FC2ブログ

一時休止

パソコンが、言うこときかなくなっちまった。

メールもできねぇ。

身内には「メール届かないので電話か郵便にしてくれ」と連絡したが、このブログはたぶんお休みだろうと思う。

みなさん、またお会いしましょう。パチパチパチ。



スポンサーサイト



ランタン・フェスティバル

昼カレーを食べながら、観るものないから仕方なくTBSの下劣なワイドショーを観ていたら、中国の武漢で発生しているコロナウイルスによる肺炎で死者が出ていることに関して、感染症の専門家が出て来て「ヒト・ヒト感染の可能性はあるものの、それほど危機感を抱く必要はまだありません」と言った上で「普通の風邪対策と同じようにうがいや手洗いなどをしっかりやっていれば良いのでは」と発言した。確かに死者とは言ってももともと心筋症の既往症があった患者さんらしく、健康的な人物が肺炎によって死亡したわけではないそうで、あまり騒ぎ立てる性質のものではなさそうだ。

それよりも麻疹や狂犬病の方がよほど感染力や致死率が高いので、闇雲に無責任ニュースに振り回されないようにしたい。

しかし、ネット情報をいろいろと覗いていたら、タイにもこの感染症による患者が確認されていた。

「え?」と思って記事を読んだところ、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港に13日に到着した中国人女性(74歳)だったという。「何だ、また中国人だったのかよ」

ソウルで隔離されたのも中国人だった。武漢に立ち寄っている。

神奈川で隔離されたのもやはり中国人だった。中国の自宅で肺炎の治療をしていた身内を看病したのだと言う。(でもそれってヒト・ヒト感染じゃねーか。TBSよ何とか言ってみろ)



日本にある中華街と言えば横浜と神戸と長崎で、規模がいちばん小さいのが長崎。鎖国時代の長崎の町は、幕府が故意に狭く造らせた。そこに欧州各国がやって来て、各藩の出先事務所が作られた。もう大混雑だったわけ。造船所のドックが作られたのも、炭鉱開発が進められたのも、外国からの船が集まったから。

現在の長崎の主力産業は造船で、その他は観光業くらいしかない。観光業のシーズン・オフなのは2月で、年度替わりや入試・入社を控える時期のために観光客はぐっと少なくなる。卒業旅行の女子学生の小グループが散策する程度。

そこで長崎の華僑の連中は知恵を絞った。本国では春節で民族の大移動がありヒト・モノ・カネが動く時期。それに合わせて「ランタン・フェスティバル」をやったらどうだろう、と。オフ・シーズンなのでホテルの予約も格安で取れる。旅行代理店も割引きするはずだ、と。

この案は見事に大ヒットして、私が東京本社に会議で出張した際には、羽田から浜松町までのモノレールの吊り広告はランタン・フェスの真っ赤なポスターで埋め尽くされていた。

観光シーズンの空白期間を利用して、割安でエキゾチックが味わえるランタン・フェスは全国で大評判となった。発案したのは長崎の華僑たち。数年遅れで神戸も横浜も後に続いた。

やはり横浜・神戸の規模で集客されては長崎に足を運ぶ観光客は激減したが、それでも毎年続けられている。長崎の華僑は福建省出身の人が多く、中国沿岸部であることから航海の守護神として信仰されている媽祖(まそ)という道教の女神がフェスティバルの中心になっている。毎年ミス・ナガサキなどの綺麗どころが行列に花を添えている。

イベント会場になるのは、中華街にある港公園という場所。そこには道教式の祭壇が祀られ豚の頭などが供えられる。豚の頭にはサングラスなどが掛けられて、ギョっとなったり可笑しくなったり。

しかし昨今は、豚コレラのこととコロナウイルスのことと・・・。それでなくてもインフルエンザの流行期。意味のない人ごみには近づかない方が良いのかも知れない。

また大型クルーズ船は長崎に入港するのだろうか。「中国人は、千年たっても大声で騒ぐんだろうな」これは従兄弟の意見。中華菓子の麻花兒(マファール)のことを長崎では「よりより」と呼んでいる。素朴な揚げ菓子で好きなんだけど、近くでは手に入らない。「ま、いっか」






ドラクエ 賢者の鉾

イランとアメリカとの対立の問題で、有志連合に参加するのしないのといった話になって、日本は独自に艦船や航空機を派遣し、韓国は有志連合に嫌々ながら参加を表明。するとイランは日本には理解を示したものの、韓国には「断行もありうる」と頭上からの一撃をかませて来た。

文大統領は確か「外交の天才」だったはずなのに、この日韓の違いはどこから来るのだろう。

そもそもアメリカとイランが対立することになった原因はイランによる核開発であり、大使館を占拠されるなどのアメリカのイランに対する「敵意識」は昔からあったもの。石油を売買するのしないのという話はその方法論に過ぎなかった。

しかし日本にしても韓国にしても、政治的だったり宗教的だったりする以上に石油の運搬ができるかできないかは死活問題になっていればこそ、イランとアメリカの抗争に巻き込まれてしまっているわけ。韓国はともかくとして日本はイスラムを問題にしてはいない。むしろインドネシアからオランダを追い出してイスラムを復活させたくらいに日本人の「イスラム理解」は一定程度あった。まさかシーアとスンニがこれほどまでに対立するとは思っていなかったから。そこが欧米とは違う。欧米はキリスト教各派の国々であって、韓国でもキリスト教の人口比率が高い。だからイスラム教に対する考えが日本とは違っている。キリスト教とユダヤ教とイスラム教の絡み合いというものは世界的な対立なのだが、日本にはほとんど意識されたことがない。

とにかく日本と韓国は石油が入るか入らないかが大問題なのであって、そのためにアメリカとイランの対立に付き合わされている状態。



少し話が飛ぶのだが、ロシアがあの手この手で天然ガスのパイプラインを張り巡らして、西ヨーロッパや東ヨーロッパやアジアを支配下に置こうと画策している。世界は大掛かりな詐欺によって二酸化炭素がもの凄い悪者にされているから、石油や石炭での火力発電が増やせなくなっている。つまり産業力を維持しようとすれば自動的に原子力発電かLNG(天然ガス)発電に頼らざるを得なくなっている。ソーラーや風力で自国の産業が維持できるわけがないことは誰でも知っていること。つまり二酸化炭素を悪者にすることは回り回ってロシアの利益につながっていた。

だが、夏と冬との温度差が極端に開くようになって(温暖化とは言わない、気候変動と言う)シベリアの永久凍土が融け出してパイプラインを建設した土地が陥没するようになった。もう、あちこちでボコボコになっている。空中に垂れ下がったようなパイプラインは継ぎ目が折れてガス漏れするようになった。ロシアの産業力では、優れたジョイント部品は作れないからだ。

韓国は北朝鮮と統一することで、ロシアからのガス・パイプラインが延伸される可能性に期待を持っていた。万が一中東紛争で石油の供給が止まっても、ロシアからの天然ガスが入って来るかも知れないとする漠然とした期待だった。

一方の日本はどうかと言うと、韓国のような「他力本願」ではなく、独自に海洋調査を重ねて海底からレア・メタルを採集したりメタン・ハイドレードなどの探査を進めたりして来た。

日本がメタ・ハイを利用するようになればエネルギーの市場は激変することになる。日本がエネルギー輸出国になるかも知れないからだ。今の中東と同じように、国民は無税になって医療費も学費もタダになる時代が来るかも知れない。しかしそれでは二酸化炭素を悪者に仕立てたアメリカやロシアの企みをぶち壊すことになる。だから世界のオイル・メジャーが日本の経産省に圧力をかけてメタ・ハイの開発予算を付けさせなくさせている。

アメリカはオバマの時代にシェール・ガス、オイルの抽出技術を開発して産油国になったが、あの水圧で岩盤を破壊する方法では地下水を汚染させる。つまりあのやり方は数十年で破綻する。地下水が汚染されれば、今の中国と同じで農業がダメになるからだ。「シェール」に未来はない。



だが、そのアメリカはイランとの対立で世界的な原油の流通を制限しようとしている。資源のない日本と韓国は、原子力も減らそうとしているので、産業力を維持するためには別のエネルギーを必要としている。韓国はロシアの天然ガスを、日本は海の天然ガスを。

もし日本がメタ・ハイを、オイル・メジャーによって邪魔されているのであれば、オイル・メジャーに利権を握らせて開発権を与えれば良いかも知れない。それで中東の石油依存度が減るのであれば損失とは言えないかも知れない。

石油から天然ガスにすべて転換できるとは思っていない。ガスはあくまでガスであって、液体や固体になる石油にはそれなりの利用価値がある。アスファルトやプラスチックも作らなければならない。しかし比重の分散という意味では、石油への依存度を劇的に減らすことはできる。



私はホルムズ海峡のこととメタン・ハイドレードを同時に考えている。日本の商船会社よ、中東に行かせていた船を日本海に向けさせる時代が目の前に迫っているぞ。いや、大型タンカーなんか要らない時代が来る。長崎の三菱重工が何をやっているか知ってる?



名もなき先人の足跡

「ニッポン行きたい人応援団」という番組はテレビ東京。「ナゼそこに?日本人」という番組もテレビ東京。この局は番組作りが上手い。

この二つの番組が偶然なのか日本国籍を捨てて移民として外国へ渡った日本人を取り上げた。彼らは主に南米へ渡って、ジャングルのような荒野を開拓し、今では立派な農場を持ち家庭も作った。移民1世の人々は、現地で肩を寄せ合って協力し合いながら生き延びた。

しかし地球の裏側まで行ったために一度も帰国したことがない人が少なくない。

日本には兄弟や親戚もいる。親に手を引かれて移民船に乗った少年らが、年老いた老人になったころ、日本の放送局がやって来た。「ニホンへ行ってみませんか? ご招待いたします」

古い記憶をたどりながら帰国の旅が始まる。そこには感動的な再会が待っていた。

そこまでは良い。確かな近代史の事実としてドキュメンタリーになっている。ただ、私はふと疑問に思った。「なぜ当時の日本人はそこまで貧しかったのか」と。

その理由はいろいろあるだろうが、その一つに「朝鮮半島へ置いて来た莫大なインフラ」と「有償・無償の数億ドル」があったのではないかと。

日本人の貧しい暮らしと引き換えに韓国は目覚ましい経済発展を遂げた。それはまさに「奇跡」と呼ぶに等しいものだった。物事に光と影があるならば、光は韓国の発展であり、影は移民となってジャングルまで行った日本人ではなかったか。

彼ら南米へ渡った開拓者たちは、自分のことを「被害者」とは規定していない。「騙された」とは言うものの、誰かのせいだとは言わないように努めている。現在の韓国人とは正反対だ。国家予算の3倍にも及ぶドルを受け取っておきながら、まだ払えと言って来る意図が日本人には理解できない。

日露戦争に勝利した日本だったが、三国干渉で十分な戦後賠償を受け取れなかったこともあって、日本政府は常に財政が厳しいものだった。娘を身売りに出さざるを得なかった貧しい農家の背景には、いくつもの原因が横たわっている。しかし、日本が韓国と交わした基本条約を反故にされたのでは、移民として南米に渡り地獄の苦労をした人々に申し訳が立たない。春をひさぐ苦界に落ちた乙女たちに申し開きができない。

戦後の日本は、基軸通貨である米ドルが唯一の資産だったのであって、それを必要以上に韓国へ与え過ぎた。韓国人は感謝したか? 偽りの歴史を教え込まれて「漢江の奇跡」は自分の成果だったと思い込んでいる。

日本人は被害者面をしないが、被害者でもない韓国人が被害者面をしている。テレビ東京はそのことを暗に教えてくれている。



台湾半導体産業の闇

台湾の総統選挙は予想通り民主進歩党の圧勝で終わった。それ以外の予想をしていた人は恐らくいるまい。

ただ、国民党から対立候補が出たことは事実であって、名前が災いしたと言いたがる人はあくまでも日本人の感覚。基本的に国民党と中国共産党は敵同士だったはずなのだが、台湾国民党は「一つの中国」を主張する共産党に同調していた。それで独立派である民主進歩党と対立する形で、中華人民共和国の経済圏に入る方が発展につながると主張したのが国民党。

この国民党には外省人と本省人の両方が在籍していた。ところが大陸の経済圏に入ろうとする外省人らと意見が合わなくなった本省人の党員が離党し新党を結成した。それらは「台湾団結連盟」と「時代力量」という団体。これらは民進党に協力して台湾独立同盟を結成した。蔡英文総統は、次期副総統に同じ民進党の頼清徳氏を指名した。この頼さんは蔡総統よりももっと独立志向が強い人物で、彼が総統候補になっていたとしても当選しただろうと言われている。つまり香港の騒ぎを見せられては、とてもじゃないが親中派に勝ち目はなかったことが見えて来る。

中華民国(台湾)の総統は任期4年で2選まで。3選は禁止されている。現在の蔡英文総統の就任日は2016年5月20日だったので、今年の5月20日から2期目に入る。それから4年間が最後となる。よって蔡さんと頼さんのコンビは台湾独立にまい進するはずであって、中国共産党は台湾の国民党と組んで独立阻止の圧力を強めて来ることになる。軍事的な圧力も含めて。そのことは中国も台湾も米国も十分過ぎるほどに理解しているのだが、日本政府だけは今後の方針について態度を明らかにしていない。自民党幹事長の二階が親中派だからだ。しかし、二階派の中でパチンコ業界とつながっていた秋元司議員が逮捕され、大手パチンコチェーンのガイアがガサ入れされた。この秋元さん、IR(カジノ・リゾート開発)問題にも関わっていた人物だった。接触したのは500ドットコムという幽霊会社。

マカオはGDPの8割がカジノによって成り立っていて、カジノのオーナーはすべて中国共産党政府になっている。カジノの経営と行政と暴力団の3つの役割を共産党政府が「1人3役」しているわけであって、二階の子飼い議員が中国系の幽霊会社と接触していた。

さらに、しきりと問題に取り上げられているギャンブル依存症のことだが、「顔認証システムを使って入場制限をすれば良い」という案が出て来ている。実はマカオのカジノでもこのシステムが導入されているのだが、目的はギャンブル依存症の防止などではない。マネーロンダリングの容疑者を特定するためだった。中国共産党におけるマネロンというのは、単純に麻薬などによって汚れた資金を洗浄するものではなく、共産党が主体となってカジノで儲けた資金を、個人資産として持ち出す「共産党幹部」のことを意味する。彼らはカジノで得た資金を国家に隠れて海外へ持ち出そうとする。それがマネロンなのである。

500ドットコムの筆頭株主とされているのが「紫光集団(しこうしゅうだん)」というグループ。紫光集団というのは中国政府がバックにある国営企業のようなもので、ファーウェイと同じようなもの。紫光集団はアメリカで複数の半導体メーカーを買収しようと画策していたがジョン・マケインに追い出されたファンド。そのヤバい系の紫光集団の副総裁に、日本人の坂本幸雄なる人物が着任したのが2019年11月のこと。

NECと日立製作所のDRAM事業統合によって1999年に設立されたのがエルピーダメモリという会社。日本政府の補助金も入っていた。そのエルピーダの社長だったのが坂本幸雄。坂本はエルピーダの社長を務めていた時期に、台湾のライトン社という半導体パッケージなどを手掛けていた企業の取締役もやっていた。坂本はエルピーダの子会社としてEBS社を創ってそこの社長にも着任し、中国の深センにある半導体関連企業の深圳記憶科技の株を取得した。深圳記憶科技という企業はファーウェイにメモリーを供給している会社。

エルピーダは台湾のウィンボンド・エレクトロニクスという半導体の設計・製造・販売をおこなう会社にDRAMの技術を移転させた。その結果、エルピーダと同等のスペックを持ったDRAMが世界市場に出荷されたことによって世界的なDRAMの価格破壊が起こるとともに、エルピーダの株価が急落してしまう。倒産寸前になったエルピーダは政策投資銀行から300億円の出資を受け100億円の借入もした。坂本は政策投資銀行から引き出した400億円を担保として、エルピーダのメインバンクから250億円を借り入れ、それまで取引がなかったりそな銀行にそのまま250億円を預け入れ、その足でエルピーダの会社更生法を申請に走る。日本国内におけるエルピーダの株券は紙くずになってしまう。

ただし、台湾にもエルピーダの株は上場されていた。預託証券という形で売買されていた株券は、りそな銀行に預け入れていた250億円で返済された。

坂本は日本ではもの凄く嫌われた人物だったが、台湾・中国では聖人君子のように尊敬されている。

坂本はエルピーダを倒産したものとして台湾へ売り払おうと画策した。それに気が付いたアメリカはエルピーダをマイクロンに買収させようとした。マイクロンがエルピーダを買収するための調印の3日前にマイクロンの当時の社長が飛行機事故で突然死。

話は戻るが、紫光集団のナンバー2として暗躍する坂本が500ドットコムを通して日本のIR議連に接近して来た。台湾の総統選挙の結果だけを見せられている我々日本人は、半導体ビジネスの裏の世界と密接につながっている事情を知らされなさ過ぎている。日本の半導体技術はエルピーダを潰すことによって中国の深圳や台湾に流れ、それがファーウェイへともたらされていた。これは中国と台湾のそれぞれの半導体関連企業が協力関係に立った上で同じ方向へ進もうとしていたことの表れであり、エルピーダに続いてパナソニックまで半導体事業から撤退せざるを得なくなった背景もそこにあった。

だから台湾の独立派が選挙に勝利したことで、流れがどう変わって来るか、習主席を本当に国賓として迎えるのか、IR疑惑は二階まで届くのか、日米台中の関係は新たなステージに立ったと見なければならないようだ。

東芝が持っていたのは高速メモリー技術。パナソニックが持っていたのは窒化ガリウム技術。これら半導体の先端技術は最新兵器のレーダーなどに欠かせないもの。THAADミサイルやステルス戦闘機のアクティブ・レーダーなどに使われる非常に重要な核心素材。

ファブレスと言って、工場を持たずに設計だけで受託生産をしてくれる相手を求めるアップル社のような企業があるが、設計そのものは発注者の知財だが、生産技術は受託した会社の物であるとする法律が台湾にはある。そこでTSMCなどの台湾の半導体メーカーが受託生産で得たノウハウを次々と中国に(ファーウェイ経由で)流出させていた。

台湾は「今日の香港、明日の台湾」などと言って悲劇の主人公のように装っているが、一方では産業面では米中貿易戦争のキーポイントを握っているのは台湾だとする自覚ももっていることになる。

(参考:深田萌絵、Will増刊号#116)



今日は一切韓国に触れなかったが、懐かしの『AEGISチャンネル』が復活したのでYouTubeで楽しんでください。あっちは彼に任せるわ。「また、お会いしましょ~」



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR