の佐藤栄佐久知事が安全上の理由で強く反対して、東京地検特捜部によって収賄容疑で逮捕された。のちにむさ苦しい風貌でテレビに登場する小池百合子の金魚のフン若狭氏のふるさとだ。それでとん挫していたプルサーマル計画を進んで受け入れたのが佐賀の古川だったというお話。



話を戻そう。レール幅を例えて言うと、狭い道路を無理やり片側2車線にしたばっかりに、一つの車線幅が乗用車幅くらいしかなくなってバスやトラックが通るとはみ出している。それは危険だからと言って、新しい別のバイパス道路を造りますかという話だ。白線を消して片側1車線にしちまえば問題はすぐに解決するじゃねぇかって話だ。

それともう一つ呆れる話があるのさ。レール幅が問題だったら新幹線の車輪幅を可変できる「フリーゲージ・トレイン」を開発すれば済むじゃねぇか、と言い出したバカが出た。つまり新幹線の腹の下で車輪の幅が広がったり狭くなったりする構造なんだとさ。でもその構造はまだ実用化されたことがなくて、強度的に無理があるとして研究開発がとん挫している。だいたいさ、そんな芸当ができるのであれば、JR東日本が秋田や山形でやってるっつう話。そして在来線を走るのなら、レール幅がどうであれ「それ新幹線じゃありませんから」「あくまでも在来線の拡大でしかないですから」。

佐賀県にもいくつかの温泉があるんだけど、どこも山に囲まれた静かな場所。熱海や南紀白浜のように交通が便利だから人が集まる所とは事情が違う。不便な良さは不便なままが良い場合もある。それを武雄や嬉野に観光客を呼びたいがための新幹線ルートだったとしたら自分で敷けば良いだろう。嬉野を終点にして。

今、長崎と博多を結ぶ鉄道は特急「かもめ」が通っていて、片道の所要時間は最速で1時間48分。一般的には1時間57分と言われている。これが九州新幹線・長崎ルートが開通された場合どうなるかと言うと、26分の短縮となり実質的な時間短縮はたったの13分30秒だと言う。これにかかる工事費はざっと2600億円。仮にフリーゲージトレインが現実化したとすると、1067mmという在来線の狭軌路線を通ることになるから、当然速度を出すことはできなくなってさらに工事費に見合うだけの効果は出なくなる。効果はただひとつ、嬉野温泉に新幹線が来ることだ。佐賀県の観光地に弾みがつくだけのこととなる。

料金面での比較では、現在の「かもめ」が回数券を使っても長崎ー博多が片道2500円。それに対して高速バスだと同2000円。これが新幹線開通後は同5000円程度になると試算されている。つまり不要・不急の乗客は利用しないことが最初からわかっている。

以下は2008年5月1日のJCASTニュースの記事の引用である。

(引用ここから)

長崎ルートは07年12月、JR九州が新幹線と在来線との「経営分離」を行わないことを条件に、沿線自治体の同意なしに建設できるようになったことで、一気に動き出した。佐賀県議の太田記代子氏は「佐賀、長崎、JR九州の、あの骨抜き合意がなければ、こんなには急転しなかったでしょう」と証言。「長崎県にはいま決めなければ、永久に新幹線は来ないという危機感があったというが、急ぐ理由がわからないし、最近の古川(佐賀県)知事の豹変ぶりには驚かされる」と話す。

沿線自治体を揺さぶり、結果的に「骨抜き」にしたのは各自治体の財政状況にある。太田議員は、「県は新幹線建設に賛成する自治体には景気振興策としての予算をつけたり、反対派にはいままであった予算を取り上げてしまったり、予算を武器に一つひとつ籠絡。そうやって切り崩し、最後までウンと言わなかった鹿島市と江北町をはずしてしまった」と、あまりにえげつないやり方に憤る。

(以下略、引用ここまで)

佐賀県をひっかき回した男は今ごろどうしているのだろう。未解決事件になったグリコ・森永事件のキツネ目の男に風貌が似ていたが。

ね、対馬が放ったらかしにされてる理由はここにあんのさ。



対馬の行く末

「さがんもん」さんからご訪問を頂いた。

宣伝方々URLを載せておこう。

http://hinomaru0404.blog.fc2.com/

ところで我が(?)長崎県に属する対馬だが、航路的には福岡の方が利便性が良い。中州で飲んだ際に、ホステス嬢が「あたしも長崎なんです」と嬉しそうに言うので「長崎のどこ?」と聞いたら「対馬です」との返事。そりゃそうだ、壱岐・対馬の娘が長崎くんだりまで働きに来ることはほとんどない。逆に長崎の娘が博多に遊びに行くくらいだから。

ただ県会議員はそうは言ってられないので、飛行機のローカル路線を利用するんだが、天候が悪いと簡単に引き返してしまう。だから船を使うのだが、ほとんどメインルートは博多に向かう。だから博多駅から特急で長崎まで向かうしかない。長崎県議会議員がだよ。何か変だと思わない?

廃藩置県の時に壱岐・対馬を長崎県に入れた政治家は、長崎が天領だったから反対意見が出ないと踏んだのかどうかは知らないが、今の長崎県知事は新幹線のことで頭がいっぱいらしく、対馬の土地が韓国人に買われていることは放ったらかし。

常識的に考えて壱岐はありゃ佐賀県だ。対馬は福岡県ね。ついでに言えば大牟田や柳川はありゃ熊本県だ。関係性が薄い長崎県に押しつけたせいで、長崎県知事は対馬のことを知らん顔してる。長崎の離島防衛って五島のことだけだと思ってる。
盗まれた仏像のことを長崎県知事が語っているところを見たことがないんだが。

そうかそうか、長崎には中国総領事があるから微妙な外交問題には触れたくないんだ。

韓国から観光旅行にフェリーでやって来た人の多くが、禁止されているアワビ・サザエをクーラーボックスいっぱいに詰めて持ち帰るんだと。もちろん釜山の市場でカネに替えるため。旅費は簡単に戻って来る。韓国では日本よりもタバコ税が高いから、タバコを大量に密輸入するんだとさ。犯罪者だよ、ほとんどが。

対馬の海岸に流れ着く漂着ゴミを韓国の学生が清掃しに来ると言うが、彼らの何割かは上記の「小遣い稼ぎ」を目的としている。
そして韓国人経営の店でしかカネを落として行かない。「倭人は敵だ」と子供の頃から教育されているから。

長崎県警の定期異動で平戸に配属されると一家で赴任するそうだが、対馬だと単身赴任になるケースが多いんだと。(不確実情報だが)
韓国の男性はほとんど兵役経験があるから機関銃でも撃ったことがあるけど、日本の警察官は拳銃しか経験がないんだよね。

地政学上の歴史として、対馬は古くから朝鮮やモンゴルやロシアの脅威と戦って来た。日本政府にしろ長崎県政にしろ、もっと対馬を大切にしなければやがて自らが後悔することになりかねない。尖閣諸島や北方領土に匹敵する、あるいはより重要な拠点のひとつなのである。島根県は竹島竹島と言っているが、長崎県が対馬対馬と言ってるところを見たことがない。

対馬は朝鮮半島有事の際に、避難場所にされるんだよ。だから民宿や食堂が韓国資本で買収されてる。
やがて韓国資本は対馬の地権を中国に売り渡すと言われてる。文政権を見ていたらその通りじゃん。
文の選挙地盤は釜山で、対馬は博多よりも釜山が近いんだよね。そのうち民宿の玄関先に少女像が建ったりして。
長崎の商工会議所は新幹線のことには熱心でも対馬防衛のことには無関心。そのうち韓国人から道路検問されるだろう。(どこかで聞いた話だな)

そういう「国境の島」なのさ。
知事は真剣に選ぼう。東京は大丈夫かな・・・。え?鹿児島県知事だ?沖縄が落ちたら次は奄美だぜ。
イプシロンロケット発射基地も種子島から移ったし。
河野外務大臣よ、中国が太平洋に接するのは時間の問題じゃね?





就職難の韓国学生

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【ソウル聯合ニュース(2017.11.14)】韓国外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第2次官は13日、東京で日本政府や財界の要人らと会談し、両国関係の改善に向けた韓国政府の意志を伝えた。同部が14日、明らかにした。
(中略)
外交部は「韓日関係改善に向けたわが政府の意志を示し、韓国人材の日本企業への就職拡大の必要性を強調した」として、「日本側も必要性に共感し、緊密な協議を通じて日本企業が望む人材に関する情報提供、韓国人学生の日本留学拡大と就職支援など、協力策を具体化していくことにした」と説明した。
(中略)
日本の経済団体も韓国の人材の日本進出を歓迎し、求人情報の提供などで積極的に協力することにした。
(引用ここまで)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

上記で言う「日本政府や財界の要人ら」というのは、具体的に言うとこうなる。「日本商工会議所の三村明夫会頭」「経団連の久保田政一事務総長」「日韓経済協会の佐々木幹夫会長」「杉山晋輔外務事務次官」「黒川弘務法務次官」「宮野甚一厚生労働審議官」「小松親次郎文部科学審議官」らのことである。

つまり財界人はトップの者ばかりだが、政府関係者は次官や審議官ばかりで「持ち帰って検討します」の者たちばかりであることが読めて来る。財界人は意地悪く言えば「自分の立場さえ守れれば国民感情などへの責任は負わなくて良い」とする者ばかりであって、「日韓経済協会」などはパチンコ規制にすら反対しているのではないかと疑われる。

韓国外交部(省に相当)第2次官は、正々堂々と国家間協議に兆戦したが、日本政府から「けんもほろろ」に断られた経緯があるために、今度は日本の経済界を口説き落としにかかった図だということが読めて来る。

記事中にこのような文言が出て来る。

「両国の大学間での単位互換制度を拡大し、韓国の大学3年生が日本の大学4年生課程を修了後、現地で就職することを積極的に推進することにした。法務省や厚生労働省とも協力策を議論していく方針だ。」

これ、良く読んでみると正しい日本語になっていない。「積極的に推進することにした」という表記と「法務省や厚生労働省とも協力策を議論していく方針だ」では、決定事項なのか「これから」のものなのかがはっきりしない。

この記事が韓国聯合ニュースであることを忘れないようにしよう。ヤツらは常に自分に都合の良いような書き方しかしない。これはすべてにおいてそうなのだ。

「韓国の大学3年生が日本の大学4年生課程を修了後、現地で就職することを積極的に推進する」ということは、せっかく戻って来た日本の学生の就職内定率が韓国人学生によって薄められるということに他ならない。そんなバカなことが許されるはずがない。
アベノミクスは韓国人学生のためにやったことではないからだ。
日本の商工会議所や経団連を味方につけたとしても、就労ビザを出すのは法務省・入国管理局なので法的にクリアしなければ子供がスーパーの床に寝そべって「買って買ってー」とわめているようなものに過ぎない。

そしてここを忘れてはいけない。日本の大学には相当数の韓国人・中国人の留学生がいて日本人学生と同じように就職活動をしているということ。そして大卒でなくても朝鮮・韓国の国籍のまま日本で暮らしている在日の人々が何万といるという現実。これらの隙間を狙って韓国人学生が日本で就職活動しようとしても現実的には限りなく不可能に近いということ。



平昌冬季オリンピックに日本人客を出すようにと韓国政府の愚か者が脅迫めいたことを言いに来たそうだが、そういった嫌われるような言動を平気で使うから自分の首がどんどん締まって行くことになる。

いや、文政権になってからの韓国はアメリカや日本からわざと嫌われ憎まれるように故意に運んでいる。つまりアレ(文)は正式な韓国人の代表ではないということだ。ハーメルンの笛吹き男に例えられるかも知れない。彼を大統領に選んだのは誰? 少なくとも日本人の大学生ではないよね。

もはや聯合ニュースとは沖縄の新報やタイムスと違わなくなっている。

コレを読んで勉強し直したらいかがだろう。
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/kanri/qaq5.html




消費税私案

消費税が5%から8%になった時に「3%増えた」と言い、8%から10%になることを「2%増える」と言っているメディアは庶民を小学生並みに扱っている。

それを言うのであれば「5%から8%になった時は、1.6倍になった」ということであって、「8%から10%になることは1.25倍になる」という意味。

だから前回の増税で1.6倍にもなったことは相当なショックだったわけ。「前回の3%増税であれだけショックがあったのだから、次回に2%が計画されていることとほぼ同じ結果を招く」と考えたら、それは大きな間違いである。1.6倍と1.25倍では比較にならない。

誰が5%の次は8%だと決めたのか知らないが、8%が大きなハードルだったのであって、8%を10%にせずそのまま維持した場合(増税凍結)は1倍だが仮に8%を5%に戻した場合は0.625倍になるわけだ。5%を8%に増税した際に税収が増えたかと言えば消費を冷やして逆に税収が落ち込んだ。だから単純に1.6倍にはならなかったのであって、当時の民主党政権で財務省はどじょうは騙せたが国民は騙せなかったということになる。

だとすれば、8%になった消費税を5%に戻したとすると消費税収は0.625倍に減るかというと逆で国民の消費動向を刺激する可能性が高い。これに難民申請して不法滞在の上で就労しようと目論むオーバーステイの外国人を取り締まる法案(入管法改正)が可決されたことで、日本の人手不足が深刻化すると賃金が自動的に上がって来る(売り手市場)。これが来年上半期にも始まるだろうと予測されていて、5%に戻すことと合わせると相乗効果は小さくない。国民所得は増える消費税は下がるとあっては家やクルマが売れないはずがない。

商品の流通量が増えると物流輸送が活発になるが運輸会社はそれだけの輸送能力を持たない。賃金が頭打ちになっていたからドライバーが職場から離れて来たわけだ。しかし彼らは大型運転免許を持っている。だから人件費さえ上がり始めると職場復帰は意外と早い。物価は上がるだろうが庶民の消費意欲は税率を戻すことで維持できる。そもそもそれが適切な手段だったのである。どじょうが愚かなだけだった。泣かなくても良い人々が泣き、死ななくても良い人が死んだ。彼の罪は重い。

医師や看護師は職場に戻り、保育士や助産士なども戻って来る。資格に匹敵する収入が約束されれば人手は放っておいても戻って来るわけだ。「ニホン死ね」とか言わなくても待機児童は減ってゆく。

緊縮財政は間違いだ。政府が財布のヒモを絞って国民が豊かになれる筈がない。できるなら老朽化が始まっている上下水道や橋梁・高速道などの社会インフラをきちんと整備して次代につなげる責任がある。それらをほったらかしにして美術館や博物館ばかり造ろうとするから夕張のようなことが起きて来る。

賢い日本人は、きちんと過去の失敗を学ばなければならない。何度も何度も同じ失敗を繰り返している隣国を真似してはいけない。



増税してはいけないとは言っていない。ただタイミングは間違えないようにしたいものだ。治療薬とサプリメントはちがう。

名目GDPと実質GDPの区別くらいは付けようよ。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR